イェイツとオリエンタリズム : 解釈学的立場から

この論文をさがす

著者

    • 山崎, 弘行, 1943- ヤマサキ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

イェイツとオリエンタリズム : 解釈学的立場から

著者名

山崎, 弘行, 1943-

著者別名

ヤマサキ, ヒロユキ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

乙第2543号

学位授与年月日

1994-03-03

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. まえがき / p1 (0004.jp2)
  3. 序説 / p3 (0006.jp2)
  4. 第1章 複雑な意味と無意識的意味への接近法-ハーシュの解釈理論を中心に- / p17 (0020.jp2)
  5. 第2章 オリエンタリズムと作者の主体性-サイードのデイスコース観について- / p34 (0037.jp2)
  6. 第3章 イェイツのヘーゲル観の二重性について-循環史観対進歩主義史観- / p68 (0071.jp2)
  7. 第4章『幻想録』とオリエンタリズム-イェイツのキリスト教観を中心に- / p108 (0111.jp2)
  8. 第5章 サイードのイェイツ解釈をめぐって-「再臨」を中心に- / p159 (0162.jp2)
  9. 第6章 イェイツと顕在的オリエンタリズム-「彫像」を中心に- / p199 (0202.jp2)
  10. 第7章 イェイツと潜在的オリエンタリズム-アイルランド、インド、日本、および中国との関連で- / p224 (0227.jp2)
  11. 第8章 イェイツにおけるロマン主義とオリエンタリズム-アラブ・イスラム関係の詩を中心に- / p276 (0279.jp2)
  12. 第9章 イェイツの女性観の2重性-精神主義対自然主義- / p304 (0307.jp2)
  13. 第10章 アジア的文明とヨーロッパ的文明のはざまで-「レダと白鳥」を中心に- / p334 (0337.jp2)
  14. 第11章 イェイツの存在論的葛藤-「学童たちの間で」を中心に- / p354 (0357.jp2)
  15. 第12章 イェイツの墓碑銘とオリエンタリズム-西洋的死生観対東洋的死生観- / p431 (0434.jp2)
  16. 結論 中心の哲学の詩人としてのイェイツ / p460 (0463.jp2)
  17. 参考文献 / p464 (0467.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115164
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115422
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279478
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ