企業の行動原理に関する制度論的研究

この論文をさがす

著者

    • 万仲, 脩一, 1940- マンチュウ, シュウイチ

書誌事項

タイトル

企業の行動原理に関する制度論的研究

著者名

万仲, 脩一, 1940-

著者別名

マンチュウ, シュウイチ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

博士 (経営学)

学位授与番号

乙第1683号

学位授与年月日

1992-12-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 本書の課題 / p1 (0005.jp2)
  3. 第I部 企業理論の発展 / p7 (0008.jp2)
  4. 第1章 制度論的企業論としての経営学 / p8 (0009.jp2)
  5. 1.序 / p8 (0009.jp2)
  6. 2.管理論的研究と企業論的研究 / p9 (0009.jp2)
  7. 3.経済学的経営学と制度論的企業論 / p13 (0011.jp2)
  8. 4.結-本書の構成 / p18 (0014.jp2)
  9. 第2章 企業の「売上高極大化」目的と企業成長-ボーモルの所論を中心として- / p23 (0016.jp2)
  10. 1.序 / p23 (0016.jp2)
  11. 2.静態的寡占理論 / p25 (0017.jp2)
  12. 3.企業成長の理論 / p38 (0024.jp2)
  13. 4.結 / p45 (0027.jp2)
  14. 第3章 企業の「成長率極大化」目的-マリスの所論を中心として- / p52 (0031.jp2)
  15. 1.序 / p52 (0031.jp2)
  16. 2.経営者資本主義の制度的枠組み / p53 (0031.jp2)
  17. 3.「成長率極大化」目的 / p58 (0034.jp2)
  18. 4.企業成長モデル / p61 (0035.jp2)
  19. 5.企業目的としての「成長率極大化」 / p67 (0038.jp2)
  20. 6.結 / p73 (0041.jp2)
  21. 第4章 経営者自由裁量の理論-ウイリアムソンの所論を中心として- / p78 (0044.jp2)
  22. 1.序 / p78 (0044.jp2)
  23. 2.企業理論の修正 / p78 (0044.jp2)
  24. 3.経営者の効用関数 / p84 (0047.jp2)
  25. 4.経営者自由裁量モデルとその実証 / p87 (0048.jp2)
  26. 5.経営者自由裁量の理論の意義と問題点 / p95 (0052.jp2)
  27. 6.結 / p102 (0056.jp2)
  28. 第5章 企業行動と組織形態-ウイリアムソンの所論を中心として- / p108 (0059.jp2)
  29. 1.序 / p108 (0059.jp2)
  30. 2.企業拡大と職能別組織(U型組織) / p109 (0059.jp2)
  31. 3.企業拡大と事業部制組織(M型組織) / p117 (0063.jp2)
  32. 4.組織形態と内的効率・目的形成・戦略的決定 / p129 (0069.jp2)
  33. 5.結 / p141 (0075.jp2)
  34. 第6章 「取引費用の経済学」-ウイリアムソンの所論を中心として- / p147 (0078.jp2)
  35. 1.序 / p147 (0078.jp2)
  36. 2.「新しい制度論的経済学」としての「取引費用の経済学」 / p147 (0078.jp2)
  37. 3.「取引費用の経済学」の特質 / p154 (0082.jp2)
  38. 4.経済組織としての市場と企業 / p160 (0085.jp2)
  39. 5.「取引費用の経済学」の説明能力 / p168 (0089.jp2)
  40. 6.結 / p175 (0092.jp2)
  41. 第II部 企業と経営者 / p183 (0096.jp2)
  42. 第7章 経営者の利害調整職能 / p184 (0097.jp2)
  43. 1.序 / p184 (0097.jp2)
  44. 2.経営者効用極大化の理論」と利害調整 / p186 (0098.jp2)
  45. 3.「裁定的経営者の理論」と利害調整 / p190 (0100.jp2)
  46. 4.利害調整の原理 / p196 (0103.jp2)
  47. 5.結 / p201 (0105.jp2)
  48. 第8章 企業成長と経営者-ペンロ―ズの所論を中心として- / p205 (0107.jp2)
  49. 1.序 / p205 (0107.jp2)
  50. 2.ペンローズ企業成長論の企業観 / p206 (0108.jp2)
  51. 3.企業成長と企業家用役 / p211 (0110.jp2)
  52. 4.企業成長の経営者問題 / p217 (0113.jp2)
  53. 5.結 / p223 (0116.jp2)
  54. 第9章 企業行動と効率・市場支配・革新-垂直的統合に関連させて- / p228 (0119.jp2)
  55. 1.序 / p228 (0119.jp2)
  56. 2.垂直的統合と効率 / p229 (0119.jp2)
  57. 3.垂直的統合と市場支配および利潤追求 / p234 (0122.jp2)
  58. 4.競争と革新 / p241 (0125.jp2)
  59. 5.結 / p248 (0129.jp2)
  60. 第10章 「所有と管理の分離」と企業の行動原理-代理人理論と関連づけて- / p252 (0131.jp2)
  61. 1.序 / p252 (0131.jp2)
  62. 2.情報の非対称性と代理人問題 / p253 (0131.jp2)
  63. 3.「所有と管理の分離」と代理人問題 / p258 (0134.jp2)
  64. 4.経営者の自己統制 / p267 (0138.jp2)
  65. 5.製品市場で競争と企業の行動原理 / p271 (0140.jp2)
  66. 6.結 / p276 (0143.jp2)
  67. 終章 長期的利潤極大化の原理と制度論的考察方法 / p282 (0146.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099726
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099956
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000264040
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ