The post-translational processing of ras p21 is critical for its stimulation of mitogen-activated protein kinase mitogen-activated protein kinaseの活性化におけるras p21の翻訳後修飾の重要性

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 孝仁, 1961- イトウ, タカヒト

書誌事項

タイトル

The post-translational processing of ras p21 is critical for its stimulation of mitogen-activated protein kinase

タイトル別名

mitogen-activated protein kinaseの活性化におけるras p21の翻訳後修飾の重要性

著者名

伊藤, 孝仁, 1961-

著者別名

イトウ, タカヒト

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第6049号

学位授与年月日

1993-09-17

注記・抄録

博士論文

10908

博士(医学)

1993-09-17

大阪大学

14401乙第06049号

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099514
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965525
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000263828
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ