衛星通信システムにおける自動再送要求方式に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中村, 誠 ナカムラ, マコト

書誌事項

タイトル

衛星通信システムにおける自動再送要求方式に関する研究

著者名

中村, 誠

著者別名

ナカムラ, マコト

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6038号

学位授与年月日

1993-07-26

注記・抄録

博士論文

10896

博士(工学)

1993-07-26

大阪大学

14401乙第06038号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 内容梗概 / p1 (0004.jp2)
  3. 関連発表文献 / p5 (0006.jp2)
  4. 第1章 序論 / p7 (0007.jp2)
  5. 1.1 序言 / p7 (0007.jp2)
  6. 1.2 ディジタル衛星通信の利用形態 / p7 (0007.jp2)
  7. 1.3 ARQ方式の特徴と衛星通信への適用における問題点 / p8 (0008.jp2)
  8. 1.4 ARQ方式の評価法 / p10 (0009.jp2)
  9. 1.5 結言 / p10 (0009.jp2)
  10. 第2章 衛星通信システムにおけるARQ方式の評価法 / p13 (0010.jp2)
  11. 2.1 序言 / p13 (0010.jp2)
  12. 2.2 衛星通信システムにおける誤り制御技術 / p14 (0011.jp2)
  13. 2.3 ARQ方式の従来技術とその性能評価 / p23 (0015.jp2)
  14. 2.4 誤り制御機能を持つ通信システムのモデル化 / p30 (0019.jp2)
  15. 2.5 ARQ方式の評価尺度 / p32 (0020.jp2)
  16. 2.6 所要電力と帯域幅による誤り制御方式の比較 / p37 (0022.jp2)
  17. 2.7 結言 / p43 (0025.jp2)
  18. 第3章 定スループットを有するARQ方式 / p45 (0026.jp2)
  19. 3.1 序言 / p45 (0026.jp2)
  20. 3.2 定スループットARQ方式の概要 / p46 (0027.jp2)
  21. 3.3 定スループットARQ方式の特性 / p49 (0028.jp2)
  22. 3.4 結言 / p52 (0030.jp2)
  23. 第4章 双方向データ通信路におけるARQ方式 / p55 (0031.jp2)
  24. 4.1 序言 / p55 (0031.jp2)
  25. 4.2 確認信号の履歴を用いたARQ方式の原理 / p56 (0032.jp2)
  26. 4.3 連続型ARQ方式への応用 / p59 (0033.jp2)
  27. 4.4 スループット解析 / p61 (0034.jp2)
  28. 4.5 性能評価と考察 / p64 (0036.jp2)
  29. 4.6 結言 / p68 (0038.jp2)
  30. 第5章 同報通信路におけるARQ方式 / p71 (0039.jp2)
  31. 5.1 序言 / p71 (0039.jp2)
  32. 5.2 同報通信用ARQ方式への要求条件 / p72 (0040.jp2)
  33. 5.3 RS符号を用いた同報通信用ハイブリッドARQ方式 / p75 (0041.jp2)
  34. 5.4 スループット解析と性能評価 / p80 (0044.jp2)
  35. 5.5 結言 / p87 (0047.jp2)
  36. 第6章 結論 / p89 (0048.jp2)
  37. 謝辞 / p91 (0049.jp2)
  38. 参考文献 / p93 (0050.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099503
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099733
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263817
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ