金属イオン捕捉能を有するキラルなピリドキサールモデル化合物の開発とアミノ酸エステル類の不斉α-アルキル化反応への応用 キンゾク イオン ホソクノウ ヲ ユウスル キラルナ ピリドキサールモデル カゴウブツ ノ カイハツ ト アミノサンエステルルイ ノ フセイα-アルキルカ ハンノウ ヘノ オウヨウ

この論文をさがす

著者

    • 宮部, 豪人 ミヤベ, ヒデト

書誌事項

タイトル

金属イオン捕捉能を有するキラルなピリドキサールモデル化合物の開発とアミノ酸エステル類の不斉α-アルキル化反応への応用

タイトル別名

キンゾク イオン ホソクノウ ヲ ユウスル キラルナ ピリドキサールモデル カゴウブツ ノ カイハツ ト アミノサンエステルルイ ノ フセイα-アルキルカ ハンノウ ヘノ オウヨウ

著者名

宮部, 豪人

著者別名

ミヤベ, ヒデト

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第5561号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第05561号

博士(薬学)

大阪大学

1996-03-25

12458

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 本論 / p11 (0009.jp2)
  4. 第一章 3位にエトキシェトキシ基を有するピリドキサールモデル化合物の合成と反応 / p11 (0009.jp2)
  5. 第一節 3位にエトキシエトキシ基を有するピリドキサールモデル化合物の合成 / p12 (0010.jp2)
  6. 第二節 3位にエトキシエトキシ基を有するピリドキサールモデル化合物を用いたアミノ酸エステルのα-アルキル化反応 / p13 (0010.jp2)
  7. 第三節 3位にエトキシエトキシ基を有するピリドキサールモデル化合物に対応したアルドイミンのリチウム錯体構造の解析 / p16 (0012.jp2)
  8. 第二章 3位にキラルな配位側鎖を有するピリドキサールモデル化合物の合成と反応 / p18 (0013.jp2)
  9. 第一節 3位にキラルな配位側鎖を有するピリドキサールモデル化合物の合成 / p19 (0013.jp2)
  10. 第二節 3位にキラルな配位側鎖を有するピリドキサールモデル化合物を用いたアミノ酸エステルの立体選択的α-アルキル化反応 / p20 (0014.jp2)
  11. 第三節 3位にキラルな配位側鎖を有するピリドキサールモデル化合物のアルドイミン体とアルカリ金属イオンとの相互作用の解析 / p23 (0015.jp2)
  12. 第三章 3位キラル側鎖とアンサ型分子不斉を合わせ持つピリドキサールモデル化合物の合成と反応 / p27 (0017.jp2)
  13. 第一節 3位キラル側鎖とアンサ型分子不斉を合わせ持つピリドキサールモデル化合物の合成 / p28 (0018.jp2)
  14. 第二節 3位にエトキシエトキシ基を有するキラルなアンサ型ピリドキサールモデル化合物の反応 / p29 (0018.jp2)
  15. 第一項 3位にエトキシェトキシ基を有するキラルなアンサ型ピリドキサールモデル化合物を用いたアミノ酸エステルの立体選択的a-アルキル化反応 / p30 (0019.jp2)
  16. 第二項 3位にエトキシエトキシ基を有するキラルなアンサ型ピリドキサールモデル化合物に対応したアルドイミン誘導体のリチウム錯体構造の解析 / p32 (0020.jp2)
  17. 第三節 3位キラル側鎖とアンサ型分子不斉を合わせ持つキラルなピリドキサールモデル化合物を用いたアミノ酸エステルの立体選択的α-アルキル化反応 / p33 (0020.jp2)
  18. 結論 / p36 (0022.jp2)
  19. 謝辞 / p38 (0023.jp2)
  20. 実験の部 / p39 (0024.jp2)
  21. 第一章第一節の実験 / p39 (0024.jp2)
  22. 第一章第三節の実験 / p42 (0026.jp2)
  23. 第二章第一節の実験 / p43 (0026.jp2)
  24. 第二章第三節の実験 / p59 (0034.jp2)
  25. 第三章第一節の実験 / p60 (0035.jp2)
  26. 第三章第二節第二項の実験 / p64 (0037.jp2)
  27. 第一章第二節、第二章第二節、第三章第二節第一項と第三章第三節の実験(アミノ酸エステルのα-アルキル化反応の一般的方法) / p65 (0037.jp2)
  28. 引用文献 / p70 (0040.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130453
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954213
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000294767
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ