【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ヒドラジン遊離薬物の体内動態並びにその肝障害に及ぼすアスコルビン酸の影響

この論文をさがす

著者

    • 松木, 洋子 マツキ, ヨウコ

書誌事項

タイトル

ヒドラジン遊離薬物の体内動態並びにその肝障害に及ぼすアスコルビン酸の影響

著者名

松木, 洋子

著者別名

マツキ, ヨウコ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1440号

学位授与年月日

1995-11-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0002.jp2)
  3. 目次 / (0005.jp2)
  4. 緒論 / p1 (0010.jp2)
  5. 第1章 イソニアジドの代謝・排泄に及ぼすアスコルビン酸の影響 / p7 (0013.jp2)
  6. 第1節 序論 / p7 (0013.jp2)
  7. 第2節 実験方法 / p9 (0014.jp2)
  8. 第1項 試薬 / p9 (0014.jp2)
  9. 第2項 イソニアジドの代謝物および内部標準物質の合成 / p9 (0014.jp2)
  10. 2-1 アセチルイソニアジドの合成 / p9 (0014.jp2)
  11. 2-2 イソニコチヌール酸の合成 / p9 (0014.jp2)
  12. 2-3 1-アセチル-2-ベンゾイルヒドラジンの合成 / p10 (0015.jp2)
  13. 第3項 イソニアジドおよびその代謝物の代謝・排泄に及ぼすアスコルビン酸の影響に関する実験 / p10 (0015.jp2)
  14. 3-1 動物実験 / p10 (0015.jp2)
  15. 3-2 イソニアジドおよびその代謝物の尿中排泄量の定量 / p11 (0015.jp2)
  16. 3-3 アスコルビン酸とヒドラジンとの反応 / p12 (0016.jp2)
  17. 第3節 結果および考察 / p13 (0016.jp2)
  18. 第1項 イソニアジドおよびその代謝物の尿中排泄量の定量法の検討 / p13 (0016.jp2)
  19. 第2項 イソニアジドおよび代謝物の代謝・排泄に及ぼすアスコルビン酸の影響 / p17 (0018.jp2)
  20. 2-1 尿中排泄量からの検討 / p17 (0018.jp2)
  21. 2-2 尿のpHに及ぼすアスコルビン酸の影響 / p20 (0020.jp2)
  22. 2-3 アスコルビン酸によるヒドラジン尿中排泄量減少に対する検討 / p20 (0020.jp2)
  23. 第2章 イソニアジドの体内動態に及ぼすアスコルビン酸およびブドウ糖の影響 / p23 (0021.jp2)
  24. 第1節 序論 / p23 (0021.jp2)
  25. 第2節 実験方法 / p24 (0022.jp2)
  26. 第1項 試薬 / p24 (0022.jp2)
  27. 第2項 イソニアジドおよび代謝物の安定同位体標識体の合成 / p25 (0022.jp2)
  28. 2-1 重水素標識イソニアジドの合成 / p25 (0022.jp2)
  29. 2-2 重水素標識アセチルイソニアジドの合成 / p26 (0023.jp2)
  30. 2-3 重水素標識アセチルヒドラジンの合成 / p26 (0023.jp2)
  31. 第3項 イソニアジドおよび代謝物の血漿中および尿中排泄量の安定同位体希釈分析による定量 / p27 (0023.jp2)
  32. 3-1 血漿中および尿中よりの抽出方法 / p27 (0023.jp2)
  33. 3-2 ガスクロマト質量分析試料誘導体の調製 / p28 (0024.jp2)
  34. 3-3 ガスクロマト質量分析条件 / p29 (0024.jp2)
  35. 第4項 イソニアジドおよび代謝物の体内動態に及ぼすアスコルビン酸およびブドウ糖の影響に関する実験 / p32 (0026.jp2)
  36. 4-1 動物実験 / p32 (0026.jp2)
  37. 4-2 イソニアジドおよびその代謝物の血漿中および尿中排泄量の定量 / p33 (0026.jp2)
  38. 4-3 1-Isonicotinoy1-2-D-glucosylhydrazine (Glu-INAH)の定量 / p33 (0026.jp2)
  39. 4-4 ヒドラジンとアスコルビン酸の血漿中における反応性 / p34 (0027.jp2)
  40. 4-5 遊離肝細胞によるイソニアジドの代謝実験 / p34 (0027.jp2)
  41. 第3節 結果および考察 / p36 (0028.jp2)
  42. 第1項 イソニアジドおよび代謝物の安定同位体標識体の合成 / p36 (0028.jp2)
  43. 1-1 重水素標識イソニアジドの合成 / p36 (0028.jp2)
  44. 1-2 重水素標識アセチルイソニアジドの合成 / p39 (0029.jp2)
  45. 1-3 重水素標識アセチルヒドラジンの合成 / p41 (0030.jp2)
  46. 第2項 イソニアジドおよび代謝物の血漿中および尿中排泄量の安定同位体希釈分析による定量 / p43 (0031.jp2)
  47. 第3項 イソニアジドおよび代謝物の体内動態におよぼすアスコルビン酸およびブドウ糖の影響 / p50 (0035.jp2)
  48. 3-1 イソニアジド経口投与時におけるアスコルビン酸およびブドウ糖のイソニアジド体内動態に及ぼす影響 / p50 (0035.jp2)
  49. 3-2 イソニアジド静脈内投与時におけるアスコルビン酸およびブドウ糖のイソニアジド体内動態に及ぼす影響 / p54 (0037.jp2)
  50. 3-3 遊離肝細胞によるイソニアジドのアセチル化に及ぼすアスコルビン酸の影響 / p55 (0037.jp2)
  51. 3-4 イソニアジド吸収速度の初回通過効果に及ぼす影響 / p56 (0038.jp2)
  52. 第3章 イプロニアジドの体内動態に及ぼすアスコルビン酸の影響 / p60 (0040.jp2)
  53. 第1節 序論 / p60 (0040.jp2)
  54. 第2節 実験方法 / p62 (0041.jp2)
  55. 第1項 試薬 / p62 (0041.jp2)
  56. 第2項 イプロニアジドおよび誘導体の安定同位体標識体の合成 / p62 (0041.jp2)
  57. 2-1 重水素標識イプロニアジドの合成 / p62 (0041.jp2)
  58. 2-2 重水素標識イソプロピルヒドラジンの合成 / p62 (0041.jp2)
  59. 2-3 重水素標識イソプロピル-3,5-ジメチルピラゾールの合成 / p64 (0042.jp2)
  60. 第3項 イプロニアジドおよび代謝物の体内動態におよぼすアスコルビン酸の影響に関する実験 / p65 (0042.jp2)
  61. 3-1 動物実験 / p65 (0042.jp2)
  62. 3-2 イプロニアジドおよびその代謝物の血漿中および尿中排泄量の定量 / p65 (0042.jp2)
  63. 第3節 結果および考察 / p67 (0043.jp2)
  64. 第1項 イプロニアジドおよび代謝物の血漿中および尿中排泄量の安定同位体希釈分析による定量 / p67 (0043.jp2)
  65. 第2項 イプロニアジドおよび代謝物の体内動態に及ぼすアスコルビン酸の影響 / p72 (0046.jp2)
  66. 第4章 フリーラジカル中間代謝物の生成とアスコルビン酸の抑制効果 / p74 (0047.jp2)
  67. 第1節 序論 / p74 (0047.jp2)
  68. 第2節 実験方法 / p75 (0047.jp2)
  69. 第1項 試薬 / p75 (0047.jp2)
  70. 第2項 肝ミクロソームの調製 / p75 (0047.jp2)
  71. 第3項 スピントラッピング法によるフリーラジカルの捕捉および電子スピン共鳴測定 / p76 (0048.jp2)
  72. 第4項 肝ミクロソーム系におけるフリーラジカル生成に対するアスコルビン酸の効果 / p77 (0048.jp2)
  73. 第5項 シトクロームP-450阻害剤および抗酸化酵素のフリーラジカル生成に及ぼす影響 / p77 (0048.jp2)
  74. 第6項 ヒドラジン、イプロニアジドおよびイソプロピルヒドラジン由来のラジカル構造の同定 / p77 (0048.jp2)
  75. 第7項 In vivo でのフリーラジカル生成に及ぼすアスコルビン酸の影響 / p78 (0049.jp2)
  76. 第3節 結果及び考察 / p79 (0049.jp2)
  77. 第1項 イソニアジドおよびその代謝物由来のフリーラジカルの生成 / p79 (0049.jp2)
  78. 1-1 スピントラッピング法によるラジカルの捕捉および電子スピン共鳴測定 / p79 (0049.jp2)
  79. 1-2 ヒドラジン由来のラジカル生成機構 / p81 (0050.jp2)
  80. 1-3 ヒドラジン由来ラジカル種の同定 / p82 (0051.jp2)
  81. 第2項 イソニアジドおよびその代謝物からのフリーラジカル生成に対するアスコルビン酸の効果 / p85 (0052.jp2)
  82. 第3項 イプロニアジドおよびイソプロピルヒドラジン由来のフリーラジカルの生成 / p88 (0054.jp2)
  83. 3-1 スピントラッピング法によるフリーラジカルの捕捉および電子スピン共鳴測定 / p88 (0054.jp2)
  84. 3-2 イプロニアジドおよびイソプロピルヒドラジン由来のフリーラジカル生成機構 / p90 (0055.jp2)
  85. 3-3 イプロニアジドおよびイソプロピルヒドラジン由来ラジカル種の同定 / p90 (0055.jp2)
  86. 第4項 肝ミクロソーム系におけるイプロニアジドおよびイソプロピルヒドラジンからのフリーラジカル生成に対するアスコルビン酸の効果 / p92 (0056.jp2)
  87. 第5項 In vivo におけるフリーラジカル生成に対するアスコルビン酸の抑制効果 / p93 (0056.jp2)
  88. 第5章 肝障害に対するアスコルビン酸の効果への薬物のクリアランスによる評価および病理組織学的検討 / p95 (0057.jp2)
  89. 第1節 序論 / p95 (0057.jp2)
  90. 第2節 実験方法 / p96 (0058.jp2)
  91. 第1項 試薬 / p96 (0058.jp2)
  92. 第2項 重水素標識体アミノピリンの合成 / p96 (0058.jp2)
  93. 第3項 キャピラリーガスクロマト条件 / p96 (0058.jp2)
  94. 第4項 血液添加実験 / p97 (0058.jp2)
  95. 第5項 アミノピリンのクリアランスの算出 / p97 (0058.jp2)
  96. 第6項 四塩化炭素およびフェノバルビタールによる前処理 / p97 (0058.jp2)
  97. 第7項 イプロニアジド単独投与およびアスコルビン酸併用投与による前処理 / p98 (0059.jp2)
  98. 第8項 イソプロピルヒドラジン単独投与およびアスコルビン酸併用投与による前処理 / p98 (0059.jp2)
  99. 第9項 病理組織学的検査および生化学的肝機能検査 / p99 (0059.jp2)
  100. 第3節 結果及び考察 / p100 (0060.jp2)
  101. 第1項 キャピラリーガスクロマトによる重水素標識アミノピリンと非標識アミノピリンの分離および安定同位体希釈分析によるアミノピリンの血中濃度の測定 / p100 (0060.jp2)
  102. 第2項 アミノピリンのクリアランスを指標とする肝機能評価 / p104 (0062.jp2)
  103. 第3項 肝障害に対するアスコルビン酸の効果へのアミノピリンのクリアランスによる評価 / p106 (0063.jp2)
  104. 第4項 生化学的肝機能検査による検討 / p113 (0066.jp2)
  105. 第5項 病理組織学的検討 / p115 (0067.jp2)
  106. 総括 / p117 (0068.jp2)
  107. 引用文献 / p126 (0073.jp2)
  108. 付記 / p134 (0077.jp2)
  109. 謝辞 / p135 (0077.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130190
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953964
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294504
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ