現代制御理論による電力系統の安定度向上に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松下, 邦雄 マツシタ, クニオ

書誌事項

タイトル

現代制御理論による電力系統の安定度向上に関する研究

著者名

松下, 邦雄

著者別名

マツシタ, クニオ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第1414号

学位授与年月日

1995-05-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0005.jp2)
  3. 目次 / (0010.jp2)
  4. 第1章 序論 / p1 (0012.jp2)
  5. 第2章 過渡安定度改善のための制御方策 / p5 (0014.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p5 (0014.jp2)
  7. 2.2 回線間相互電圧補償器を用いた過渡安定度の改善 / p6 (0015.jp2)
  8. 2.3 既開発装置の複合化による過渡安定度の改善 / p27 (0025.jp2)
  9. 2.4 まとめ / p38 (0031.jp2)
  10. 第3章 過渡から定態への移行域の安定度改善のための制御方策 / p39 (0031.jp2)
  11. 3.1 はじめに / p39 (0031.jp2)
  12. 3.2 安定度に影響を与える要因の考察 / p40 (0032.jp2)
  13. 3.3 エネルギー関数を用いたタービン・励磁系の協調制御方式 / p44 (0034.jp2)
  14. 3.4 可変構造システム理論を用いたタービン・励磁系の協調制御方式 / p51 (0037.jp2)
  15. 3.5 加減弁とインターセプト弁を併用したタービン制御方式 / p59 (0041.jp2)
  16. 3.6 励磁制御系の飽和による安定度への影響とその改善策 / p66 (0045.jp2)
  17. 3.7 まとめ / p76 (0050.jp2)
  18. 第4章 定態領域における安定度改善のための制御方策 / p77 (0050.jp2)
  19. 4.1 はじめに / p77 (0050.jp2)
  20. 4.2 定態安定度を改善するための諸問題 / p79 (0051.jp2)
  21. 4.3 適応形励磁制御による安定度の改善 / p86 (0055.jp2)
  22. 4.4 線形計画法を用いた励磁制御のための動的補償器の設計 / p97 (0060.jp2)
  23. 4.5 連続変形法を用いた励磁制御のための動的補償器の設計法 / p110 (0067.jp2)
  24. 4.6 まとめ / p128 (0076.jp2)
  25. 第5章 大規模系統の安定度改善のための制御方策と発電機安定化装置の開発 / p129 (0076.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p129 (0076.jp2)
  27. 5.2 低次元化法を用いた大規模系統の励磁制御系の設計 / p131 (0077.jp2)
  28. 5.3 大規模系統の分散形励磁制御系の設計 / p134 (0079.jp2)
  29. 5.4 安定度向上のための発電機安定化装置の開発 / p145 (0084.jp2)
  30. 5.5 試作装置の性能評価 / p153 (0088.jp2)
  31. 5.6 自家用発電設備における安定性向上方策 / p161 (0092.jp2)
  32. 5.7 まとめ / p179 (0101.jp2)
  33. 第6章 結論 / p181 (0102.jp2)
  34. 付録 / p184 (0105.jp2)
  35. 謝辞 / p198 (0112.jp2)
  36. 参考文献 / p199 (0114.jp2)
  37. 本研究に関する著者発表論文および講演報告等 / p202 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130164
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953938
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294478
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ