複雑鉱の浮遊選鉱に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 幹男 コバヤシ, ミキオ

書誌事項

タイトル

複雑鉱の浮遊選鉱に関する基礎的研究

著者名

小林, 幹男

著者別名

コバヤシ, ミキオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第8328号

学位授与年月日

1993-09-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第I章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1.浮選法の技術および基礎的研究の歴史 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2.本論文の研究に関する背景ならびに目的 / p8 (0016.jp2)
  6. 1.3.参考文献 / p13 (0021.jp2)
  7. 第II章 複雑鉱における相互分離プロセスへのオゾン処理の利用 / p16 (0024.jp2)
  8. 2.1.緒論 / p16 (0024.jp2)
  9. 2.2.実験試料および方法 / p17 (0025.jp2)
  10. 2.3.実験結果および考察 / p20 (0028.jp2)
  11. 2.4.結言 / p52 (0060.jp2)
  12. 2.5.参考文献 / p54 (0062.jp2)
  13. 第III章 アルカンチオールによる方鉛鉱の浮選 / p57 (0065.jp2)
  14. 3.1.緒言 / p57 (0065.jp2)
  15. 3.2.実験試料および方法 / p58 (0066.jp2)
  16. 3.3.実験結果および考察 / p60 (0068.jp2)
  17. 3.4.結言 / p79 (0087.jp2)
  18. 3.5.参考文献 / p82 (0090.jp2)
  19. 第IV章 オクタンチオールによるマラカイトの浮選 / p84 (0092.jp2)
  20. 4.1.緒言 / p84 (0092.jp2)
  21. 4.2.実験試料および方法 / p85 (0093.jp2)
  22. 4.3.実験結果および考察 / p89 (0097.jp2)
  23. 4.4.結言 / p107 (0115.jp2)
  24. 4.5.参考文献 / p108 (0116.jp2)
  25. 第V章 新しいタイプのフッ素系界面活性剤によるマラカイトの浮選 / p109 (0117.jp2)
  26. 5.1.緒言 / p109 (0117.jp2)
  27. 5.2.実験試料および方法 / p109 (0117.jp2)
  28. 5.3.実験結果および考察 / p112 (0120.jp2)
  29. 5.4.結言 / p127 (0135.jp2)
  30. 5.5.参考文献 / p128 (0136.jp2)
  31. 第VI章 キサントゲン酸カリウムと含窒素有機試薬との共同効果を利用したマラカイトの浮選 / p129 (0137.jp2)
  32. 6.1.緒言 / p129 (0137.jp2)
  33. 6.2.実験試料および方法 / p130 (0138.jp2)
  34. 6.3.実験結果および考察 / p130 (0138.jp2)
  35. 6.4.結言 / p151 (0159.jp2)
  36. 6.5.参考文献 / p152 (0160.jp2)
  37. 第VII章 結論 / p153 (0161.jp2)
  38. 補遺 フッ化グラファイト膜形成によるアルミニウム金属表面の疎水化 / p157 (0165.jp2)
  39. S.1.緒言 / p157 (0165.jp2)
  40. S.2.実験試料および方法 / p157 (0165.jp2)
  41. S.3.実験結果および考察 / p158 (0166.jp2)
  42. S.4.結言 / p174 (0182.jp2)
  43. S.5.参考文献 / p175 (0183.jp2)
  44. 謝辞 / p176 (0184.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099434
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099664
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263748
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ