生物教育の現代化 : BSCSプロジェクトとその日本の生物教育への影響

この論文をさがす

著者

    • 梅埜, 国夫, 1932- ウメノ, クニオ

書誌事項

タイトル

生物教育の現代化 : BSCSプロジェクトとその日本の生物教育への影響

著者名

梅埜, 国夫, 1932-

著者別名

ウメノ, クニオ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第2508号

学位授与年月日

1994-01-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 研究の目的と方法 / p1 (0009.jp2)
  3. 第1節 研究の目的と意義 / p1 (0009.jp2)
  4. 第2節 研究の視点と方法 / p5 (0013.jp2)
  5. 第1部 BSCSプロジェクトの設立とその理念 / p9 (0017.jp2)
  6. 第1章 BSCSプロジェクト設立の背景とその初期の活動 / p9 (0017.jp2)
  7. 第1節 科学教育改革運動の背景 / p9 (0017.jp2)
  8. 1 科学教育改革運動が起こるまで / p9 (0017.jp2)
  9. 2 理科教育への不満の蓄積 / p17 (0025.jp2)
  10. 3 BSCS設立以前のアメリカの生物教科書 / p23 (0031.jp2)
  11. 第2節 BSCSプロジェクトの設立と初期の活動 / p28 (0036.jp2)
  12. 1 AIBSの設立 / p28 (0036.jp2)
  13. 2 BSCSの設立と事業方針の決定 / p29 (0037.jp2)
  14. 3 BSCSの組織 / p32 (0040.jp2)
  15. 4 BSCSの初期の事業-基本となる3種類の教科書の編集 / p36 (0044.jp2)
  16. 5 その他の教材の作成 / p39 (0047.jp2)
  17. 6 BSCSが未解決としている問題 / p43 (0051.jp2)
  18. 【引用文献および注(第1部第1章)】 / p45 (0053.jp2)
  19. 第2章 BSCS教科書の理念と特徴 / p47 (0055.jp2)
  20. 第1節 従来の生物教育の問題点の把握 / p47 (0055.jp2)
  21. 1 BSCS運営委員会による分析 / p47 (0055.jp2)
  22. 2 従来のカリキュラム改善の試みに対する反省 / p50 (0058.jp2)
  23. 第2節 BSCSの基本理念 / p53 (0061.jp2)
  24. 1 BSCSの基本理念 / p53 (0061.jp2)
  25. 2 生物界の構成レベル / p57 (0065.jp2)
  26. 3 BSCS各版教科書の共通テーマ / p65 (0073.jp2)
  27. 第3節 BSCS教科書の特徴 / p74 (0082.jp2)
  28. 1 基本的な教科書(3種類)の概要 / p74 (0082.jp2)
  29. 2 従来の教科書とBSCS教科書との比較 / p85 (0093.jp2)
  30. 3 BSCSの教材観 / p89 (0097.jp2)
  31. 【引用文献(第1部第2章)】 / p92 (0100.jp2)
  32. 第2部 BSCSプロジェクトと日本の生物教育 / p93 (0101.jp2)
  33. 第1章 BSCSの日本への導入 / p93 (0101.jp2)
  34. 第1節 BSCS以前の日本の高等学校生物教育 / p93 (0101.jp2)
  35. 1 新制高等学校発足期の生物教育 / p93 (0101.jp2)
  36. 2 生活単元学習時代の生物教育 / p98 (0106.jp2)
  37. 3 系統学習への移行期における生物教育 / p102 (0110.jp2)
  38. 第2節 BSCSの日本への導入と研究活動 / p108 (0116.jp2)
  39. 1 日本におけるBSCS研究の始まり / p108 (0116.jp2)
  40. 2 日本BSCS委員会の活動 / p113 (0121.jp2)
  41. 第3節 BSCSに関する研修・研究活動とその影響 / p116 (0124.jp2)
  42. 1 各種研究団体・教育センター等における活動とその影響 / p116 (0124.jp2)
  43. 2 科学研究費による研究グループによる活動例 / p121 (0129.jp2)
  44. 【引用文献および注(第2部第1章)】 / p123 (0131.jp2)
  45. 第2章 BSCSと日本の生物教育 / p126 (0134.jp2)
  46. 第1節 学習指導要領に対するBSCSの影響 / p126 (0134.jp2)
  47. 1 昭和45年版高等学校学習指導要領の概要 / p127 (0135.jp2)
  48. 2 内容分野別に見る学習指導要領改訂 / p130 (0138.jp2)
  49. 3 「探究の過程」の取り扱い / p141 (0149.jp2)
  50. 第2節 日本の生物教科書に対するBSCSの影響 / p144 (0152.jp2)
  51. 1 BSCS以後、学習指導要領改訂以前の教科書への影響 / p144 (0152.jp2)
  52. 2 学習指導要領改訂(昭和45年)後の教科書への影響 / p160 (0168.jp2)
  53. 【引用文献および注(第2部第2章)】 / p165 (0173.jp2)
  54. 第3章 日本の教科書中の生物教育用語からみたBSCSの影響 / p167 (0175.jp2)
  55. 第1節 研究の目的と方法 / p167 (0175.jp2)
  56. 1 研究の目的 / p167 (0175.jp2)
  57. 2 研究の方法 / p168 (0176.jp2)
  58. 第2節 研究の結果と考察 / p173 (0181.jp2)
  59. 1 生物教育用語の集計結果 / p173 (0181.jp2)
  60. 2 生物教育用語の一覧 / p176 (0184.jp2)
  61. 3 考察と結論 / p177 (0185.jp2)
  62. 【引用文献(第2部第3章)】 / p179 (0187.jp2)
  63. 終章 研究のまとめ / p180 (0188.jp2)
  64. 1 第1部(BSCSプロジェクトの成立とその理念)のまとめ / p180 (0188.jp2)
  65. 2 第2部(BSCSプロジェクトと日本の生物教育)のまとめ / p183 (0191.jp2)
  66. 3 総合的考察と結論 / p187 (0195.jp2)
  67. 【引用文献(終章)】 / p191 (0199.jp2)
  68. =主要参考文献= / p192 (0200.jp2)
  69. =資料= / (0205.jp2)
  70. 表1 (1) 第2期以前から用いられていた生物教育用語(細胞関係) / p1 (0206.jp2)
  71. 1(2) 第3期以後に出現した生物教育用語(細胞関係) / p10 (0207.jp2)
  72. 表2(1) 第2期以前から用いられていた生物教育用語(代謝関係) / p13 (0219.jp2)
  73. 2(2) 第3期以後に出現した生物教育用語(代謝関係) / p24 (0230.jp2)
  74. 表3(1) 第2期以前から用いられていた生物教育用語(恒常性関係) / p32 (0238.jp2)
  75. 3(2) 第3期以後に出現した生物教育用語(恒常性関係) / p48 (0254.jp2)
  76. 表4(1) 第2期以前から用いられていた生物教育用語(発生関係) / p58 (0264.jp2)
  77. 4(2) 第3期以後に出現した生物教育用語(発生関係) / p67 (0273.jp2)
  78. 表5(1) 第2期以前から用いられていた生物教育用語(遺伝関係) / p71 (0277.jp2)
  79. 5(2) 第3期以後に出現した生物教育用語(遺伝関係) / p74 (0280.jp2)
  80. 表6(1) 第2期以前から用いられていた生物教育用語(進化関係) / p78 (0284.jp2)
  81. 6(2) 第3期以後に出現した生物教育用語(進化関係) / p83 (0289.jp2)
  82. 表7(1) 第2期以前から用いられていた生物教育用語(生態関係) / p86 (0292.jp2)
  83. 7(2) 第3期以後に出現した生物教育用語(生態関係) / p95 (0302.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115130
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953234
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279444
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ