RIミサイル制癌剤におけるペンダント型大環状キレート剤の研究

この論文をさがす

著者

    • 竹之内, 一弥 タケノウチ, カズヤ

書誌事項

タイトル

RIミサイル制癌剤におけるペンダント型大環状キレート剤の研究

著者名

竹之内, 一弥

著者別名

タケノウチ, カズヤ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第2548号

学位授与年月日

1994-03-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1-1 癌化学療法の現状 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-2 ミサイル制癌剤 / p2 (0008.jp2)
  5. 1-3 RIミサイル / p2 (0008.jp2)
  6. 1-4 RIミサイル用核種の選定 / p4 (0009.jp2)
  7. 1-5 ⁹⁰Yミサイル現状と問題点 / p6 (0010.jp2)
  8. 1-6 本研究の目標と方策 / p8 (0011.jp2)
  9. 1-7 本研究の概要 / p9 (0011.jp2)
  10. 第2章 コンプレクサン構造を有する大環状BCAの合成と血清中安定性 / p14 (0014.jp2)
  11. 2-1 環状コンプレクサンの[化学式]との錯生成定数および錯生成速度 / p14 (0014.jp2)
  12. 2-2 コンプレクサン構造を有する大環状BCAの合成 / p17 (0015.jp2)
  13. 2-3 ペーパークロマトグラフィー法による大環状[化学式]錯体の血清中安定性 / p23 (0018.jp2)
  14. 2-4 Bz-DOTAの[化学式]錯体生成速度 / p27 (0020.jp2)
  15. 第3章 TRTAおよびTETA骨格を有するペンダント型大環状BCAの合成と錯生成速度促進効果、および血清中安定性 / p30 (0022.jp2)
  16. 3-1 TRTAおよびTETA骨格を有するペンダント型大環状BCAの合成 / p32 (0023.jp2)
  17. 3-2 TRTA骨格を有するペンダント型大環状BCAの錯生成速度促進効果 / p34 (0024.jp2)
  18. 3-3 TRTA骨格を有するペンダント型大環状[化学式]錯体の血清中安定性 / p35 (0024.jp2)
  19. 第4章 DOTA骨格を有するペンダント型大環状BCAの合成と錯生成速度促進効果、および血清中安定性 / p38 (0026.jp2)
  20. 4-1 DOTA骨格を有するペンダント型大環状BCAの合成 / p39 (0026.jp2)
  21. 4-2 DOTA骨格を有するペンダント型大環状BCAの錯生成速度促進効果 / p43 (0028.jp2)
  22. 4-3 DOTA骨格を有するペンダント型大環状[化学式]錯体の血清中安定性 / p45 (0029.jp2)
  23. 第5章 実験の部 / p47 (0030.jp2)
  24. 第6章 結論 / p64 (0039.jp2)
  25. 6-1 本論文のまとめ / p64 (0039.jp2)
  26. 6-2 今後の展望 / p67 (0040.jp2)
  27. 引用文献 / p69 (0041.jp2)
  28. 原著リスト / p72 (0043.jp2)
  29. 謝辞 / p73 (0043.jp2)
  30. Reversible Permeability Control of a Polypeptide Membrane by Electrochemical Redox Reactions in Side Chain Ferrocene Groups / p558 (0048.jp2)
  31. CONSTRUCTION OF CHIRAL QUARTERNARY CARBON CENTERS USING 3-SUBSTITUTED 5-TRIMETHYLSILYL-2-CYCLOHEXENONES:SYNTHESIS OF(+)-α-CUPARENONE / p325 (0049.jp2)
  32. Synthesis of(R)-(+)-4-Butyl-2,6-cycloheptadienone,a Constituent of Marine Algae / (0052.jp2)
  33. A Facile Synthesis of(-)-β-Vetivone / (0055.jp2)
  34. Permeability-controllable Membranes. Part 8.¹ Electrical Redox Sensitive Permeation through a Multibilayer-immobilized Film Containing a Ferrocenyl Group as a Redox Site / p835 (0057.jp2)
  35. Permeability-Controllable Membranes.9.¹ Electrochemical Redox-Sensitive Gate Membranes of Polypeptide Films Having Ferrocene Groups in the Side Chains² / (0062.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115169
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115427
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279483
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ