ビスマス系超伝導ガラスセラミックスに関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 隆士 サトウ, リュウジ

書誌事項

タイトル

ビスマス系超伝導ガラスセラミックスに関する基礎的研究

著者名

佐藤, 隆士

著者別名

サトウ, リュウジ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第53号

学位授与年月日

1994-12-07

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  2. §1-1 研究の背景 / p2 (0007.jp2)
  3. §1-2 ビスマス系酸化物高温超伝導体 / p5 (0008.jp2)
  4. §1-2-1 はじめに / p5 (0008.jp2)
  5. §1-2-2 ビスマス系酸化物超伝導体の特徴 / p6 (0009.jp2)
  6. §1-3 ガラスセラミックス / p8 (0010.jp2)
  7. §1-3-1 はじめに / p8 (0010.jp2)
  8. §1-3-2 ガラスセラミックスの特徴 / p8 (0010.jp2)
  9. §1-3-3 ガラスの結晶化過程 / p9 (0010.jp2)
  10. §1-3-4 核生成速度 / p10 (0011.jp2)
  11. §1-3-5 結晶成長速度 / p12 (0012.jp2)
  12. §1-3-6 ガラスの結晶化速度の測定法法 / p16 (0014.jp2)
  13. §1-4 本研究の目的 / p17 (0014.jp2)
  14. §1-5 本論文の構成 / p17 (0014.jp2)
  15. §1-6 参考文献 / p19 (0015.jp2)
  16. 第2章 ビスマス系酸化物ガラスの諸物性 / p23 (0017.jp2)
  17. §2-1 はじめに / p24 (0018.jp2)
  18. §2-2 実験 / p24 (0018.jp2)
  19. §2-2-1 ガラスの作製 / p24 (0018.jp2)
  20. §2-2-2 アモルファス状態の確認 / p25 (0018.jp2)
  21. §2-2-3 化学分析 / p25 (0018.jp2)
  22. §2-2-4 熱分析 / p26 (0019.jp2)
  23. §2-2-5 密度測定 / p26 (0019.jp2)
  24. §2-2-6 粘度測定 / p26 (0019.jp2)
  25. §2-2-7 熱膨張係数 / p27 (0019.jp2)
  26. §2-2-8 電気伝導 / p27 (0019.jp2)
  27. §2-2-9 ガラスの内部構造観察 / p29 (0020.jp2)
  28. §2-3 結果 / p30 (0021.jp2)
  29. §2-3-1 化学組成 / p31 (0021.jp2)
  30. §2-3-2 熱物性 / p33 (0022.jp2)
  31. §2-3-3 ガラスの密度 / p37 (0024.jp2)
  32. §2-3-4 ガラスの粘度 / p38 (0025.jp2)
  33. §2-3-5 ガラスの電気伝導 / p40 (0026.jp2)
  34. §2-3-6 ガラスの低温酸化 / p42 (0027.jp2)
  35. §2-3-7 ガラスの低温酸化の熱物性への影響 / p44 (0028.jp2)
  36. §2-3-8 ガラスの微細構造 / p48 (0030.jp2)
  37. §2-4 考察 / p51 (0031.jp2)
  38. §2-4-1 ガラスの熱安定性 / p51 (0031.jp2)
  39. §2-4-2 ガラスの粘性挙動 / p53 (0032.jp2)
  40. §2-4-3 ガラスの熱膨張 / p54 (0033.jp2)
  41. §2-4-4 ガラスの電気伝導機構 / p54 (0033.jp2)
  42. §2-4-5 熱安定性におよぼす低温酸化の影響 / p58 (0035.jp2)
  43. §2-4-6 ガラスの微細構造 / p60 (0036.jp2)
  44. §2-5 まとめ / p62 (0037.jp2)
  45. §2-6 参考文献 / p64 (0038.jp2)
  46. 第3章 ビスマス系ガラスの結晶化速度論 / p67 (0039.jp2)
  47. §3-1 はじめに / p68 (0040.jp2)
  48. §3-2 結晶化速度式 / p68 (0040.jp2)
  49. §3-3 実験 / p72 (0042.jp2)
  50. §3-3-1 ガラスの作製 / p72 (0042.jp2)
  51. §3-3-2 示差走査熱量計による熱分析 / p72 (0042.jp2)
  52. §3-3-3 析出結晶相の同定 / p72 (0042.jp2)
  53. §3-3-4 結晶析出形態の観察 / p72 (0042.jp2)
  54. §3-4 結果 / p73 (0042.jp2)
  55. §3-4-1 析出結晶相の同定 / p73 (0042.jp2)
  56. §3-4-2 結晶核生成と成長機構 / p76 (0044.jp2)
  57. §3-4-3 結晶成長の活性化エネルギー / p80 (0046.jp2)
  58. §3-5 考察 / p82 (0047.jp2)
  59. §3-5-1 結昌化機構におよぼす銅イオンの価数状態の影響 / p82 (0047.jp2)
  60. §3-5-2 結晶成長の活性化エネルギー / p82 (0047.jp2)
  61. §3-6 まとめ / p86 (0049.jp2)
  62. §3-7 参考文献 / p87 (0049.jp2)
  63. 第4章 超伝導結晶の析出機構 / p89 (0050.jp2)
  64. §4-1 はじめに / p90 (0051.jp2)
  65. §4-2 [化学式]ガラス / p90 (0051.jp2)
  66. §4-2-1 実験 / p90 (0051.jp2)
  67. §4-2-2 結果 / p91 (0051.jp2)
  68. §4-2-3 考察 / p99 (0055.jp2)
  69. §4-2-4 まとめ / p101 (0056.jp2)
  70. §4-3 [化学式]ガラスガラスからの超伝導結晶の生成 / p102 (0057.jp2)
  71. §4-3-1 実験 / p102 (0057.jp2)
  72. §4-3-2 結果 / p103 (0057.jp2)
  73. §4-3-3 考察 / p121 (0066.jp2)
  74. §4-3-4 まとめ / p127 (0069.jp2)
  75. §4-4 参考文献 / p129 (0070.jp2)
  76. 第5章 ガラスセラミックスファイバーの超伝導特性と結晶配向機構 / p130 (0071.jp2)
  77. §5-1 ガラスセラミックスの超伝導特性 / p131 (0071.jp2)
  78. §5-1-1 はじめに / p131 (0071.jp2)
  79. §5-1-2 [化学式]超伝導ガラスセラミックスの特性 / p131 (0071.jp2)
  80. §5-1-3 実験 / p133 (0072.jp2)
  81. §5-1-4 結果 / p136 (0074.jp2)
  82. §5-4-3 熱処理プロセスと超伝導特性 / p141 (0076.jp2)
  83. §5-1-5 考察 / p145 (0078.jp2)
  84. §5-1-6 まとめ / p150 (0081.jp2)
  85. §5-2 ガラスセラミックスの結晶配向機構 / p151 (0081.jp2)
  86. §5-2-1 はじめに / p151 (0081.jp2)
  87. §5-2-2 実験 / p151 (0081.jp2)
  88. §5-2-3 結果 / p152 (0082.jp2)
  89. §5-2-4 考察 / p156 (0084.jp2)
  90. §5-2-5 まとめ / p163 (0087.jp2)
  91. §5-3 参考文献 / p164 (0088.jp2)
  92. 第6章 結論 / p166 (0089.jp2)
  93. 謝辞 / p170 (0091.jp2)
  94. 本研究に関する発表論文 / p172 (0092.jp2)
  95. 本研究に関する国際会議での発表 / p174 (0093.jp2)
  96. その他の超伝導ガラスセラミックスに関する発表論文 / p175 (0093.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115225
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115484
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279539
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ