低平水田地帯の排水計画に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 増本, 隆夫 マスモト, タカオ

書誌事項

タイトル

低平水田地帯の排水計画に関する研究

著者名

増本, 隆夫

著者別名

マスモト, タカオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第8300号

学位授与年月日

1993-07-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第1章 豪雨の波形特性と雨量分布 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.1 概説 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.2 基礎資料 / p3 (0007.jp2)
  7. 1.3 豪雨のピーク特性 / p6 (0009.jp2)
  8. 1.4 最大1時間雨量と総雨量の関係 / p12 (0012.jp2)
  9. 1.5 豪雨波形の自己相関特性 / p15 (0013.jp2)
  10. 1.6 最大雨量の分布特性 / p20 (0016.jp2)
  11. 1.7 複峰型豪雨波形の関数近似法 / p25 (0018.jp2)
  12. 1.8 結語 / p44 (0028.jp2)
  13. 第2章 雨量計の最適配置法 / p47 (0029.jp2)
  14. 2.1 概説 / p47 (0029.jp2)
  15. 2.2 豪雨の特徴 / p47 (0029.jp2)
  16. 2.3 Kriging法による定式化 / p50 (0031.jp2)
  17. 2.4 バリオグラムの推定 / p55 (0033.jp2)
  18. 2.5 Krigingモデルの同定 / p62 (0037.jp2)
  19. 2.6 雨量計の配置法 / p63 (0037.jp2)
  20. 2.7 結語 / p69 (0040.jp2)
  21. 第3章 流出ハイドログラフの関数近似と遊水池容量算定法 / p73 (0042.jp2)
  22. 3.1 概説 / p73 (0042.jp2)
  23. 3.2 流出ハイドログラフの分析 / p73 (0042.jp2)
  24. 3.3 ハイドログラフの関数表示 / p85 (0048.jp2)
  25. 3.4 必要遊水池容量の算定法 / p93 (0052.jp2)
  26. 3.5 巨椋古川流域への適用 / p94 (0053.jp2)
  27. 3.6 結語 / p101 (0056.jp2)
  28. 第4章 DP手法に基づく排水施設の規模配置計画法 / p103 (0057.jp2)
  29. 4.1 概説 / p103 (0057.jp2)
  30. 4.2 事例研究流域の概要 / p104 (0058.jp2)
  31. 4.3 DP手法とその定式化 / p106 (0059.jp2)
  32. 4.4 費用関数の設定法 / p110 (0061.jp2)
  33. 4.5 施設配置計画 / p114 (0063.jp2)
  34. 4.6 結語 / p123 (0067.jp2)
  35. 第5章 シミュレーションによる排水計画の具体化戦略 / p127 (0069.jp2)
  36. 5.1 概説 / p127 (0069.jp2)
  37. 5.2 洪水流出氾濫モデルの検討 / p127 (0069.jp2)
  38. 5.3 都市化の進展 / p143 (0077.jp2)
  39. 5.4 排水計画の検討方針 / p149 (0080.jp2)
  40. 5.5 将来の都市化に伴う水害危険度の変化 / p155 (0083.jp2)
  41. 5.6 洪水対策(非氾濫域対策)の検討 / p158 (0085.jp2)
  42. 5.7 内水対策(氾濫域対策)の検討 / p162 (0087.jp2)
  43. 5.8 結語 / p172 (0092.jp2)
  44. 結論 / p175 (0093.jp2)
  45. 謝辞 / p177 (0094.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099406
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099636
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263720
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ