理科教育的視点からみた戦後ドイツの郷土科の革新

この論文をさがす

著者

    • 宮野, 純次, 1958- ミヤノ, ジュンジ

書誌事項

タイトル

理科教育的視点からみた戦後ドイツの郷土科の革新

著者名

宮野, 純次, 1958-

著者別名

ミヤノ, ジュンジ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第2541号

学位授与年月日

1994-02-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p1 (0003.jp2)
  3. 序章 研究の意図と方法 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1節 本論文の目的 / p2 (0008.jp2)
  5. 第2節 研究の視点と方法 / p5 (0011.jp2)
  6. 第3節 先行研究の概要 / p6 (0012.jp2)
  7. 第1章 郷土科成立期における社会的背景 / p14 (0020.jp2)
  8. 第1節 19世紀におけるドイツの科学教育 / p15 (0021.jp2)
  9. 1 19世紀のドイツ社会と科学教育 / p15 (0021.jp2)
  10. 2 初等普通教育制度の普及と初等理科教育 / p20 (0026.jp2)
  11. 3 体系的分科的理科教授思想と総合教育思想 / p23 (0029.jp2)
  12. 第2節 郷土科の理念的萌芽と郷土科論 / p26 (0032.jp2)
  13. 1 教授原理としての郷土科 / p26 (0032.jp2)
  14. 2 教科論としての郷土科 / p30 (0036.jp2)
  15. 3 総合理科的郷土科論 / p33 (0039.jp2)
  16. 第3節 国民学校における実科の新設 / p45 (0051.jp2)
  17. 第2章 郷土科の成立と理科教育的意義 / p48 (0054.jp2)
  18. 第1節 合科教授思想と郷土科教育 / p49 (0055.jp2)
  19. 1 諸教科統合の理念と合科教授運動 / p49 (0055.jp2)
  20. 2 ライピチッヒの合科教授 / p51 (0057.jp2)
  21. 第2節 郷土科の成立 / p55 (0061.jp2)
  22. 1 基礎学校における郷土科の特設 / p55 (0061.jp2)
  23. 2 ミュンヘンの場合 / p58 (0064.jp2)
  24. 第3節 郷土科の体系と理科教育的意義 / p60 (0066.jp2)
  25. 1 郷土科における原理 / p60 (0066.jp2)
  26. 2 郷土科における内容構成 / p62 (0068.jp2)
  27. 3 郷土科の理科教育的意義 / p64 (0070.jp2)
  28. 第3章 旧東ドイツにおける郷土科 / p67 (0073.jp2)
  29. 第1節 郷土科における初等理科教育 / p68 (0074.jp2)
  30. 1 教育目的と教育制度 / p68 (0074.jp2)
  31. 2 郷土科の位置づけ / p70 (0076.jp2)
  32. 3 郷土科における理科的領域 / p72 (0078.jp2)
  33. 第2節 戦後における郷土科の変遷 / p78 (0084.jp2)
  34. 1 戦後数年間の初等理科教育 / p78 (0084.jp2)
  35. 2 1951年の郷土科の廃止 / p79 (0085.jp2)
  36. 3 1955年の郷土科の再導入 / p80 (0086.jp2)
  37. 4 1959年の科目「郷土科的直観」の導入 / p80 (0086.jp2)
  38. 5 1967年の科目「郷土科」の導入 / p82 (0088.jp2)
  39. 第3節 新旧学習指導要領における理科的領域の取り扱い / p87 (0093.jp2)
  40. 1 学習指導要領改訂の経緯 / p87 (0093.jp2)
  41. 2 改訂の理由と課題 / p89 (0095.jp2)
  42. 3 改訂の内容 / p91 (0097.jp2)
  43. 第4節 郷土科と就学前教育との関連 / p100 (0106.jp2)
  44. 1 幼稚園に関する法的規定 / p100 (0106.jp2)
  45. 2 幼稚園教育要領 / p102 (0108.jp2)
  46. 3 幼稚園における理科的領域 / p104 (0110.jp2)
  47. 第5節 郷土科と学校園科との関連 / p112 (0118.jp2)
  48. 1 学校園科導入の経緯 / p112 (0118.jp2)
  49. 2 学校園科の学習目標 / p113 (0119.jp2)
  50. 3 学校園科の学習内容 / p115 (0121.jp2)
  51. 第4章 旧西ドイツにおける郷土科とそれへの事象教授の導入 / p124 (0130.jp2)
  52. 第1節 旧西ドイツにおける郷土科 / p125 (0131.jp2)
  53. 1 教育目的と教育制度 / p125 (0131.jp2)
  54. 2 基礎学校における郷土科 / p126 (0132.jp2)
  55. 第2節 郷土科から事象教授へ / p134 (0140.jp2)
  56. 1 基礎学校改革の必要性 / p134 (0140.jp2)
  57. 2 合科教授及び郷土科に対する批判 / p136 (0142.jp2)
  58. 3 事象教授の成立 / p139 (0145.jp2)
  59. 4 事象教授における理科的領域 / p145 (0151.jp2)
  60. 第3節 事象教授における初等理科教育-邦の事例 / p158 (0164.jp2)
  61. 1 ノルトライン・ヴェストファーレン邦の場合 / p158 (0164.jp2)
  62. 2 ヘッセン邦の場合 / p170 (0176.jp2)
  63. 3 バーデン・ビュルテンベルク邦の場合 / p173 (0179.jp2)
  64. 第4節 旧東ドイツの郷土科と旧西ドイツの事象教授 / p189 (0195.jp2)
  65. 1 旧東・西ドイツにおける教育制度の対比 / p189 (0195.jp2)
  66. 2 郷土科と事象教授 / p191 (0197.jp2)
  67. 3 郷土科と事象教授における初等理科教育 / p193 (0199.jp2)
  68. 第5章 事象教授の限界と「郷土及び事象教授」への新展開 / p206 (0212.jp2)
  69. 第1節 事象教授への批判 / p207 (0213.jp2)
  70. 1 「学問志向」の解釈とカリキュラム構想の展開 / p207 (0213.jp2)
  71. 2 基礎学校改革批判と事象教授 / p210 (0216.jp2)
  72. 3 1980年代における事象教授の改革 / p212 (0218.jp2)
  73. 第2節 事象教授の新展開-邦の事例 / p215 (0221.jp2)
  74. 1 ノルトライン・ヴェストファーレン邦の場合 / p216 (0222.jp2)
  75. 2 バイエルン邦の場合 / p221 (0227.jp2)
  76. 3 バーデン・ビュルテンベルク邦の場合 / p226 (0232.jp2)
  77. 第3節 統一ドイツにおける初等理科教育の変革の動向 / p230 (0236.jp2)
  78. 1 教育改革の動向 / p230 (0236.jp2)
  79. 2 初等理科教育 / p232 (0238.jp2)
  80. 終章 まとめと「郷土及び事象教授」の課題と展望 / p238 (0244.jp2)
  81. 1 研究のまとめ / p239 (0245.jp2)
  82. 2 「郷土及び事象教授」の課題と展望 / p243 (0249.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115162
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115420
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279476
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ