16員環マクロライド系化合物のガラス化および結晶化制御に関する研究 Glass formation and control of recrystallization of 16-membered macrolide compounds

この論文をさがす

著者

    • 山口, 敏男 ヤマグチ, トシオ

書誌事項

タイトル

16員環マクロライド系化合物のガラス化および結晶化制御に関する研究

タイトル別名

Glass formation and control of recrystallization of 16-membered macrolide compounds

著者名

山口, 敏男

著者別名

ヤマグチ, トシオ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1517号

学位授与年月日

1994-10-19

注記・抄録

博士論文

研究科: 千葉大学大学院薬学研究院

学位:千大院薬博乙第140号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 総論の部 / (0005.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 第1章 噴霧乾燥(スプレードライ)法による4"-O-(4-メトキシフェニル)アセチルタイロシン(MAT)のガラス形成とガラス状態の物理化学的安定性 / p6 (0009.jp2)
  5. 第1節 スプレードライ法によるガラスMATの調製およびその溶解特性 / p7 (0009.jp2)
  6. 第2節 ガラスMATの物理化学的安定性に及ぼすスプレードライ入口温度の影響 / p16 (0014.jp2)
  7. 第3節 ガラスMATの物理化学的特性と溶解挙動 / p26 (0019.jp2)
  8. 第4節 考察 / p33 (0022.jp2)
  9. 第2章 16員環マクロライド系抗生物質のガラスの調製と物理化学的安定性 / p36 (0024.jp2)
  10. 第1節 結晶とガラスの粉末X線回折とDSCパターン / p37 (0024.jp2)
  11. 第2節 加湿条件下における保存安定性 / p44 (0028.jp2)
  12. 第3節 9、3"-ジアセチルミデカマイシンガラス調製と物理化学的安定性 / p47 (0029.jp2)
  13. 第4節 考察 / p52 (0032.jp2)
  14. 第3章 MATのガラス状態の安定化とバイオアベイラビリティの改善 / p53 (0032.jp2)
  15. 第1節 MAT-高分子固体分散体の溶解性と保存安定性 / p54 (0033.jp2)
  16. 第2節 CMEC含有量の違いによるMAT溶解性の変化 / p59 (0035.jp2)
  17. 第3節 ビーグル犬を用いたMATのin vivo吸収試験 / p65 (0038.jp2)
  18. 第4節 考察 / p67 (0039.jp2)
  19. 第4章 3-O-アセチル-4"-O-イソバレリルタイロシン(AIV)多形の検討 / p69 (0040.jp2)
  20. 第1節 結晶多形とガラス / p70 (0041.jp2)
  21. 第2節 各結晶多形およびガラスの溶解特性 / p79 (0045.jp2)
  22. 第3節 考察 / p83 (0047.jp2)
  23. 第5章 ガラスAIVの溶解および結晶化挙動 / p84 (0048.jp2)
  24. 第1節 水溶液からの結晶化に及ぼす添加剤の影響 / p85 (0048.jp2)
  25. 第2節 ガラスAIVの保存中における結晶化挙動 / p94 (0053.jp2)
  26. 第3節 考察 / p99 (0055.jp2)
  27. 結語 / p100 (0056.jp2)
  28. 謝辞 / p102 (0057.jp2)
  29. 実験の部 / p103 (0058.jp2)
  30. 参考文献 / p109 (0061.jp2)
  31. 論文目録 / p119 (0066.jp2)
  32. 主査、副査名 / p120 (0067.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000115305
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000115564
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000279619
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ