コケ細胞培養系を用いた光要求型除草剤の作用機構の解明

この論文をさがす

著者

    • 岩田, 修二 イワタ, シュウジ

書誌事項

タイトル

コケ細胞培養系を用いた光要求型除草剤の作用機構の解明

著者名

岩田, 修二

著者別名

イワタ, シュウジ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第8332号

学位授与年月日

1993-09-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0003.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  4. 第1節 本研究の背景と目的 / p1 (0004.jp2)
  5. 第2節 本研究の概要 / p7 (0007.jp2)
  6. 第2章 新規オキサジノン系除草剤の創製と除草活性に関する研究 / p9 (0008.jp2)
  7. 第1節 プロテア一ゼインヒビターの改良と除草活性 / p10 (0009.jp2)
  8. 第2節 フェノキシプロピオン酸系化合物とオキサジノン系化合物の合成 / p16 (0012.jp2)
  9. 第3節 フェノキシプロピオン酸系化合物とオキサジノン系化合物の除草活性 / p20 (0014.jp2)
  10. 第4節 考察 / p24 (0016.jp2)
  11. 第3章 ゼニゴケの細胞培養とオキサジノン系除草剤および光要求型除草剤による細胞白化活性に関する研究 / p27 (0017.jp2)
  12. 第1節 ゼニゴケ細胞(Marchantia polymorpha L.)の培養法 / p28 (0018.jp2)
  13. 第2節 光要求型除草剤の活性 / p32 (0020.jp2)
  14. 第3節 考察 / p37 (0022.jp2)
  15. 第4章 光要求型除草剤の作用機構の解明に関する研究(I) / p39 (0023.jp2)
  16. 第1節 光要求型除草剤による細胞内プロトポルフィリンIX(PPIX)の誘導と除草活性 / p44 (0026.jp2)
  17. 第2節 光要求型除草剤による還元型グルタチオンの細胞内誘導とその役割 / p57 (0032.jp2)
  18. 第3節 考察 / p61 (0034.jp2)
  19. 第5章 光要求型除草剤の作用機構の解明に関する研究(II) / p64 (0036.jp2)
  20. 第1節 光要求型除草剤により細胞内に誘導される新規蛍光物質(590FP) / p66 (0037.jp2)
  21. 第2節 590FPと殺草活性 / p71 (0039.jp2)
  22. 第3節 PPIX,590FPの光増感作用 / p75 (0041.jp2)
  23. 第4節 考察 / p78 (0043.jp2)
  24. 第6章 光要求型除草剤の作用機構の解説 / p80 (0044.jp2)
  25. 謝辞 / p86 (0047.jp2)
  26. 参考文献 / p87 (0047.jp2)
  27. 公表論文 / p92 (0050.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099438
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099668
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263752
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ