面内せん断応力を受ける鉄筋コンクリート平板の構成則に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 角, 一行 スミ, カズユキ

書誌事項

タイトル

面内せん断応力を受ける鉄筋コンクリート平板の構成則に関する基礎的研究

著者名

角, 一行

著者別名

スミ, カズユキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6037号

学位授与年月日

1993-07-26

注記・抄録

博士論文

10895

博士(工学)

1993-07-26

大阪大学

14401乙第06037号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 記号の説明 / p4 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 既往の研究の概観及び本研究の目的と概要 / p4 (0010.jp2)
  6. 1.3 本論文の構成 / p8 (0012.jp2)
  7. 第2章 RC平板の面内純せん断実験 / p11 (0014.jp2)
  8. 2.1 はじめに / p11 (0014.jp2)
  9. 2.2 既往の実験 / p12 (0015.jp2)
  10. 2.3 実験方法 / p18 (0018.jp2)
  11. 2.4 実験結果の概要 / p30 (0024.jp2)
  12. 2.5 まとめ / p42 (0030.jp2)
  13. 第2章の写真 / p43 (0030.jp2)
  14. 第3章 面内純せん断力を受けるRC平板の基本的特性 / p46 (0034.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p46 (0034.jp2)
  16. 3.2 コンクリートの引張特性 / p47 (0035.jp2)
  17. 3.3 コンクリートストラットの圧縮特性 / p57 (0040.jp2)
  18. 3.4 骨材のかみ合い作用 / p68 (0045.jp2)
  19. 3.5 まとめ / p70 (0046.jp2)
  20. 第4章 コンクリートストラットの破壊条件と構成則モデル / p71 (0048.jp2)
  21. 4.1 はじめに / p71 (0048.jp2)
  22. 4.2 既往の研究及び本提案モデルの基本的な考え方 / p73 (0049.jp2)
  23. 4.3 主応力と主歪の評価方法 / p75 (0050.jp2)
  24. 4.4 既往の実験結果の考察 / p79 (0052.jp2)
  25. 4.5 コンクリートストラットの破壊条件 / p83 (0054.jp2)
  26. 4.6 コンクリートストラットの構成則モデル / p86 (0056.jp2)
  27. 4.7 提案構成則モデルと既往の実験結果との比較検討 / p88 (0057.jp2)
  28. 4.8 まとめ / p90 (0058.jp2)
  29. 第5章 提案構成則モデルによるRC平板の弾塑性解析 / p91 (0059.jp2)
  30. 5.1 はじめに / p91 (0059.jp2)
  31. 5.2 既往の研究及び提案する解析方法の基本的な考え方 / p92 (0060.jp2)
  32. 5.3 材料の構成則 / p94 (0061.jp2)
  33. 5.4 主応力の算定方法及び釣合条件 / p96 (0062.jp2)
  34. 5.5 適合条件 / p100 (0064.jp2)
  35. 5.6 解析方法 / p102 (0065.jp2)
  36. 5.7 実験結果と解析結果の比較検討及び考察 / p105 (0066.jp2)
  37. 5.8 まとめ / p110 (0069.jp2)
  38. 第6章 コンクリート破壊型RC平板の終局せん断耐力推定方法 / p111 (0070.jp2)
  39. 6.1 はじめに / p111 (0070.jp2)
  40. 6.2 既往の研究及び本提案式の基本的な考え方 / p112 (0071.jp2)
  41. 6.3 コンクリートの破壊条件及び釣合条件 / p114 (0072.jp2)
  42. 6.4 終局耐力推定式 / p116 (0073.jp2)
  43. 6.5 提案式の適用 / p121 (0075.jp2)
  44. 6.6 既往の実験結果と本提案式の比較検討 / p126 (0078.jp2)
  45. 6.7 まとめ / p130 (0080.jp2)
  46. 第7章 結論 / p131 (0081.jp2)
  47. 7.1 総括 / p131 (0081.jp2)
  48. 7.2 今後の課題 / p135 (0083.jp2)
  49. 参考文献 / p136 (0084.jp2)
  50. 発表論文 / p141 (0087.jp2)
  51. 付録A.1 円柱供試体の応力-軸歪関係及び軸歪-横歪関係 / p144 (0089.jp2)
  52. 付録A.2 高歪領域における鉄筋の平均応力-平均歪関係及びテンションスティフニング効果 / p148 (0091.jp2)
  53. 付録A.3 鉄筋コンクリート円筒壁体のねじり加力実験 / p153 (0093.jp2)
  54. 謝辞 / p162 (0099.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099502
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099732
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263816
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ