タンパク固定化カラムを用いる血中光学異性体薬物の分析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小田, 吉哉 オダ, ヨシヤ

書誌事項

タイトル

タンパク固定化カラムを用いる血中光学異性体薬物の分析に関する研究

著者名

小田, 吉哉

著者別名

オダ, ヨシヤ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第8270号

学位授与年月日

1993-07-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・論文博士

乙第8270号

論薬博第487号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 緒言 / p3 (0006.jp2)
  4. 第1章 カラムスイッチングシステムの開発 / p7 (0008.jp2)
  5. 第1節 HPLCを用いた従来の光学分割とその限界 / p7 (0008.jp2)
  6. 第2節 希釈管と濃縮カラムを組み込んだ移動相変換システムの開発 / p10 (0010.jp2)
  7. 第3節 小口径カラムによる感度向上の検討 / p18 (0014.jp2)
  8. 第2章 カラムスイッチングシステムによる血中光学異性体薬物の分析 / p22 (0016.jp2)
  9. 第1節 酸性薬物ケトプロフェンの分析 / p22 (0016.jp2)
  10. 1-1 0DSカラムのよる血中ケトプロフェンの定量 / p22 (0016.jp2)
  11. 1-2 オボムコイドカラムによる光学分割の検討 / p25 (0017.jp2)
  12. 1-3 カラムスイッチングによるオンライン分析 / p28 (0019.jp2)
  13. 第2節 塩基性薬物ベラパミルの分析 / p30 (0020.jp2)
  14. 2-1 血中のベラパミルとその代謝物の定量 / p30 (0020.jp2)
  15. 2-2 オボムコイドカラムによる光学分割の検討 / p33 (0021.jp2)
  16. 2-3 オンライン化によるベラパミルとその代謝物の一斉分析 / p38 (0024.jp2)
  17. 第3章 血清試料直接注入可能なアビジンカラムの開発 / p42 (0026.jp2)
  18. 第1節 前処理なしの血清中薬物分析とアビジンカラムの合成について / p42 (0026.jp2)
  19. 第2節 血清試料直接注入の検討 / p46 (0028.jp2)
  20. 第3節 スペーサーの検討 / p47 (0028.jp2)
  21. 第4節 血清試料直接注入による光学異性体の分析 / p51 (0030.jp2)
  22. 第4章 アビジンカラムとオボムコイドカラムの保持挙動の比較 / p54 (0032.jp2)
  23. 第1節 移動相のpHの影響 / p55 (0032.jp2)
  24. 第2節 移動相中の有機溶媒の影響 / p57 (0033.jp2)
  25. 第3節 移動相中の塩の影響 / p59 (0034.jp2)
  26. 第4節 カラムの耐久性とアビジン―ビオチン複合体について / p61 (0035.jp2)
  27. 第5章 アビジンカラムを用いたカラムスイッチングシステムの検討 / p65 (0037.jp2)
  28. 第1節 オボムコイドカラムとの組み合わせ / p65 (0037.jp2)
  29. 1-1 アビジンカラムヘの血清試料直接注入による分離定量 / p65 (0037.jp2)
  30. 1-2 オンライン化によるオボムコイドカラムでの光学分割 / p69 (0039.jp2)
  31. 第2節 質量分析装置との連結(LC/MS) / p73 (0041.jp2)
  32. 2-1 アビジンカラムによる光学分割の検討 / p73 (0041.jp2)
  33. 2-2 アビジンカラムによるE2020の血清直接注入分析 / p77 (0043.jp2)
  34. 2-3 アビジンカラムと質量分析装置との連結(LC/MS) / p80 (0045.jp2)
  35. 実験材料の部 / p88 (0049.jp2)
  36. 結論 / p91 (0050.jp2)
  37. 謝辞 / p94 (0052.jp2)
  38. 参考文献 / p95 (0052.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099376
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099606
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000263690
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ