ディーゼル噴霧内における混合気濃度計測法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 護 スズキ, マモル

書誌事項

タイトル

ディーゼル噴霧内における混合気濃度計測法に関する研究

著者名

鈴木, 護

著者別名

スズキ, マモル

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2529号

学位授与年月日

1994-02-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.3 従来の研究 / p4 (0007.jp2)
  6. 1.4 本研究の特質 / p29 (0019.jp2)
  7. 1.5 本論文の構成 / p32 (0021.jp2)
  8. 第2章 ディーゼル噴霧内燃料蒸気・液滴濃度分布の計測法 / p33 (0021.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p33 (0021.jp2)
  10. 2.2 噴霧内燃料蒸気・液滴濃度分布の分離計測 / p34 (0022.jp2)
  11. 2.3 噴霧内燃料濃度の3次元的計測へのCT法導入 / p58 (0034.jp2)
  12. 2.4 実験装置および実験方法 / p82 (0046.jp2)
  13. 2.5 結言 / p88 (0049.jp2)
  14. 第3章 吸光度と燃料蒸気濃度との関係 / p89 (0049.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p89 (0049.jp2)
  16. 3.2 測定方法 / p90 (0050.jp2)
  17. 3.3 吸光度と燃料蒸気濃度との関係(検量線) / p92 (0051.jp2)
  18. 3.4 吸光係数におよぼす雰囲気圧力、温度の影響 / p99 (0054.jp2)
  19. 3.5 結言 / p101 (0055.jp2)
  20. 第4章 本計測法の特徴ならびに測定精度 / p102 (0056.jp2)
  21. 4.1 緒言 / p102 (0056.jp2)
  22. 4.2 本計測法の特徴 / p102 (0056.jp2)
  23. 4.3 本計測法の誤差 / p105 (0057.jp2)
  24. 4.4 結言 / p110 (0060.jp2)
  25. 第5章 高温高圧雰囲気中に噴射されたディーゼル噴霧内燃料濃度分布の解析 / p111 (0060.jp2)
  26. 5.1 緒言 / p111 (0060.jp2)
  27. 5.2 実験条件 / p112 (0061.jp2)
  28. 5.3 自由噴霧の解析結果 / p113 (0061.jp2)
  29. 5.4 衝突噴霧の解析結果 / p131 (0070.jp2)
  30. 5.5 結言 / p144 (0077.jp2)
  31. 第6章 噴霧内雰囲気導入特性の解析 / p146 (0078.jp2)
  32. 6.1 緒言 / p146 (0078.jp2)
  33. 6.2 噴霧内雰囲気導入量の解析原理 / p148 (0079.jp2)
  34. 6.3 解析条件 / p150 (0080.jp2)
  35. 6.4 自由噴霧における雰囲気温度の影響 / p151 (0080.jp2)
  36. 6.5 衝突噴霧における衝突距離の影響 / p155 (0082.jp2)
  37. 6.6 自由噴霧と垂直衝突噴霧との比較 / p158 (0084.jp2)
  38. 6.7 結言 / p161 (0085.jp2)
  39. 第7章 高圧噴射ディーゼル噴霧の混合気形成過程 / p162 (0086.jp2)
  40. 7.1 緒言 / p162 (0086.jp2)
  41. 7.2 実験条件 / p166 (0088.jp2)
  42. 7.3 自由噴霧における解析結果 / p168 (0089.jp2)
  43. 7.4 垂直衝突噴霧の解析結果 / p175 (0092.jp2)
  44. 7.5 結言 / p186 (0098.jp2)
  45. 第8章 モデル燃焼室内における燃料液滴、蒸気の挙動 / p187 (0098.jp2)
  46. 8.1 緒言 / p187 (0098.jp2)
  47. 8.2 燃料噴霧挙動の解析原理 / p191 (0100.jp2)
  48. 8.3 噴射圧力の影響 / p194 (0102.jp2)
  49. 8.4 燃焼室キャビティ半径の影響 / p197 (0103.jp2)
  50. 8.5 ノズル突出量およびトップクリアランスの影響 / p200 (0105.jp2)
  51. 8.6 噴霧衝突角度の影響 / p205 (0107.jp2)
  52. 8.7 雰囲気温度の影響 / p208 (0109.jp2)
  53. 8.8 結言 / p211 (0110.jp2)
  54. 第9章 結論 / p212 (0111.jp2)
  55. 主な記号 / p219 (0114.jp2)
  56. 参考文献 / p224 (0117.jp2)
  57. 謝辞 / p238 (0124.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115150
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115408
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279464
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ