集住環境計画における「参加」に関する研究 : 相互浸透的プロセスによる「価値づくり」の計画

この論文をさがす

著者

    • 乾, 亨 イヌイ, コウ

書誌事項

タイトル

集住環境計画における「参加」に関する研究 : 相互浸透的プロセスによる「価値づくり」の計画

著者名

乾, 亨

著者別名

イヌイ, コウ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第54号

学位授与年月日

1994-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章:序 / p1 (0003.jp2)
  3. 1-1 研究の目的 / p1 (0003.jp2)
  4. 1-2 研究の背景 / p3 (0004.jp2)
  5. 1-3 集住環境計画論の流れと展望 / p6 (0006.jp2)
  6. 1-4 課題の整理と本稿の位置付け / p10 (0008.jp2)
  7. 1-5 既往「参加」論の再検討 / p13 (0009.jp2)
  8. 1-6 対象事例の位置付け / p23 (0014.jp2)
  9. 1-7 研究方法 / p26 (0016.jp2)
  10. 参考文献及び注 / p29 (0017.jp2)
  11. 第2章:「参加の計画論」の認識論的検討-「近代の方法」の外部へのパラダイムシフト- / p33 (0019.jp2)
  12. 2-1「近代」と「計画」 / p34 (0020.jp2)
  13. 2-2 近代の方法の限界 / p40 (0023.jp2)
  14. 2-3 近代の方法の外部へ向かう「試み」-ポスト・モダンの計画作法 / p47 (0026.jp2)
  15. 参考文献及び注 / p56 (0031.jp2)
  16. 第3章:ユーコートの計画プロセスにおける住み手とコーディネーターの相互浸透性1-住み手の計画側への役割の浸透- / p62 (0034.jp2)
  17. 3-1 はじめに / p62 (0034.jp2)
  18. 3-2 計画の討議・決定システムの概要 / p66 (0036.jp2)
  19. 3-3 理念・規範の存在 / p69 (0037.jp2)
  20. 3-4 計画プロセスにおける住み手の計画側への役割の浸透 / p71 (0038.jp2)
  21. 3-5 本章のまとめ / p77 (0041.jp2)
  22. 参考文献及び注 / p80 (0043.jp2)
  23. 第4章:ユーコートの計画プロセスにおける住み手とコーディネーターの相互浸透性2-コーディネーターの住み手側への立場の浸透- / p83 (0044.jp2)
  24. 4-1 はじめに / p83 (0044.jp2)
  25. 4-2 計画プロセスにおけるコーディネーターと住み手の関わり方 / p83 (0044.jp2)
  26. 4-3「価値づくりの計画」におけるコーディネーターの在り方 / p84 (0045.jp2)
  27. 4-4 計画者参加型計画の特徴 / p90 (0048.jp2)
  28. 4-5 本章のまとめ / p91 (0048.jp2)
  29. 参考文献及び注 / p97 (0051.jp2)
  30. 第5章:既成住宅市街地の共同建替によるまちづくりにおける住み手の「参加」-仕組みのデザインから状況のデザインヘ- / p100 (0053.jp2)
  31. 5-1 はじめに / p100 (0053.jp2)
  32. 5-2 住み手の「つぶやき」を生かす=上尾の共同建替によるまちづくり / p100 (0053.jp2)
  33. 5-3 仕組みのデザインから状況のデザインへ=オクタビア・ヒルとカルチェ・ダムール、2つの共同建替の示すこと / p114 (0060.jp2)
  34. 参考文献及び注 / p132 (0069.jp2)
  35. 第6章:ユーコートと上尾の共同建替をつなぐもの-参加の計画の実践的知の確立に向けて- / p134 (0070.jp2)
  36. 6-1 はじめに / p134 (0070.jp2)
  37. 6-2 2つの事例をつなぐもの / p135 (0070.jp2)
  38. 参考文献及び注 / p152 (0081.jp2)
  39. 第7章:「参加の計画」の実践的「構え」の提起 / p153 (0081.jp2)
  40. 7-1「参加の計画」の実践的知見を「ポスト・モダンの計画作法」として読み解く / p153 (0081.jp2)
  41. 7-2「参加の計画」における専門家像と専門的知の在り方 / p169 (0089.jp2)
  42. 7-3 今後の展望・課題 / p174 (0092.jp2)
  43. 参考文献及び注 / p177 (0093.jp2)
  44. 研究論文一覧 / p179 (0094.jp2)
  45. 謝辞 / p184 (0097.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115211
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115469
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279525
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ