T.パーソンズ規範論の教育社会学的研究 : 学級秩序の理論的考察

この論文をさがす

著者

    • 高旗, 正人, 1937- タカハタ, マサト

書誌事項

タイトル

T.パーソンズ規範論の教育社会学的研究 : 学級秩序の理論的考察

著者名

高旗, 正人, 1937-

著者別名

タカハタ, マサト

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第2539号

学位授与年月日

1994-02-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序 研究の目的と意義 / p1 (0006.jp2)
  3. I 目的 / p1 (0006.jp2)
  4. II 動機ならびに背景 / p1 (0006.jp2)
  5. III 先行研究の概観 / p3 (0008.jp2)
  6. Ⅳ 研究の方法 / p7 (0012.jp2)
  7. 第1章 秩序としての規範 / p9 (0014.jp2)
  8. I 社会体系としての学級 / p9 (0014.jp2)
  9. II 初期行為理論における秩序と規範 / p11 (0016.jp2)
  10. III 中期行為理論における規範の位置 / p18 (0023.jp2)
  11. 第2章 規範の内面化:人格の側面 / p37 (0042.jp2)
  12. I 規範の内面化 / p37 (0042.jp2)
  13. II 行為体系のメカニズム / p38 (0043.jp2)
  14. III 動機づけの社会化と規範の学習 / p46 (0051.jp2)
  15. 第3章 規範と社会統制:逸脱の統制 / p60 (0065.jp2)
  16. I 規範の内面化と逸脱行動 / p60 (0065.jp2)
  17. II 逸脱の発生 / p62 (0067.jp2)
  18. III 逸脱的志向の方向 / p66 (0071.jp2)
  19. IV 社会統制のメカニズム / p69 (0074.jp2)
  20. V 逸脱行動と社会統制のメカニズムとの関連 / p73 (0078.jp2)
  21. VI 社会統制と社会化の関係 / p77 (0082.jp2)
  22. 第4章 学級の秩序特性 / p85 (0090.jp2)
  23. I 組織類型からみた学級 / p85 (0090.jp2)
  24. II 下位体系としての学級の構造と機能 / p89 (0094.jp2)
  25. III 制度的統合 / p98 (0103.jp2)
  26. IV 課題解決過程と規範の形成 / p104 (0109.jp2)
  27. 第5章 学級秩序研究からみた解釈的パラダイムの検討 / p117 (0122.jp2)
  28. I ファーロングの相互作用セット論 / p118 (0123.jp2)
  29. II メハンの相互作用能力論 / p123 (0128.jp2)
  30. III 日本における解釈的パラダイム / p127 (0132.jp2)
  31. IV 二つの学級観の対比 / p132 (0137.jp2)
  32. 結語 / p138 (0143.jp2)
  33. 引用・参考文献 / p144 (0149.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115160
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115418
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279474
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ