二軸エクストルーダーによる繊維状プロセスチーズの製造に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 井門, 和夫 イド, カズオ

書誌事項

タイトル

二軸エクストルーダーによる繊維状プロセスチーズの製造に関する研究

著者名

井門, 和夫

著者別名

イド, カズオ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第1721号

学位授与年月日

1993-03-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 二軸エクストルーダーによるカゼインの繊維化 / p11 (0017.jp2)
  4. 第1節 実験方法 / p12 (0018.jp2)
  5. 1-1 使用装置 / p12 (0018.jp2)
  6. 1-2 原材料 / p12 (0018.jp2)
  7. 1-3 原材料の前処理 / p14 (0020.jp2)
  8. 1-4 繊維性の評価 / p14 (0020.jp2)
  9. 1-5 Cryo-走査電子顕微鏡 / p18 (0024.jp2)
  10. 第2節 繊維化のためのカゼイン素材の選択 / p18 (0024.jp2)
  11. 2-1 再構成カードおよび低水分カードのエクストルーダー処理 / p18 (0024.jp2)
  12. 2-2 レンネットカゼインのエクストルーダー処理 / p20 (0026.jp2)
  13. 第3節 油脂の添加および乳化方法 / p24 (0030.jp2)
  14. 3-1 油脂添加率の影響 / p24 (0030.jp2)
  15. 3-2 タンパク質素材添加の影響 / p27 (0033.jp2)
  16. 第4節 要約 / p30 (0036.jp2)
  17. 第2章 繊維状プロセスチーズの調製 / p33 (0039.jp2)
  18. 第1節 実験方法 / p34 (0040.jp2)
  19. 1-1 原料ナチュラルチーズ / p34 (0040.jp2)
  20. 1-2 タンパク質素材 / p36 (0042.jp2)
  21. 1-3 繊維状プロセスチーズの調製 / p36 (0042.jp2)
  22. 1-4 繊維性の評価 / p36 (0042.jp2)
  23. 1-5 熱溶融性 / p38 (0044.jp2)
  24. 1-6 イオン状カルシウム含量 / p38 (0044.jp2)
  25. 1-7 チーズ熟度 / p38 (0044.jp2)
  26. 1-8 ディスク電気泳動 / p39 (0045.jp2)
  27. 1-9 原料ゴーダチーズの調製 / p39 (0045.jp2)
  28. 1-10 糸ひき性 / p41 (0047.jp2)
  29. 第2節 原料チーズの選択および各種タンパク質素材の添加効果 / p41 (0047.jp2)
  30. 2-1 繊維化におよぼす各種タンパク質添加の影響 / p41 (0047.jp2)
  31. 2-2 繊維性におよぼす原料チーズ熟度・種類の影響 / p46 (0052.jp2)
  32. 第3節 ゴーダチーズ製造条件と繊維性の変化 / p54 (0060.jp2)
  33. 3-1 原料チーズの熟成期間と繊維性 / p54 (0060.jp2)
  34. 3-2 原料チーズの熟度と繊維性 / p59 (0065.jp2)
  35. 3-3 原料チーズの電気泳動パターン / p61 (0067.jp2)
  36. 第4節 ゴーダチーズの製造条件と糸ひき性の変化 / p64 (0070.jp2)
  37. 4-1 原料チーズのpHと糸ひき性の経時変化 / p65 (0071.jp2)
  38. 4-2 原料チーズの熟度と糸ひき性 / p65 (0071.jp2)
  39. 第5節 要約 / p71 (0077.jp2)
  40. 第3章 二軸エクストルーダーによる繊維状プロセスチーズの調製 / p74 (0080.jp2)
  41. 第1節 実験方法 / p74 (0080.jp2)
  42. 1-1 原料チーズ / p74 (0080.jp2)
  43. 1-2 チーズ乳化方法および乳化機 / p75 (0081.jp2)
  44. 1-3 繊維性の評価 / p78 (0084.jp2)
  45. 1-4 光学顕微鏡写真 / p78 (0084.jp2)
  46. 第2節 二軸エクストルーダーによる加熱乳化条件 / p78 (0084.jp2)
  47. 2-1 ケトル型乳化機による繊維状プロセスチーズの調製 / p80 (0086.jp2)
  48. 2-2 二軸エクストルーダーによる繊維状プロセスチーズの調製 / p80 (0086.jp2)
  49. 2-3 繊維状プロセスチーズの微細構造 / p83 (0089.jp2)
  50. 第3節 要約 / p87 (0093.jp2)
  51. 第4章 カゼインの繊維化におよぼすホエータンパク質の影響 / p88 (0094.jp2)
  52. 第1節 実験方法 / p89 (0095.jp2)
  53. 1-1 試料 / p89 (0095.jp2)
  54. 1-2 繊維化物の調製 / p89 (0095.jp2)
  55. 1-3 繊維間の結着性の測定 / p92 (0098.jp2)
  56. 1-4 ANS蛍光法による表面疎水性度の測定 / p92 (0098.jp2)
  57. 1-5 疎水性クロマトグラフィー / p92 (0098.jp2)
  58. 第2節 ホエータンパク質添加による表面疎水性度の変化 / p94 (0100.jp2)
  59. 2-1 レンネットカゼイン繊維性に対する分離ホエータンパク質(WPI)および分離大豆タンパク質(SPI)の影響 / p94 (0100.jp2)
  60. 2-2 レンネットカゼインの表面疎水性度に対する分離ホエータンパク質(WPOおよび分離大豆タンパク質(SPI)の影響 / p97 (0103.jp2)
  61. 2-3 チオシアン酸ナトリウムの影響 / p99 (0105.jp2)
  62. 第3節 ホエータンパク質各構成成分の影響 / p104 (0110.jp2)
  63. 3-1 レンネットカゼインの繊維間結着性に対するα-ラクトアルブミンおよびβ-ラクトグロブリンの影響 / p104 (0110.jp2)
  64. 3-2 レンネットカゼイン表面疎水性度におよぼすα-ラクトアルブミンおよびβ-ラクトグロブリンの影響 / p106 (0112.jp2)
  65. 第4節 要約 / p108 (0114.jp2)
  66. 総括 / p111 (0117.jp2)
  67. 謝辞 / p118 (0124.jp2)
  68. 引用文献 / p119 (0125.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000099764
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000099994
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000264078
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ