対称スラブ構造における導波光および表面ポラリトン

この論文をさがす

著者

    • 高林, 正和 タカバヤシ, マサカズ

書誌事項

タイトル

対称スラブ構造における導波光および表面ポラリトン

著者名

高林, 正和

著者別名

タカバヤシ, マサカズ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第804号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0002.jp2)
  3. 目次 / (0006.jp2)
  4. 1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  5. 1-1 研究の背景と意義 / p1 (0007.jp2)
  6. 1-2 参考文献 / p2 (0008.jp2)
  7. 2章 二層構造における表面モード / p3 (0008.jp2)
  8. 2-1 P,S偏光表面モードの分散関係 / p3 (0008.jp2)
  9. 2-2 P偏光表面モードの種類 / p9 (0011.jp2)
  10. 2-3 ATR(全反射減衰)法で表面モードを励起できる領域 / p12 (0013.jp2)
  11. 2-4 P偏光表面モードの伝搬距離 / p13 (0013.jp2)
  12. 2-5 参考文献 / p15 (0014.jp2)
  13. 3章 対称薄膜構造におけるモード--周りの媒質に損失のない場合-- / p16 (0015.jp2)
  14. 3-1 P偏光モードの種類 / p16 (0015.jp2)
  15. 3-2 S偏光モードの種類 / p21 (0017.jp2)
  16. 3-3 伝搬距離特性 / p23 (0018.jp2)
  17. 3-4 島状Ag膜におけるモード / p25 (0019.jp2)
  18. 3-5 まとめ / p29 (0021.jp2)
  19. 3-6 参考文献 / p29 (0021.jp2)
  20. 4章 対称薄膜構造におけるモード--周りの媒質に損失のある場合-- / p30 (0022.jp2)
  21. 4-1 P偏光モードの種類 / p30 (0022.jp2)
  22. 4-2 S偏光モードの種類 / p34 (0024.jp2)
  23. 4-3 伝搬距離特性 / p37 (0025.jp2)
  24. 4-4 ATR曲線 / p39 (0026.jp2)
  25. 4-5 まとめ / p49 (0031.jp2)
  26. 4-6 参考文献 / p49 (0031.jp2)
  27. 5章 Si導波路の導波モードの伝搬距離測定実験 / p50 (0032.jp2)
  28. 5-1 全反射減衰(ATR)法による伝搬距離測定 / p50 (0032.jp2)
  29. 5-2 Siの光学定数の測定および伝搬距離の理論値 / p55 (0034.jp2)
  30. 5-3 伝搬距離の直接測定 / p58 (0036.jp2)
  31. 5-4 まとめ / p61 (0037.jp2)
  32. 5-5 参考文献 / p62 (0038.jp2)
  33. 6章 島状Ag膜の表面ポラリトンモードの伝搬距離測定実験 / p63 (0038.jp2)
  34. 6-1 入射ビームの広がり角を抑えた全反射減衰(ATR)法 / p63 (0038.jp2)
  35. 6-2 空間分布による伝搬距離測定法 / p66 (0040.jp2)
  36. 6-3 まとめ / p70 (0042.jp2)
  37. 6-4 参考文献 / p70 (0042.jp2)
  38. 7章 まとめ / p71 (0042.jp2)
  39. 謝辞 / p74 (0044.jp2)
  40. 業績 / p74 (0044.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130131
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953909
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294445
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ