日本語疑問文における判断の諸相 ニホンゴ ギモンブン 二 オケル ハンダン ノ ショソウ

この論文をさがす

著者

    • 安達, 太郎 アダチ, タロウ

書誌事項

タイトル

日本語疑問文における判断の諸相

タイトル別名

ニホンゴ ギモンブン 二 オケル ハンダン ノ ショソウ

著者名

安達, 太郎

著者別名

アダチ, タロウ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第5401号

学位授与年月日

1996-02-19

注記・抄録

博士論文

14401甲第05401号

博士(文学)

大阪大学

1996-02-19

12242

なお、本論は加筆・修正のうえ、『日本語研究叢書11 日本語疑問文における判断の諸相』(くろしお出版,1999年)として刊行されている。

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 本研究の目的といくつかの前提 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.本研究の目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 2.疑問文の条件 / p8 (0014.jp2)
  5. 3.モダリティの組織 / p10 (0016.jp2)
  6. 4.機能論的研究におけるストラテジーの位置づけ / p16 (0022.jp2)
  7. 5.本論文の構成 / p19 (0025.jp2)
  8. 第1章の注 / p20 (0026.jp2)
  9. 第2章 形式についての概観 / p21 (0027.jp2)
  10. 1.はじめに / p21 (0027.jp2)
  11. 2.否定疑問文 / p21 (0027.jp2)
  12. 3.確認要求の「ダロウ」 / p25 (0031.jp2)
  13. 4.「デハナイカ」 / p29 (0035.jp2)
  14. 5.「ノデハナイカ」 / p31 (0037.jp2)
  15. 6.「デハナイカ」と「ノデハナイカ」の相違 / p35 (0041.jp2)
  16. 7.おわりに / p39 (0045.jp2)
  17. 第2章の注 / p41 (0047.jp2)
  18. 第3章 疑問文による情報要求と情報提供 / p42 (0048.jp2)
  19. 1.はじめに / p42 (0048.jp2)
  20. 2.「デハナイカ」と「ノデハナイカ」 / p43 (0049.jp2)
  21. 3.情報要求文と情報提供文 / p44 (0050.jp2)
  22. 4.「ノデハナイカ」と確認要求の「ダロウ」 / p50 (0056.jp2)
  23. 5.おわりに / p54 (0060.jp2)
  24. 第3章の注 / p56 (0062.jp2)
  25. 第4章 認識的モダリティとしてのノデハナイカ / p57 (0063.jp2)
  26. 1.はじめに / p57 (0063.jp2)
  27. 2.「デハナイカ」と「ノデハナイカ」 / p59 (0065.jp2)
  28. 3.「ノデハナイカ」の位置づけ / p61 (0067.jp2)
  29. 4.「確カ」によるモダリティの統制 / p68 (0074.jp2)
  30. 5.「ノデハナイカ」の機能 / p74 (0080.jp2)
  31. 6.否定疑問文の情報提供機能との相違 / p80 (0086.jp2)
  32. 7.おわりに / p83 (0089.jp2)
  33. 第4章の注 / p84 (0090.jp2)
  34. 第5章 否定疑問文における「傾き」について / p86 (0092.jp2)
  35. 1.はじめに / p86 (0092.jp2)
  36. 2.否定疑問文の有標性 / p88 (0094.jp2)
  37. 3.文法化された「判断」としての「傾き」 / p90 (0096.jp2)
  38. 4.「傾き」の成立条件 / p95 (0101.jp2)
  39. 5.「傾き」の二つのタイプ / p100 (0106.jp2)
  40. 6.推論の非現場性 / p104 (0110.jp2)
  41. 7.おわりに / p106 (0112.jp2)
  42. 第5章の注 / p107 (0113.jp2)
  43. 第6章 確認要求と疑問文の条件 / p108 (0114.jp2)
  44. 1.はじめに / p108 (0114.jp2)
  45. 2.「確認要求の疑問表現」の特徴 / p110 (0116.jp2)
  46. 3.「デハナイカ」・「ダロウ」についての従来の研究 / p111 (0117.jp2)
  47. 4.問いかけ性条件と「ダロウ」・「デハナイカ」 / p114 (0120.jp2)
  48. 5.関連する現象 / p122 (0128.jp2)
  49. 6.おわりに / p127 (0133.jp2)
  50. 第6章の注 / p129 (0135.jp2)
  51. 第7章 デハナイカによる聞き手の知識の活性化について / p131 (0137.jp2)
  52. 1.はじめに / p131 (0137.jp2)
  53. 2.問題のありか / p132 (0138.jp2)
  54. 3.「デハナイカ」と聞き手存在 / p137 (0143.jp2)
  55. 4.認識のギャップと知識の活性化 / p141 (0147.jp2)
  56. 5.おわりに / p144 (0150.jp2)
  57. 第7章の注 / p145 (0151.jp2)
  58. 第8章 判断から伝達へのレベルの移行―ダロウの場合― / p146 (0152.jp2)
  59. 1.はじめに / p146 (0152.jp2)
  60. 2.「確認要求」とは何か? / p147 (0153.jp2)
  61. 3.従来の研究 / p152 (0158.jp2)
  62. 4.「ダロウ」におけるレベルの移行 / p160 (0166.jp2)
  63. 5.レベルの移行からみた「ダロウ」 / p163 (0169.jp2)
  64. 6.おわりに / p170 (0176.jp2)
  65. 第8章の注 / p171 (0177.jp2)
  66. 結語 / p173 (0179.jp2)
  67. 参考文献 / p175 (0181.jp2)
  68. 用例の出典 / p181 (0187.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130293
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954060
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000294607
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ