Serum interleukin 6 as a predicator of the therapeutic effect and adverse reactions after transcatheter arterial embolization 血清インターロイキン6による動脈塞栓療法の副作用および治療効果の定量的評価

この論文をさがす

著者

    • 山崎, 秀哉 ヤマザキ, ヒデヤ

書誌事項

タイトル

Serum interleukin 6 as a predicator of the therapeutic effect and adverse reactions after transcatheter arterial embolization

タイトル別名

血清インターロイキン6による動脈塞栓療法の副作用および治療効果の定量的評価

著者名

山崎, 秀哉

著者別名

ヤマザキ, ヒデヤ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5512号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第05512号

博士(医学)

大阪大学

1996-03-25

12409

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130404
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954165
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294718
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ