リチウムエステルエノラート-リチウムアミド-キラル配位子三成分複合試剤のイミンへの不斉付加反応

この論文をさがす

著者

    • 藤枝, 弘樹 フジエダ, ヒロキ

書誌事項

タイトル

リチウムエステルエノラート-リチウムアミド-キラル配位子三成分複合試剤のイミンへの不斉付加反応

著者名

藤枝, 弘樹

著者別名

フジエダ, ヒロキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5425号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

12322

博士(理学)

1996-03-25

大阪大学

14401甲第05425号

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0003.jp2)
  3. 1節 はじめに / p1 (0003.jp2)
  4. 2節 リチウムエノラートを炭素求核剤とする反応系の設計に向けた考え方 / p1 (0003.jp2)
  5. 3節 これまでのリチウムエノラートを炭素求核剤とするエナンチオ選択的炭素―炭素結合反応 / p2 (0004.jp2)
  6. 4節 β-ラクタム骨格を有する抗生物質 / p4 (0005.jp2)
  7. 5節 これまでのβ-ラクタム環の不斉合成 / p5 (0005.jp2)
  8. 6節 本研究の成果 / p6 (0006.jp2)
  9. 第2章 リチウムエステルエノラート―キラル配位子二成分錯体のイミンヘの触媒的不斉付加反応のこれまでの成果 / p9 (0007.jp2)
  10. 1節 キラル配位子と反応系の設計 / p9 (0007.jp2)
  11. 2節 キラルジェーテル制御による不斉反応 / p10 (0008.jp2)
  12. 3節 キラルアミノエーテル配位子の効果 / p11 (0008.jp2)
  13. 4節 キラル配位子の立体選択性発現構造要因 / p13 (0009.jp2)
  14. 5節 触媒的不斉反応への展開 / p14 (0010.jp2)
  15. 6節 キラル配位子の触媒回転能を左右する構造要因 / p16 (0011.jp2)
  16. 7節 結語 / p16 (0011.jp2)
  17. 第3章 リチウムエステルエノラート―キラル配位子二成分錯体のイミンヘの触媒的不斉付加反応の新展開 / p17 (0011.jp2)
  18. 1節 キラル配位子の合成 / p17 (0011.jp2)
  19. 2節 エステルとイミンの合成 / p17 (0011.jp2)
  20. 3節 生成物の絶対配置の再決定 / p20 (0013.jp2)
  21. 4節 反応系の一般化の試み / p23 (0014.jp2)
  22. 5節 生理活性化合物合成への展開 / p26 (0016.jp2)
  23. 6節 反応系の評価 / p27 (0016.jp2)
  24. 7節 不斉発現過程 / p28 (0017.jp2)
  25. 8節 不斉発現機構の考察 / p30 (0018.jp2)
  26. 9節 エステルアルコール部位構造の効果 / p31 (0018.jp2)
  27. 10節 キラル配位子の効果 / p32 (0019.jp2)
  28. 11節 溶媒効果 / p33 (0019.jp2)
  29. 12節 結語 / p33 (0019.jp2)
  30. 第4章 リチウムエステルエノラート―キラル配位子2成分錯体のイミンヘの不斉付加反応の改良の試み / p35 (0020.jp2)
  31. 1節 イミンの活性化の試み―Lewis酸の効果 / p35 (0020.jp2)
  32. 2節 リチウムエノラートの活性化の試み―塩化リチウムの効果 / p36 (0021.jp2)
  33. 第5章 リチウムエステルエノラート―リチウムアミド―キラル配位子三成分複合試剤の発見 / p38 (0022.jp2)
  34. 1節 リチウムエノラートの活性化―リチウムアミドの効果 / p38 (0022.jp2)
  35. 2節 リチウムエノラート錯体の形成時の昇温効果 / p40 (0023.jp2)
  36. 3節 キラル配位子の効果 / p40 (0023.jp2)
  37. 4節 リチウムアミドの検討 / p40 (0023.jp2)
  38. 5節 LICAの当量数の検討 / p42 (0024.jp2)
  39. 6節 キラル配位子の当量数の検討 / p43 (0024.jp2)
  40. 7節 反応系の一般化 / p44 (0025.jp2)
  41. 8節 二成分錯体反応における小過剰のリチウムアミドの効果 / p47 (0026.jp2)
  42. 9節 アミンの効果 / p48 (0027.jp2)
  43. 10節 キラル三成分Mixed Aggregateによる不斉付加反応の触媒化 / p49 (0027.jp2)
  44. 第6章 結論 / p52 (0029.jp2)
  45. References / p54 (0030.jp2)
  46. 実験項 / p56 (0031.jp2)
  47. 第3章 / p56 (0031.jp2)
  48. 第4章 / p86 (0046.jp2)
  49. 第5章 / p87 (0046.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130317
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954083
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294631
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ