静電力と光圧力を組み合わせた細胞及びDNA分子のマニピュレーション

この論文をさがす

著者

    • 西岡, 将輝 ニシオカ, マサテル

書誌事項

タイトル

静電力と光圧力を組み合わせた細胞及びDNA分子のマニピュレーション

著者名

西岡, 将輝

著者別名

ニシオカ, マサテル

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第135号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

豊橋技術科学大学

目次

  1. 論文要旨 / (0004.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 研究の目的 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 背景 / p1 (0008.jp2)
  6. 1.3 本論文の構成 / p4 (0010.jp2)
  7. 参考文献 / p5 (0010.jp2)
  8. 第2章 光圧静電微小操作の原理 / p9 (0012.jp2)
  9. 2.1 概説 / p9 (0012.jp2)
  10. 2.2 静電気力 / p9 (0012.jp2)
  11. 2.3 光圧力 / p14 (0015.jp2)
  12. 参考文献 / p18 (0017.jp2)
  13. 第3章 個別細胞のマイクロマニピュレーション / p19 (0017.jp2)
  14. 3.1 概要 / p19 (0017.jp2)
  15. 3.2 実験装置 / p20 (0018.jp2)
  16. 3.3 細胞の調製 / p22 (0019.jp2)
  17. 3.4 細胞の回転原理 / p23 (0019.jp2)
  18. 3.5 実験結果 / p29 (0022.jp2)
  19. 3.6 考察 / p37 (0026.jp2)
  20. 3.7 まとめ / p39 (0027.jp2)
  21. 参考文献 / p40 (0028.jp2)
  22. 第4章 DNA分子の顕微鏡観察法および実験装置 / p41 (0028.jp2)
  23. 4.1 概説 / p41 (0028.jp2)
  24. 4.2 試料作成法 / p41 (0028.jp2)
  25. 4.3 顕微鏡光学系 / p45 (0030.jp2)
  26. 4.4 DNA分子観察の結果 / p49 (0032.jp2)
  27. 4.5 蛍光色素の退色の影響 / p60 (0038.jp2)
  28. 4.6 まとめ / p60 (0038.jp2)
  29. 参考文献 / p61 (0038.jp2)
  30. 第5章 光電場渦と、そのDNAマニピュレーションヘの応用 / p63 (0039.jp2)
  31. 5.1 概説 / p63 (0039.jp2)
  32. 5.2 実験装置 / p63 (0039.jp2)
  33. 5.3 実験結果と考察 / p65 (0040.jp2)
  34. 5.4 光電場渦を利用した一個のDNAの輸送操作 / p71 (0043.jp2)
  35. 5.5 まとめ / p72 (0044.jp2)
  36. 参考文献 / p72 (0044.jp2)
  37. 第6章 冷却凍結と局所溶融領域移動によるDNA一分子の制御 / p73 (0044.jp2)
  38. 6.1 概説 / p73 (0044.jp2)
  39. 6.2 冷却下でのDNA分子の様子 / p73 (0044.jp2)
  40. 6.3 凍結溶液中でのDNA一分子のマニピユレーション / p77 (0046.jp2)
  41. 6.4 まとめ / p83 (0049.jp2)
  42. 第7章 ラテックス粒子結合によるDNA一分子のマニピュレーション / p85 (0050.jp2)
  43. 7.1 概説 / p85 (0050.jp2)
  44. 7.2 DNAとラテックス粒子の結合原理 / p85 (0050.jp2)
  45. 7.3 DNA一分子ののマイクロマニピュレーション / p95 (0055.jp2)
  46. 7.4 まとめ / p96 (0056.jp2)
  47. 参考文献 / p96 (0056.jp2)
  48. 第8章 DNA塩基配列決定法への応用 / p97 (0056.jp2)
  49. 8.1 概説 / p97 (0056.jp2)
  50. 8.2 従来法の問題点および新しい解析法 / p97 (0056.jp2)
  51. 8.3 順列を維持したDNA断片の作成 / p100 (0058.jp2)
  52. 8.4 断片のPCR増幅の可能性 / p107 (0061.jp2)
  53. 8.5 まとめ / p113 (0064.jp2)
  54. 参考文献 / p114 (0065.jp2)
  55. 第9章 まとめ / p115 (0065.jp2)
  56. 9.1 細胞の状態(生死)の推定 / p115 (0065.jp2)
  57. 9.2 DNA一分子のマニピュレーション法の実現 / p115 (0065.jp2)
  58. 9.3 塩基配列解析高速化のための試料作成法の開発 / p115 (0065.jp2)
  59. 9.4 局所領域の化学反応制御への応用 / p116 (0066.jp2)
  60. 附録A 酵素反応バッファ中でのDNA分子の観察 / p117 (0066.jp2)
  61. 附録B 2個の微粒子によるDNA一分子の操作法の検討 / p123 (0069.jp2)
  62. 附録C ラテックス粒子を用いた制限酵素反応の制御 / p133 (0074.jp2)
  63. 謝辞 / p137 (0076.jp2)
  64. 発表業績 / p139 (0077.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130081
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953864
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000294395
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ