日本近代「家」制度の研究 : 乃木伯爵家問題を通じて

この論文をさがす

著者

    • 井戸田, 博史 イドタ, ヒロフミ

書誌事項

タイトル

日本近代「家」制度の研究 : 乃木伯爵家問題を通じて

著者名

井戸田, 博史

著者別名

イドタ, ヒロフミ

学位授与大学

國學院大學

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第117号

学位授与年月日

1994-07-06

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p5 (0005.jp2)
  2. はしがき / p1 (0003.jp2)
  3. 第一章 乃木伯爵家絶家再興問題の概略 / p15 (0010.jp2)
  4. 第一節 乃木家問題の経緯 / p15 (0010.jp2)
  5. 第二節 乃木伯爵家絶家再興問題の要旨 / p17 (0011.jp2)
  6. 第二章 乃木家・乃木希典および毛利(乃木)元智 / p21 (0013.jp2)
  7. 第一節 乃木家 / p21 (0013.jp2)
  8. 第二節 乃木家の本家分家関係-本家争い- / p29 (0017.jp2)
  9. 第三節 乃木希典と妻静子 / p32 (0019.jp2)
  10. 一 乃木希典 / p33 (0019.jp2)
  11. 二 乃木静子 / p35 (0020.jp2)
  12. 第四節 毛利(乃木)元智 / p36 (0021.jp2)
  13. 第五節 次弟正誼と玉木家 / p38 (0022.jp2)
  14. 第六節 末弟集作と大館家 / p40 (0023.jp2)
  15. 第三章 乃木希典の養子否定論と絶家思想 / p50 (0028.jp2)
  16. 第一節 希典の養子否定論と絶家思想-原因- / p50 (0028.jp2)
  17. 第二節 希典の養子否定論と絶家思想-変遷- / p54 (0030.jp2)
  18. 第三節 希典の養子否定論と絶家思想-その背景にあるもの- / p61 (0033.jp2)
  19. 一 希典のとった養子論-他姓養子否定論- / p61 (0033.jp2)
  20. 二 希典のすてた養子論-他姓養子肯定論- / p63 (0034.jp2)
  21. 三 他姓養子否定論と肯定論 / p65 (0035.jp2)
  22. 第四節 希典の養子否定論と絶家思想の意義 / p66 (0036.jp2)
  23. 一 法的意義 / p66 (0036.jp2)
  24. 二 血族性か系譜性か / p70 (0038.jp2)
  25. 三 家族国家観からの意義 / p71 (0038.jp2)
  26. 第四章 乃木伯爵家絶家再興の経緯と世論 / p75 (0040.jp2)
  27. 第一節 乃木家の絶家措置 / p75 (0040.jp2)
  28. 一 自刃の時刻 / p75 (0040.jp2)
  29. 二 遺言の執行 / p77 (0041.jp2)
  30. 第二節 乃木伯爵家再興の経緯 / p90 (0048.jp2)
  31. 一 乃木伯爵家再興への動き / p90 (0048.jp2)
  32. 二 新乃木伯爵家成立後の動き / p101 (0053.jp2)
  33. 第三節 乃木伯爵家問題と世論 / p104 (0055.jp2)
  34. 第五章 乃木伯爵家絶家の法的問題 / p114 (0060.jp2)
  35. 第一節 絶家の遺言 / p114 (0060.jp2)
  36. 第二節 絶家の意味とその時期 / p117 (0061.jp2)
  37. 第三節 単身戸主死亡による絶家 / p118 (0062.jp2)
  38. 第四節 希典遺言の有効性 / p121 (0063.jp2)
  39. 第六章 乃木伯爵家「再興」の法的問題 / p129 (0067.jp2)
  40. 第一節 絶家再興と一家創立 / p129 (0067.jp2)
  41. 一 絶家再興 / p129 (0067.jp2)
  42. 二 一家創立 / p137 (0071.jp2)
  43. 第二節 新乃木伯爵家の成立 / p141 (0073.jp2)
  44. 一 聖旨・御沙汰書の主旨 / p141 (0073.jp2)
  45. 二 「再興」の法的方法 / p142 (0074.jp2)
  46. 三 実際にとられた措置 / p146 (0076.jp2)
  47. 第三節 新乃木伯爵家の法的性質-法的連続性- / p148 (0077.jp2)
  48. 第七章 新乃木伯爵家と氏-「再興」の法的効果(1)- / p156 (0081.jp2)
  49. 第一節 一家創立・分家と氏 / p157 (0081.jp2)
  50. 一 一家創立と氏 / p157 (0081.jp2)
  51. 二 分家と氏 / p160 (0083.jp2)
  52. 第二節 乃木家「再興」と氏 / p163 (0084.jp2)
  53. 一 違法説 / p163 (0084.jp2)
  54. 二 合法説 / p167 (0086.jp2)
  55. 三 批判と弁護 / p169 (0087.jp2)
  56. 四 元智改名案 / p176 (0091.jp2)
  57. 第八章 乃木伯爵家絶家再興と祖先祭祀-「再興」の法的効果(2)- / p184 (0095.jp2)
  58. 第一節 乃木伯爵家絶家と祖先祭祀 / p184 (0095.jp2)
  59. 第二節 乃木伯爵家「再興」と祖先祭祀 / p187 (0096.jp2)
  60. 一 経緯 / p187 (0096.jp2)
  61. 二 法的意義 / p190 (0098.jp2)
  62. 三 論争 / p192 (0099.jp2)
  63. 第九章 乃木伯爵家絶家再興問題の歴史的意義 / p196 (0101.jp2)
  64. 第一節 時代背景 / p196 (0101.jp2)
  65. 第二節 国家法体制と「家」 / p198 (0102.jp2)
  66. 第三節 乃木伯爵家問題の歴史的意義-家族国家観を中心として- / p202 (0104.jp2)
  67. 第十章 乃木元智伯爵家の廃家 / p213 (0109.jp2)
  68. 第一節 爵位返上と乃木元智伯爵家の廃家 / p214 (0110.jp2)
  69. 一 爵位と家名の返上 / p214 (0110.jp2)
  70. 二 辞爵の原因 / p217 (0111.jp2)
  71. 三 辞爵の経緯 / p219 (0112.jp2)
  72. 四 爵位・家名の返上の法的手続 / p225 (0115.jp2)
  73. 第二節 爵位と家名の返上についての世論 / p231 (0118.jp2)
  74. 第三節 爵位と家名の返上後の毛利元智 / p233 (0119.jp2)
  75. 乃木伯爵家絶家再興問題資料編 / p241 (0123.jp2)
  76. A 乃木希典遺言書 / p253 (0129.jp2)
  77. B 乃木家・乃木希典・毛利(乃木)元智等 / p263 (0134.jp2)
  78. C 乃木希典の養子否定論と絶家思想 / p313 (0159.jp2)
  79. D 乃木伯爵家再興の経緯 / p337 (0171.jp2)
  80. E 乃木元智伯爵家の廃家 / p389 (0197.jp2)
  81. F『乃木将軍及同夫人死体検案始末』 / p413 (0209.jp2)
  82. G『乃木家跡始末』(東京乃木神社所蔵) / p424 (0215.jp2)
  83. H『乃木家後始末二関スル業務日誌』(玉木正之 栃木県那須野乃木神社所蔵) / p495 (0250.jp2)
  84. I『長府毛利家文書』(長府図書館所蔵) / p540 (0273.jp2)
  85. 付表 / p562 (0284.jp2)
  86. 付表1 乃木伯爵家絶家再興編年史 / p562 (0284.jp2)
  87. 付表2 毛利一族有爵状況(昭和三年七月現在) / p572 (0289.jp2)
  88. 付表3 乃木希典家の祭祀財産等の引渡し / p575 (0290.jp2)
  89. 著者略歴 / (0298.jp2)
  90. はしがき / p1 (0304.jp2)
  91. 第一章 法的家族像と家族法制-国家政策と法- / p3 (0311.jp2)
  92. 一 はじめに / p3 (0311.jp2)
  93. 二 明治民法への道 / p4 (0312.jp2)
  94. 三 明治民法の「家」 / p13 (0316.jp2)
  95. 四 「家」の動揺と民法典の再編化 / p18 (0319.jp2)
  96. 五 「家」からの解放 / p25 (0322.jp2)
  97. 六 結びにかえて / p27 (0323.jp2)
  98. 第二章 わが国の苗字法制-明治前期を中心として- / p35 (0327.jp2)
  99. 一 はじめに / p35 (0327.jp2)
  100. 二 特権としての苗字 / p39 (0329.jp2)
  101. 三 平民苗字許容令-苗字の自由 / p49 (0334.jp2)
  102. 四 平民苗字必称令-苗字の強制 / p53 (0336.jp2)
  103. 五 「創氏」をめぐる若干の事例 / p55 (0337.jp2)
  104. 六 結びにかえて / p63 (0341.jp2)
  105. 第三章 夫婦の氏-明治民法施行前を中心として- / p70 (0345.jp2)
  106. 一 はじめに / p70 (0345.jp2)
  107. 二 布告法にみる「夫婦別氏」-所生の氏 / p74 (0347.jp2)
  108. 三 庶民にみる「夫婦同氏」 / p77 (0348.jp2)
  109. 四 立法にみる「夫婦同氏」 / p84 (0352.jp2)
  110. 五 結びにかえて / p88 (0354.jp2)
  111. 第四章 夫婦別氏論 / p96 (0358.jp2)
  112. 一 はじめに-問題の背景 / p96 (0358.jp2)
  113. 二 夫婦同氏制の問題 / p98 (0359.jp2)
  114. 三 夫婦別氏論の展開と類型 / p102 (0361.jp2)
  115. 四 実施上の問題 / p108 (0364.jp2)
  116. 五 結びにかえて / p114 (0367.jp2)
  117. 第五章 離婚配偶者の氏の変更-昭和五一年法改正以後の判例動向- / p127 (0373.jp2)
  118. 一 はじめに / p127 (0373.jp2)
  119. 二 法改正後の審判・決定の傾向 / p129 (0374.jp2)
  120. 三 離婚配偶者の氏変更許否基準 / p134 (0377.jp2)
  121. 四 結びにかえて-若干の検討 / p143 (0381.jp2)
  122. 第六章 戸籍制度とプライバシー / p160 (0390.jp2)
  123. 一 はじめに / p160 (0390.jp2)
  124. 二 戸籍公開制度の立法過程-明治三一年戸籍法制定前 / p162 (0391.jp2)
  125. 三 戸籍公開とその制限の法定 / p169 (0394.jp2)
  126. 四 戸籍公開とプライバシー-戸籍公開制度への批判 / p173 (0396.jp2)
  127. 五 戸籍公開制度の制限 / p175 (0397.jp2)
  128. 六 結びにかえて / p177 (0398.jp2)
  129. 第七章 祭祀条項の改正と法構造 / p183 (0401.jp2)
  130. 一 はじめに / p183 (0401.jp2)
  131. 二 明治民法における祭祀条項 / p184 (0402.jp2)
  132. 三 戦後の祭祀条項改正の経緯 / p186 (0403.jp2)
  133. 四 改正祭祀条項に対する論議 / p196 (0408.jp2)
  134. 五 祭祀条項の法構造 / p201 (0410.jp2)
  135. 六 結びにかえて / p207 (0413.jp2)
  136. 付章(一) 「国名・旧官名禁止令」-堺県若江郡長田村の場合- / p214 (0417.jp2)
  137. 一 はじめに / p214 (0417.jp2)
  138. 二 「国名・旧官名禁止令」 / p217 (0418.jp2)
  139. 三 堺県若江郡長田村の事例 / p228 (0424.jp2)
  140. 四 結びにかえて / p236 (0428.jp2)
  141. 付章(二) 「隣人訴訟」と日本人の法意識 / p239 (0429.jp2)
  142. 一 はじめに / p239 (0429.jp2)
  143. 二 「隣人訴訟」とその反響 / p240 (0430.jp2)
  144. 三 日本人の法意識-裁判意識 / p241 (0430.jp2)
  145. 四 「隣人訴訟」と裁判嫌い / p249 (0434.jp2)
  146. 人名・事項索引 / p1 (0441.jp2)
15アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115181
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001114963
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279495
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ