磁器の高強度化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 雄一 コバヤシ, ユウイチ

書誌事項

タイトル

磁器の高強度化に関する研究

著者名

小林, 雄一

著者別名

コバヤシ, ユウイチ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第71号

学位授与年月日

1994-12-01

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p5 (0005.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p5 (0005.jp2)
  4. 1.2 従来の研究 / p6 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と経過 / p10 (0008.jp2)
  6. 参考文献 / p12 (0009.jp2)
  7. 第2章 曲げ強度の測定法およびその統計処理 / p14 (0010.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p14 (0010.jp2)
  9. 2.2 実験方法 / p15 (0010.jp2)
  10. 2.3 結果と考察 / p16 (0011.jp2)
  11. 2.4 結論 / p22 (0014.jp2)
  12. 参考文献 / p24 (0015.jp2)
  13. 第3章 石英-長石-カオリン系磁器 / p25 (0015.jp2)
  14. 3.1 市販磁器の曲げ強度と微構造 / p25 (0015.jp2)
  15. 参考文献 / p45 (0025.jp2)
  16. 3.2 磁器の曲げ強度に及ぼす焼成温度の効果 / p46 (0026.jp2)
  17. 参考文献 / p61 (0033.jp2)
  18. 3.3 緻密化と曲げ強度に及ぼす石英の効果 / p62 (0034.jp2)
  19. 参考文献 / p80 (0043.jp2)
  20. 第4章 アルミナ添加による磁器の高強度化 / p81 (0043.jp2)
  21. 4.1 アルミナ強化磁器の強度とワイブル分布 / p81 (0043.jp2)
  22. 参考文献 / p96 (0051.jp2)
  23. 4.2 アルミナ-長石-カオリン系磁器の焼結 / p97 (0051.jp2)
  24. 参考文献 / p115 (0060.jp2)
  25. 4.3 アルミナ-長石-カオリン系磁器の高強度化のための最適組成 / p116 (0061.jp2)
  26. 参考文献 / p132 (0069.jp2)
  27. 第5章 表面改質によるセラミックスの強化 / p133 (0069.jp2)
  28. 5.1 高強度磁器の曲げ強度に及ぼす施釉の効果 / p133 (0069.jp2)
  29. 参考文献 / p150 (0078.jp2)
  30. 5.2 異なる組成の積層による磁器の強化 / p151 (0078.jp2)
  31. 参考文献 / p169 (0087.jp2)
  32. 5.3 ジルコニアのコーティングによるセラミックスの強化 / p170 (0088.jp2)
  33. 参考文献 / p182 (0094.jp2)
  34. 第6章 CaO-Al₂O₃-SiO₂系低温焼成セラミックスの開発 / p183 (0094.jp2)
  35. 6.1 緒言 / p183 (0094.jp2)
  36. 6.2 実験方法 / p184 (0095.jp2)
  37. 6.3 結果および考察 / p186 (0096.jp2)
  38. 6.4 結論 / p200 (0103.jp2)
  39. 参考文献 / p206 (0106.jp2)
  40. 第7章 総括 / p207 (0106.jp2)
  41. 謝辞 / p214 (0110.jp2)
  42. 研究論文目録 / p215 (0110.jp2)
  43. 主論文 / p215 (0110.jp2)
  44. 参考論文 / p217 (0111.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115269
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115528
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279583
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ