膜融合リポソームの開発と遺伝子治療等への応用に関する研究 マク ユウゴウ リポソーム ノ カイハツ ト イデンシ チリョウトウ ヘノ オウヨウ 二 カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 水口, 裕之 ミズグチ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

膜融合リポソームの開発と遺伝子治療等への応用に関する研究

タイトル別名

マク ユウゴウ リポソーム ノ カイハツ ト イデンシ チリョウトウ ヘノ オウヨウ 二 カンスル ケンキュウ

著者名

水口, 裕之

著者別名

ミズグチ, ヒロユキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第5560号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第05560号

博士(薬学)

大阪大学

1996-03-25

12457

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 本論 / p3 (0005.jp2)
  4. 第一章 膜融合リポソームの開発 / p3 (0005.jp2)
  5. 第一節 膜融合リポソームの精製 / p4 (0006.jp2)
  6. 第二節 膜融合リポソームの物理・化学的性質 / p8 (0008.jp2)
  7. 第三節 ジフテリア毒素フラグメントAを用いた、膜融合リポソームの細胞との融合能の評価 / p11 (0009.jp2)
  8. 第四節 小括 / p16 (0012.jp2)
  9. 第二章 ジフテリア毒素フラグメントA(DTA)を封入した膜融合リポソームの癌治療への応用 / p18 (0013.jp2)
  10. 第一節 DTAを封入した膜融合リポソームの腹水癌に対する抗腫瘍効果 / p18 (0013.jp2)
  11. 第二節 腹水癌へのDTA導入量の定量 / p22 (0015.jp2)
  12. 第三節 DTAを封入した膜融合リポソームの固形癌に対する抗腫瘍効果 / p24 (0016.jp2)
  13. 第四節 膜融合リポソームの固形癌への物質導入量の定量 / p26 (0017.jp2)
  14. 第五節 小括 / p27 (0017.jp2)
  15. 第三章 膜融合リポソームを用いた細胞への遺伝子導入 / p29 (0018.jp2)
  16. 第一節 プラスミットDNAを封入した膜融合リポソームの遺伝子発現パターン / p29 (0018.jp2)
  17. 第二節 膜融合リポソームとカチオニックリポソームの遺伝子発現効率の比較 / p32 (0020.jp2)
  18. 第三節 膜融合リポソームを用いたマウス腹水癌へのin vivo 直接遺伝子導入 / p35 (0021.jp2)
  19. 第四節 小括 / p36 (0022.jp2)
  20. 第四章 Tumor Necrosis Factor-α(TNF-α)遺伝子を封入した膜融合リポソームの固形癌遺伝子治療への応用 / p38 (0023.jp2)
  21. 第一節 血管内皮細胞へのTNF-α遺伝子の導入 / p39 (0023.jp2)
  22. 第二節 膜融合リポソームをマウス大腿動脈内に投与したときの封入物質の体内分布 / p42 (0025.jp2)
  23. 第三節 腫瘍支配動脈へのTNF-a遺伝子導入による抗腫瘍効果 / p44 (0026.jp2)
  24. 第四節 小括 / p47 (0027.jp2)
  25. 総括 / p50 (0029.jp2)
  26. 結論 / p54 (0031.jp2)
  27. 謝辞 / p55 (0031.jp2)
  28. 参考文献 / p56 (0032.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130452
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954212
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000294766
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ