Role of Epstein-Barr virus in pleural lymphomagenesis 胸膜リンパ腫発症におけるEpstein-Barrウイルスの役割

この論文をさがす

著者

    • 大澤, 政彦 オオサワ, マサヒコ

書誌事項

タイトル

Role of Epstein-Barr virus in pleural lymphomagenesis

タイトル別名

胸膜リンパ腫発症におけるEpstein-Barrウイルスの役割

著者名

大澤, 政彦

著者別名

オオサワ, マサヒコ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第6828号

学位授与年月日

1996-02-07

注記・抄録

博士論文

12229

博士(医学)

1996-02-07

大阪大学

14401乙第06828号

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130589
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954337
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294903
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ