Angioscopic prediction of successful dilatation and of restenosis in percutaneous transluminal coronary angioplasty : significance of yellow plaque 血管内視鏡所見による経皮的冠動脈形成術後の開大成功と再狭窄の予知 : 黄色プラークの重要性

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 彰 イトウ, アキラ

書誌事項

タイトル

Angioscopic prediction of successful dilatation and of restenosis in percutaneous transluminal coronary angioplasty : significance of yellow plaque

タイトル別名

血管内視鏡所見による経皮的冠動脈形成術後の開大成功と再狭窄の予知 : 黄色プラークの重要性

著者名

伊藤, 彰

著者別名

イトウ, アキラ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1481号

学位授与年月日

1996-03-15

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130231
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954005
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294545
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ