活性汚泥法における糸状性バルキングの発生と抑制に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 野知, 啓子 ノチ, ケイコ

書誌事項

タイトル

活性汚泥法における糸状性バルキングの発生と抑制に関する基礎的研究

著者名

野知, 啓子

著者別名

ノチ, ケイコ

学位授与大学

関東学院大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第23号

学位授与年月日

1996-02-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  2. 1.1 研究の主旨 / p1 (0009.jp2)
  3. 1.2 研究の概要 / p2 (0010.jp2)
  4. 参考文献 / p3 (0011.jp2)
  5. 第2章 糸状性バルキングの研究の動向と本研究の視点 / p5 (0013.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p5 (0013.jp2)
  7. 2.2 これまでの研究の動向 / p5 (0013.jp2)
  8. 2.3 本研究で取りあげた課題 / p8 (0016.jp2)
  9. 2.4 糸状微生物の分類と同定 / p8 (0016.jp2)
  10. 参考文献 / p10 (0018.jp2)
  11. 第3章 いくつかの活性汚泥処理方式による糸状性バルキングの発生状況とその比較 / p14 (0022.jp2)
  12. 3.1 はじめに / p14 (0022.jp2)
  13. 3.2 実験方法 / p15 (0023.jp2)
  14. 3.3 結果および考察 / p20 (0028.jp2)
  15. 3.4 まとめ / p35 (0043.jp2)
  16. 参考文献 / p36 (0044.jp2)
  17. 第4章 糸状性バルキングの発生に及ぼす影響因子 / p37 (0045.jp2)
  18. 4.1 はじめに / p37 (0045.jp2)
  19. 4.2 生物反応槽内における因子 / p37 (0045.jp2)
  20. 参考文献 / p54 (0062.jp2)
  21. 4.3 排水の質からみた影響因子 / p55 (0063.jp2)
  22. 参考文献 / p70 (0078.jp2)
  23. 第5章 糸状微生物に対する薬剤作用についての考察 / p72 (0080.jp2)
  24. 5.1 意義と目的 / p72 (0080.jp2)
  25. 5.2 各薬剤添加による即効性試験 / p72 (0080.jp2)
  26. 5.3 薬剤添加における活性汚泥処理試験 / p79 (0087.jp2)
  27. 5.4 まとめ / p84 (0092.jp2)
  28. 参考文献 / p85 (0093.jp2)
  29. 第6章 間欠流入方式を用いた糸状性バルキングの発生を抑制する条件についての検索 / p86 (0094.jp2)
  30. 6.1 意義と目的 / p86 (0094.jp2)
  31. 6.2 活性汚泥処理装置を用いた間欠流入実験 / p87 (0095.jp2)
  32. 6.3 連続流入ならびに回分流入方式による検討 / p96 (0104.jp2)
  33. 6.4 SVI値に及ぼす流入負荷および流入間隔の影響 / p101 (0109.jp2)
  34. 6.5 まとめ / p106 (0114.jp2)
  35. 参考文献 / p108 (0116.jp2)
  36. 第7章 間欠流入方式による実排水を対象とした糸状性バルキング抑制についての実証試験 / p109 (0117.jp2)
  37. 7.1 意義と目的 / p109 (0117.jp2)
  38. 7.2 実験方法 / p109 (0117.jp2)
  39. 7.3 結果および考察 / p111 (0119.jp2)
  40. 7.4 まとめ / p119 (0127.jp2)
  41. 第8章 総括および考察 / p121 (0129.jp2)
  42. 8.1 これまでの総括 / p121 (0129.jp2)
  43. 8.2 結論(論述した主要点) / p125 (0133.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130003
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953790
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294317
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ