海藻の生理活性物質,特に免疫抑制物質に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 水越, 貞範 ミズコシ, サダノリ

書誌事項

タイトル

海藻の生理活性物質,特に免疫抑制物質に関する研究

著者名

水越, 貞範

著者別名

ミズコシ, サダノリ

学位授与大学

三重大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

乙第627号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第一章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第二章 材料および方法 / p3 (0008.jp2)
  4. 第一節 海藻 / p3 (0008.jp2)
  5. 第二節 実験動物 / p3 (0008.jp2)
  6. 第三節 動物細胞 / p3 (0008.jp2)
  7. 第四節 動物細胞の培養条件 / p3 (0008.jp2)
  8. 第三章 海藻成分の生理活性物質 / p4 (0009.jp2)
  9. 第一節 序 / p4 (0009.jp2)
  10. 第二節 材料と方法 / p5 (0010.jp2)
  11. 第一項 海藻の採集および海藻抽出液の調製 / p5 (0010.jp2)
  12. 第二項 スクリーニング法 / p5 (0010.jp2)
  13. 第三節 結果 / p12 (0017.jp2)
  14. 第一項 B16 メラノーマに対する抗腫瘍作用 / p12 (0017.jp2)
  15. 第二項 HL60/E3 細胞の細胞障害性因子産生に対する作用 / p12 (0017.jp2)
  16. 第三項 マクロファージハイブリドーマの細胞障害性因子産生に対する作用 / p14 (0019.jp2)
  17. 第四項 カケクチン作用に対する抑制作用 / p15 (0020.jp2)
  18. 第五項 マウス胸腺細胞(T細胞)の増殖抑制作用 / p17 (0022.jp2)
  19. 第四節 考察 / p18 (0023.jp2)
  20. 第四章 免疫細胞に対する海藻成分の作用 / p21 (0026.jp2)
  21. 第一節 序 / p21 (0026.jp2)
  22. 第二節 材料と方法 / p22 (0027.jp2)
  23. 第一項 海藻の採集および海藻抽出物の調製 / p22 (0027.jp2)
  24. 第二項 スクリーニング法 / p22 (0027.jp2)
  25. 第三節 結果 / p26 (0031.jp2)
  26. 第一項 マウス胸腺細胞の増殖抑制作用 / p26 (0031.jp2)
  27. 第二項 IL-1産生抑制作用 / p27 (0032.jp2)
  28. 第三項 マウス混合リンパ球反応に対する作用 / p30 (0035.jp2)
  29. 第四項 二次抗体産生に対する作用 / p31 (0036.jp2)
  30. 第五項 マウス骨髄細胞の増殖に対する作用 / p32 (0037.jp2)
  31. 第四節 考察 / p33 (0038.jp2)
  32. 第五章 動物モデルにおける海藻の免疫抑制作用 / p38 (0043.jp2)
  33. 第一節 序 / p38 (0043.jp2)
  34. 第二節 材料と方法 / p39 (0044.jp2)
  35. 第一項 海藻および海藻抽出物の調製 / p39 (0044.jp2)
  36. 第二項 スクリーニング法 / p39 (0044.jp2)
  37. 第三節 結果 / p41 (0046.jp2)
  38. 第一項 マウスコラーゲン誘発関節炎に対する作用 / p41 (0046.jp2)
  39. 第二項 マウスの皮膚移植に対する拒絶反応抑制作用 / p43 (0047.jp2)
  40. 第四節 考察 / p44 (0048.jp2)
  41. 第六章 ハハキモク Sargassum kjellmanianumの免疫抑制物質の単離および構造解析 / p48 (0052.jp2)
  42. 第一節 序 / p48 (0052.jp2)
  43. 第二節 材料 / p48 (0052.jp2)
  44. 第一項 海藻 / p48 (0052.jp2)
  45. 第三節 方法と結果 / p49 (0053.jp2)
  46. 第一項 免疫抑制物質の抽出および分離・精製 / p49 (0053.jp2)
  47. 第二項 免疫抑制物質の構造分析 / p50 (0054.jp2)
  48. 第四節 考察 / p51 (0055.jp2)
  49. 第七章 免疫抑制物質3,4-ジデオキシグルコソン-3-エン(DGE)の薬理作用 / p56 (0060.jp2)
  50. 第一節 序 / p56 (0060.jp2)
  51. 第二節 材料と方法 / p57 (0061.jp2)
  52. 第一項 DGEの調製 / p57 (0061.jp2)
  53. 第二項 動物細胞試験 / p57 (0061.jp2)
  54. 第三項 動物試験 / p59 (0063.jp2)
  55. 第三節 結果 / p60 (0064.jp2)
  56. 第一項 培養細胞に対する作用 / p60 (0064.jp2)
  57. 第二項 B細胞の抗体産生に対する作用 / p61 (0065.jp2)
  58. 第三項 遅延型過敏反応に対する作用 / p63 (0067.jp2)
  59. 第四項 マウスコラーゲン誘発関節炎に対する作用 / p63 (0067.jp2)
  60. 第四節 考察 / p65 (0069.jp2)
  61. 第八章 新規アンヒドロ-エノピラノース誘導体・1,6-アンヒドロ-3,4-ジデオキシ-2-フルフリル-β-D-スレオ-3-エノピラノース(MT2221)の抗炎症作用および免疫抑制作用 / p68 (0072.jp2)
  62. 第一節 序 / p68 (0072.jp2)
  63. 第二節 材料と方法 / p69 (0073.jp2)
  64. 第一項 供試薬剤 / p69 (0073.jp2)
  65. 第二項 ラットカラギーナン急性炎症 / p70 (0074.jp2)
  66. 第三項 ラットアジュバント関節炎 / p71 (0075.jp2)
  67. 第四項 マウス遅延型過敏反応 / p71 (0075.jp2)
  68. 第五項 マウスコラーゲン誘発関節炎 / p72 (0076.jp2)
  69. 第六項 マウス皮膚移植試験 / p72 (0076.jp2)
  70. 第七項 統計処理 / p72 (0076.jp2)
  71. 第三節 結果 / p72 (0076.jp2)
  72. 第一項 カラギーナン急性炎症に対する作用 / p72 (0076.jp2)
  73. 第二項 アジュバント関節炎に対する作用 / p73 (0077.jp2)
  74. 第三項 遅延型過敏反応に対する作用 / p73 (0077.jp2)
  75. 第四項 コラーゲン誘発関節炎に対する作用 / p75 (0079.jp2)
  76. 第五項 皮膚移植時の拒絶反応に対する抑制作用 / p76 (0080.jp2)
  77. 第四節 考察 / p77 (0081.jp2)
  78. 第九章 総合考察 / p82 (0086.jp2)
  79. 謝辞 / p87 (0091.jp2)
  80. 引用文献 / p88 (0092.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130289
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954056
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294603
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ