連続単収縮とATP加水分解アナログを用いた骨格筋クロスブリッジ素過程X線回折研究

この論文をさがす

著者

    • 金, 徳述 キム, ダクスル

書誌事項

タイトル

連続単収縮とATP加水分解アナログを用いた骨格筋クロスブリッジ素過程X線回折研究

著者名

金, 徳述

著者別名

キム, ダクスル

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5641号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第05641号

博士(工学)

大阪大学

1996-03-25

12538

目次

  1. 要旨 / p2 (0003.jp2)
  2. 目次 / p3 (0004.jp2)
  3. I.序論 / p5 (0006.jp2)
  4. 1.骨格筋の構造 / p5 (0006.jp2)
  5. 2.筋収縮とATP加水分解反応 / p7 (0008.jp2)
  6. II.シンクロトロン放射光を利用したX線回折法 / p10 (0011.jp2)
  7. 1.骨格筋のX線回折 / p10 (0011.jp2)
  8. 2.X線回折光学系 / p11 (0012.jp2)
  9. 3.一次元位置敏感型検出器による時分割測定 / p12 (0013.jp2)
  10. 4.二次元積分型検出器(イメージングプレート)による測定 / p14 (0015.jp2)
  11. 5.X線回折像のデータ処理 / p16 (0017.jp2)
  12. III.骨格筋X線回折像の一般的説明 / p19 (0020.jp2)
  13. 1.弛緩状態のX線回折像 / p25 (0026.jp2)
  14. 2.硬直状態のX線回折像 / p29 (0030.jp2)
  15. 3.等尺収縮中のX線回折像 / p29 (0030.jp2)
  16. IV.研究結果 / p30 (0031.jp2)
  17. 1.カエル骨格筋連続単収縮時の時分割X線回折 / p30 (0031.jp2)
  18. 2.硬直状態のウサギ骨格筋へのATP加水分解中間体アナログの効果 / p47 (0048.jp2)
  19. V.全体のまとめ / p102 (0103.jp2)
  20. 参考文献 / p103 (0104.jp2)
  21. 謝辞 / p106 (0107.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130533
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954282
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294847
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ