戦後のフランスにおける理科教育の革新 : 理化(sciences physiques)の導入過程を中心として

この論文をさがす

著者

    • 戸北, 凱惟, 1942- トキタ, ヨシノブ

書誌事項

タイトル

戦後のフランスにおける理科教育の革新 : 理化(sciences physiques)の導入過程を中心として

著者名

戸北, 凱惟, 1942-

著者別名

トキタ, ヨシノブ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第2507号

学位授与年月日

1994-01-12

注記・抄録

博士論文

序章 研究の目的と方法 / p1 第1節 研究の目的と意義 / p1 第2節 先行研究と本研究の視点 / p8  1 先行研究の概要 / p8  2 本研究の視点 / p11 第3節 研究の方法と本論文の構成 / p13 序章 参考論文 / p16第1章 伝統的初等理科の方法 / p18 第1節「観察の練習(exercices d'observation)」の方法としての「諸物学習(lecons de choses)」の開始 / p18  1 諸物(choses)の学習の開始 / p18  2 「観察の練習」の方法としての「諸物学習」の定着 / p19 第2節「観察の練習」=「諸物学習」の具体像 / p23  1 「観察の練習」の役割 / p23  2 旧カリキュラムの特色 / p26  3 「観察の練習」の内容 / p27  4 準備級(cours préparatoire)における「観察の練習」の方法 / p29  5 初級(cours élémentaire)における「観察の練習」の方法 / p29  6 中級(cours moyen)における「観察の練習」 / p39 第3節「観察の練習」すなわち「諸物学習」の特色 / p54  1 簡潔な教授要目と単純明解な科学的方法 / p54  2 「諸物学習」の方法的特徴 / p56  3 「諸物学習」の処方 / p61  4 「諸物学習」とわが国の「庶物示教」の違い / p63  5 フランスの伝統的理科教育にみられる分析的考察法 / p68  6 「諸物学習」の限界 / p72 第1章 参考文献 / p75第2章 初等理科教育現現代化の開始-「観察の練習」の解体と「三区分教育の開始」- / p77 第1節「三区分教育」と初等理科の位置付け / p80  1 カリキュラム構成 / p80  2 「めざまし教科(disciplines d'éveil)」の設置目的 / p81 第2節 前期「三区分教育」期における初等理科教育 / p92  1 「めざまし教科」と理科の関係 / p92  2 カリキュラム開発の状況 / p94  3 前期「三区分教育」期の理科教育の特徴 / p111 第3節 後期「三区分教育」期の理科教育 / p112  1 「目ざまし活動」におけるカリキュラム構成の特色 / p112  2 「目ざまし活動」の目的 / p118  3 「めざまし活動」と理科の内容 / p125  4 「めざまし活動」で物理や工芸的分野が強調された背景 / p128  5 科学的活動領域の学習指導法 / p130  6 フランスの「めざまし教科」に見られる総合的理科の特色 / p134 第2章 参考文献 / p137第3章 一貫した初等理科教育の成立 / p142 第1節 科学技術主義時代の要請と初等理科教育 / p143  1 ロマン主義教育の反省 / p143  2 教科固有の教育の回復 / p145 第2節 科学技術時代を背景にした「科学とテクノロジー」の設置 / p147  1 新・カリキュラムの視点 / p147  2 「科学とテクノロジー」の構造 / p151  3 「科学とテクノロジー」の内容 / p156  4 情報リテラシー教育の導入 / p174  5 「科学とテクノロジー」における低学年理科の特徴 / p177  6 「科学とテクノロジー」における高学年理科の特徴 / p180 第3節 現代フランスの初等理科教育の特徴 / p186  1 初等・中等の連続一貫した初等理科教育の確立 / p186  2 日仏初等理科教育改革の相違点 / p190  3 主要国の低学年理科から見たフランスの特徴 / p191 第3章 参考文献 / p195第4章 戦後の伝統的中等理科教育の方法と問題点 / p198 第1節 前期中等教育段階における伝統的理科教育 / p199  1 戦後中等教育制度の民主化とベルトワン改革 / p199  2 「博物(sciences naturelles)」教育の設置 / p201  3 「博物」教育の内容と方法 / p203  4 「博物」の教科書からみた内容上の特色 / p209  5 フランスの「博物」教育観 / p211 第2節「理化(sciences physiques)」教育の発達 / p213  1 大革命からリボー委員会までの「理化(sciences physiques)」 / p213  2 早期「理化」教育への努力 / p216 第3節 伝統的理科への批判 / p217  1 民主化の原点にあるランジュヴァン・ワロン改革案 / p217  2 ランジュヴァンの科学教育に関する論理 / p222 第4節 前期中等理科教育の改革の兆候 / p233  1 「博物」教育から「生物」への改革 / p234  2 「理科実験学習」の導入 / p236 第4章 参考文献 / p243第5章 前期中等理科教育の革新(現代化)の開始-「テクノロジー」教育をめぐって- / p247 第1節 新設教科「テクノロジー」の意義と役割 / p249  1 1960年代の世界の中のフランス中等理科の状況 / p249  2 「テクノロジー」設置目的とアビ(R.Haby)改革 / p251  3 「テクノロジー」の目標 / p256  4 「テクノロジー」の内容 / p259 第2節「ラガリーグ委員会」の「テクノロジー」に対する対応 / p273  1 「ラガリーグ委員会」とは / p273  2 「ラガリーグ委員会」における「テクノロジー」の性格付け / p279  3 「テクノロジー」の内容をめぐる論点 / p284 第3節「テクノロジー」への期待と不安 / p291  1 「テクノロジー」に対する生徒の反応と学習環境の実態 / p291  2 「テクノロジー」のもたらした成果 / p296 第5章 参考文献 / p307第6章 一般普通教育としての中等理科の確立 / p312 第1節 前期中等理科「実験科学(sciences expérimentales)」の新設 / p312  1 「実験科学」への期待 / p313  2 「実験科学」の目的 / p319 第2節「実験科学」の内容の検討 / p325  1 「実験科学」の教授要目 / p325  2 教科書から見た「理化(sciences physiques)」教材 / p333  3 生徒の「電気回路」認識の実態 / p339 第3節「新・実験科学」カリキュラムと中等理科教育 / p344  1 新カリキュラムの組織 / p344  2 「新・実験科学」の目的 / p347  3 「新・実験科学」の特色 / p355  4 「新・実験科学」に対するの日仏比較 / p370 第6章 参考文献 / p376終章 戦後のフランスの初等・中等理科改革の経緯と特徴 / p379 第1節 初等、中等理科の一貫した改革 / p379  1 理科教育改革の経緯から見た「テクノロジー」の意義 / p379  2 一般普通教育としての「理化(sciences physiques)」の意義 / p386 第2節 比較理科教育的考察 / p391  1 行政指導による改革 / p391  2 理科と言う教科の安定性と不安定性 / p395 第3節 総括 / p402終章 参考文献 / p408

目次

  1. 序章 研究の目的と方法 / p1 (0009.jp2)
  2. 第1節 研究の目的と意義 / p1 (0009.jp2)
  3. 第2節 先行研究と本研究の視点 / p8 (0016.jp2)
  4. 1 先行研究の概要 / p8 (0016.jp2)
  5. 2 本研究の視点 / p11 (0019.jp2)
  6. 第3節 研究の方法と本論文の構成 / p13 (0021.jp2)
  7. 序章 参考論文 / p16 (0024.jp2)
  8. 第1章 伝統的初等理科の方法 / p18 (0026.jp2)
  9. 第1節「観察の練習(exercices d'observation)」の方法としての「諸物学習(lecons de choses)」の開始 / p18 (0026.jp2)
  10. 1 諸物(choses)の学習の開始 / p18 (0026.jp2)
  11. 2「観察の練習」の方法としての「諸物学習」の定着 / p19 (0027.jp2)
  12. 第2節「観察の練習」=「諸物学習」の具体像 / p23 (0031.jp2)
  13. 1「観察の練習」の役割 / p23 (0031.jp2)
  14. 2 旧カリキュラムの特色 / p26 (0034.jp2)
  15. 3「観察の練習」の内容 / p27 (0035.jp2)
  16. 4 準備級(cours préparatoire)における「観察の練習」の方法 / p29 (0037.jp2)
  17. 5 初級(cours élémentaire)における「観察の練習」の方法 / p29 (0037.jp2)
  18. 6 中級(cours moyen)における「観察の練習」 / p39 (0047.jp2)
  19. 第3節「観察の練習」すなわち「諸物学習」の特色 / p54 (0062.jp2)
  20. 1 簡潔な教授要目と単純明解な科学的方法 / p54 (0062.jp2)
  21. 2「諸物学習」の方法的特徴 / p56 (0064.jp2)
  22. 3「諸物学習」の処方 / p61 (0069.jp2)
  23. 4「諸物学習」とわが国の「庶物示教」の違い / p63 (0071.jp2)
  24. 5 フランスの伝統的理科教育にみられる分析的考察法 / p68 (0076.jp2)
  25. 6「諸物学習」の限界 / p72 (0080.jp2)
  26. 第1章 参考文献 / p75 (0083.jp2)
  27. 第2章 初等理科教育現現代化の開始-「観察の練習」の解体と「三区分教育の開始」- / p77 (0085.jp2)
  28. 第1節「三区分教育」と初等理科の位置付け / p80 (0088.jp2)
  29. 1 カリキュラム構成 / p80 (0088.jp2)
  30. 2「めざまし教科(disciplines d'éveil)」の設置目的 / p81 (0089.jp2)
  31. 第2節 前期「三区分教育」期における初等理科教育 / p92 (0100.jp2)
  32. 1「めざまし教科」と理科の関係 / p92 (0100.jp2)
  33. 2 カリキュラム開発の状況 / p94 (0102.jp2)
  34. 3 前期「三区分教育」期の理科教育の特徴 / p111 (0119.jp2)
  35. 第3節 後期「三区分教育」期の理科教育 / p112 (0120.jp2)
  36. 1「目ざまし活動」におけるカリキュラム構成の特色 / p112 (0120.jp2)
  37. 2「目ざまし活動」の目的 / p118 (0126.jp2)
  38. 3「めざまし活動」と理科の内容 / p125 (0133.jp2)
  39. 4「めざまし活動」で物理や工芸的分野が強調された背景 / p128 (0136.jp2)
  40. 5 科学的活動領域の学習指導法 / p130 (0138.jp2)
  41. 6 フランスの「めざまし教科」に見られる総合的理科の特色 / p134 (0142.jp2)
  42. 第2章 参考文献 / p137 (0145.jp2)
  43. 第3章 一貫した初等理科教育の成立 / p142 (0150.jp2)
  44. 第1節 科学技術主義時代の要請と初等理科教育 / p143 (0151.jp2)
  45. 1 ロマン主義教育の反省 / p143 (0151.jp2)
  46. 2 教科固有の教育の回復 / p145 (0153.jp2)
  47. 第2節 科学技術時代を背景にした「科学とテクノロジー」の設置 / p147 (0155.jp2)
  48. 1 新・カリキュラムの視点 / p147 (0155.jp2)
  49. 2「科学とテクノロジー」の構造 / p151 (0159.jp2)
  50. 3「科学とテクノロジー」の内容 / p156 (0164.jp2)
  51. 4 情報リテラシー教育の導入 / p174 (0182.jp2)
  52. 5「科学とテクノロジー」における低学年理科の特徴 / p177 (0185.jp2)
  53. 6「科学とテクノロジー」における高学年理科の特徴 / p180 (0188.jp2)
  54. 第3節 現代フランスの初等理科教育の特徴 / p186 (0194.jp2)
  55. 1 初等・中等の連続一貫した初等理科教育の確立 / p186 (0194.jp2)
  56. 2 日仏初等理科教育改革の相違点 / p190 (0198.jp2)
  57. 3 主要国の低学年理科から見たフランスの特徴 / p191 (0199.jp2)
  58. 第3章 参考文献 / p195 (0203.jp2)
  59. 第4章 戦後の伝統的中等理科教育の方法と問題点 / p198 (0206.jp2)
  60. 第1節 前期中等教育段階における伝統的理科教育 / p199 (0207.jp2)
  61. 1 戦後中等教育制度の民主化とベルトワン改革 / p199 (0207.jp2)
  62. 2「博物(sciences naturelles)」教育の設置 / p201 (0209.jp2)
  63. 3「博物」教育の内容と方法 / p203 (0211.jp2)
  64. 4「博物」の教科書からみた内容上の特色 / p209 (0217.jp2)
  65. 5 フランスの「博物」教育観 / p211 (0219.jp2)
  66. 第2節「理化(sciences physiques)」教育の発達 / p213 (0221.jp2)
  67. 1 大革命からリボー委員会までの「理化(sciences physiques)」 / p213 (0221.jp2)
  68. 2 早期「理化」教育への努力 / p216 (0224.jp2)
  69. 第3節 伝統的理科への批判 / p217 (0225.jp2)
  70. 1 民主化の原点にあるランジュヴァン・ワロン改革案 / p217 (0225.jp2)
  71. 2 ランジュヴァンの科学教育に関する論理 / p222 (0230.jp2)
  72. 第4節 前期中等理科教育の改革の兆候 / p233 (0241.jp2)
  73. 1「博物」教育から「生物」への改革 / p234 (0242.jp2)
  74. 2「理科実験学習」の導入 / p236 (0244.jp2)
  75. 第4章 参考文献 / p243 (0251.jp2)
  76. 第5章 前期中等理科教育の革新(現代化)の開始-「テクノロジー」教育をめぐって- / p247 (0255.jp2)
  77. 第1節 新設教科「テクノロジー」の意義と役割 / p249 (0257.jp2)
  78. 1 1960年代の世界の中のフランス中等理科の状況 / p249 (0257.jp2)
  79. 2「テクノロジー」設置目的とアビ(R.Haby)改革 / p251 (0259.jp2)
  80. 3「テクノロジー」の目標 / p256 (0264.jp2)
  81. 4「テクノロジー」の内容 / p259 (0267.jp2)
  82. 第2節「ラガリーグ委員会」の「テクノロジー」に対する対応 / p273 (0281.jp2)
  83. 1「ラガリーグ委員会」とは / p273 (0281.jp2)
  84. 2「ラガリーグ委員会」における「テクノロジー」の性格付け / p279 (0287.jp2)
  85. 3「テクノロジー」の内容をめぐる論点 / p284 (0292.jp2)
  86. 第3節「テクノロジー」への期待と不安 / p291 (0299.jp2)
  87. 1「テクノロジー」に対する生徒の反応と学習環境の実態 / p291 (0299.jp2)
  88. 2「テクノロジー」のもたらした成果 / p296 (0304.jp2)
  89. 第5章 参考文献 / p307 (0315.jp2)
  90. 第6章 一般普通教育としての中等理科の確立 / p312 (0320.jp2)
  91. 第1節 前期中等理科「実験科学(sciences expérimentales)」の新設 / p312 (0320.jp2)
  92. 1「実験科学」への期待 / p313 (0321.jp2)
  93. 2「実験科学」の目的 / p319 (0327.jp2)
  94. 第2節「実験科学」の内容の検討 / p325 (0333.jp2)
  95. 1「実験科学」の教授要目 / p325 (0333.jp2)
  96. 2 教科書から見た「理化(sciences physiques)」教材 / p333 (0341.jp2)
  97. 3 生徒の「電気回路」認識の実態 / p339 (0347.jp2)
  98. 第3節「新・実験科学」カリキュラムと中等理科教育 / p344 (0352.jp2)
  99. 1 新カリキュラムの組織 / p344 (0352.jp2)
  100. 2「新・実験科学」の目的 / p347 (0355.jp2)
  101. 3「新・実験科学」の特色 / p355 (0363.jp2)
  102. 4「新・実験科学」に対するの日仏比較 / p370 (0378.jp2)
  103. 第6章 参考文献 / p376 (0384.jp2)
  104. 終章 戦後のフランスの初等・中等理科改革の経緯と特徴 / p379 (0387.jp2)
  105. 第1節 初等、中等理科の一貫した改革 / p379 (0387.jp2)
  106. 1 理科教育改革の経緯から見た「テクノロジー」の意義 / p379 (0387.jp2)
  107. 2 一般普通教育としての「理化(sciences physiques)」の意義 / p386 (0394.jp2)
  108. 第2節 比較理科教育的考察 / p391 (0399.jp2)
  109. 1 行政指導による改革 / p391 (0399.jp2)
  110. 2 理科と言う教科の安定性と不安定性 / p395 (0403.jp2)
  111. 第3節 総括 / p402 (0410.jp2)
  112. 終章 参考文献 / p408 (0416.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115129
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953233
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000279443
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ