急性肝性脳症モデルとしての肝炎自然発症ラットの有用性に関する研究 : とくに脳内神経伝達関連アミノ酸の代謝異常からみた検討

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 隆幸 カトウ, タカユキ

書誌事項

タイトル

急性肝性脳症モデルとしての肝炎自然発症ラットの有用性に関する研究 : とくに脳内神経伝達関連アミノ酸の代謝異常からみた検討

著者名

加藤, 隆幸

著者別名

カトウ, タカユキ

学位授与大学

岩手医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1039号

学位授与年月日

1994-12-21

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115291
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115550
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000279605
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ