方向性電磁鋼板の2次再結晶機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中山, 正 ナカヤマ, タダシ

書誌事項

タイトル

方向性電磁鋼板の2次再結晶機構に関する研究

著者名

中山, 正

著者別名

ナカヤマ, タダシ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第8286号

学位授与年月日

1993-07-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. §1.1.方向性電磁鋼板の種類と用途 / p1 (0009.jp2)
  5. §1.2.方向性電磁鋼板に要求される特性 / p2 (0010.jp2)
  6. §1.3.方向性電磁鋼板の製造工程 / p4 (0012.jp2)
  7. §1.4.本研究の目的 / p6 (0014.jp2)
  8. 参考文献 / p8 (0016.jp2)
  9. 第2章 結晶粒成長の理論 / p10 (0018.jp2)
  10. §2.1.緒言 / p10 (0018.jp2)
  11. §2.2.結晶粒成長に関する予備考察 / p13 (0021.jp2)
  12. §2.3.結晶粒成長の理論 / p16 (0024.jp2)
  13. §2.3.1.結晶粒の収縮力と粒界移動の駆動力 / p16 (0024.jp2)
  14. §2.3.2.形状因子 / p18 (0026.jp2)
  15. §2.3.3.粒成長式 / p22 (0030.jp2)
  16. §2.4.考察 / p24 (0032.jp2)
  17. §2.4.1.Abbruzzeseらの粒成長式の問題点 / p25 (0033.jp2)
  18. §2.4.2.結晶粒の収縮力式の検算 / p27 (0035.jp2)
  19. §2.5.結論 / p31 (0039.jp2)
  20. 参考文献 / p31 (0039.jp2)
  21. 第3章 方向性電磁鋼板の1次再結晶粒の3次元粒径分布 / p33 (0041.jp2)
  22. §3.1.緒言 / p33 (0041.jp2)
  23. §3.2.3次元粒径分布から2次元粒径分布への変換 / p33 (0041.jp2)
  24. §3.3.2次元粒径分布から3次元粒径分布への変換 / p37 (0045.jp2)
  25. §3.4.方向性電磁鋼板の1次再結晶粒の3次元粒径分布 / p42 (0050.jp2)
  26. §3.5.考察 / p43 (0051.jp2)
  27. §3.6.結論 / p45 (0053.jp2)
  28. 参考文献 / p46 (0054.jp2)
  29. 第4章 2次再結晶のシミュレーションモデル / p47 (0055.jp2)
  30. §4.1.緒言 / p47 (0055.jp2)
  31. §4.2.結晶粒の粒界性格と方位別初期存在量 / p47 (0055.jp2)
  32. §4.3.物理常数 / p49 (0057.jp2)
  33. §4.4.初期粒径分布および粒径分布の表示法 / p49 (0057.jp2)
  34. §4.5.3次元粒成長から2次元的粒成長への移行 / p51 (0059.jp2)
  35. §4.6.2次再結晶粒の定義 / p56 (0064.jp2)
  36. §4.7.1次再結晶粒の成長速度の計算 / p57 (0065.jp2)
  37. §4.8.モデルの妥当性の検証および考察 / p58 (0066.jp2)
  38. §4.8.1.単相系の定常理論粒径分布の再現 / p58 (0066.jp2)
  39. §4.8.2.定常粒径分布におよぼす初期バー数の影響 / p59 (0067.jp2)
  40. §4.8.3.定常粒径分布におよぼす形状因子の影響 / p60 (0068.jp2)
  41. §4.8.4.2次再結晶のシミュレーション / p61 (0069.jp2)
  42. §4.8.5.最大粒の成長挙動 / p67 (0075.jp2)
  43. §4.8.6.本モデルの限界 / p69 (0077.jp2)
  44. §4.9.結論 / p70 (0078.jp2)
  45. 参考文献 / p70 (0078.jp2)
  46. 第5章 2次再結晶におよぼすインヒビター挙動の影響 / p72 (0080.jp2)
  47. §5.1.緒言 / p72 (0080.jp2)
  48. §5.2.インヒビター強度の影響 / p72 (0080.jp2)
  49. §5.2.1.インヒピター強度の影響(実験) / p72 (0080.jp2)
  50. §5.2.2.インヒピター強度の影響(シミュレーション) / p81 (0089.jp2)
  51. §5.2.3.シミュレーション結果と実験結果の比較 / p90 (0098.jp2)
  52. §5.3.インヒビター強度の減少速度の影響(シミュレーション) / p91 (0099.jp2)
  53. §5.4.インヒビター強度の影響(Z=一定値、シミュレーション) / p97 (0105.jp2)
  54. §5.5.考察 / p105 (0113.jp2)
  55. §5.5.1.インヒピターの強さの概念 / p105 (0113.jp2)
  56. §5.5.2.2次再結晶に対するインヒピター挙動の影響機構 / p107 (0115.jp2)
  57. §5.5.3.尖鋭な2次再結晶集合組織形成に好ましいインヒピター挙動 / p114 (0122.jp2)
  58. §5.6.結論 / p114 (0122.jp2)
  59. 参考文献 / p115 (0123.jp2)
  60. 第6章 2次再結晶におよぼす1次再結晶組織の影響 / p117 (0125.jp2)
  61. §6.1.緒言 / p117 (0125.jp2)
  62. §6.2.1次再結晶粒径の影響 / p117 (0125.jp2)
  63. §6.2.1.1次再結晶粒径の影響(Y.Yoshito●iらの実験) / p117 (0125.jp2)
  64. §6.2.2.1次再結晶粒径の影響(シミュレーション) / p122 (0130.jp2)
  65. §6.2.3.シミュレーション結果と実験結果の比較 / p127 (0135.jp2)
  66. §6.3.1次再結晶粒の粒径分布の影響(シミュレーション) / p129 (0137.jp2)
  67. §6.3.1.微小粒の影響 / p129 (0137.jp2)
  68. §6.3.2.粗大粒の粗大の程度の影響 / p133 (0141.jp2)
  69. §6.3.3.粗大粒の量の影響(全方位粗粒化) / p137 (0145.jp2)
  70. §6.3.4.粗大粒の量の影響(方位2~6のみ粗粒化) / p142 (0150.jp2)
  71. §6.3.5.まとめ / p144 (0152.jp2)
  72. §6.4.考察 / p144 (0152.jp2)
  73. §6.4.1.1次再結晶粒径の影響機構 / p145 (0153.jp2)
  74. §6.4.2.1次再結晶粒径分布の影響機構 / p146 (0154.jp2)
  75. §6.5.結論 / p148 (0156.jp2)
  76. 参考文献 / p150 (0158.jp2)
  77. 第7章 2次再結晶におよぼす1次再結晶集合組織の影響 / p151 (0159.jp2)
  78. §7.1.緒言 / p151 (0159.jp2)
  79. §7.2.1次再結晶集合組織の影響(実験) / p151 (0159.jp2)
  80. §7.2.1.3%Si鋼の1 次再結晶再結晶集合組織と2次再結晶方位の関係 / p152 (0160.jp2)
  81. §7.2.2.1次再結晶主方位の方位分布と2次再結晶粒の方位分布 / p155 (0163.jp2)
  82. §7.3.1次再結晶集合組織の主方位成分の影響(シミュレーション) / p163 (0171.jp2)
  83. §7.3.1.主方位成分の強度の影響 / p163 (0171.jp2)
  84. §7.3.2.主方位成分の尖鋭度の影響 / p167 (0175.jp2)
  85. §7.4.2次再結晶方位成分の影響(シミュレーション) / p170 (0178.jp2)
  86. §7.5.考察 / p177 (0185.jp2)
  87. §7.5.1.1次再結晶集合組織効果とインヒピター効果の相補性 / p178 (0186.jp2)
  88. §7.5.2.l次再結晶集合組織の主方位成分の影響機構 / p181 (0189.jp2)
  89. §7.5.3.2次再結晶方位成分の影響機構 / p183 (0191.jp2)
  90. §7.6.結論 / p184 (0192.jp2)
  91. 参考文献 / p185 (0193.jp2)
  92. 第8章 総括 / p187 (0195.jp2)
  93. §8.1.本研究の総括 / p187 (0195.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099392
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099622
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263706
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ