Increased plasma cholesteryl ester transfer protein in obese subjects : a possible mechanism for the reduction of serum HDL cholesterol levels in obesity 肥満における低HDLコレステロール血症発症の成因についての検討 : コレステリルエステル転送蛋白(CETP)の増加と体脂肪量との関連

この論文をさがす

著者

    • 新井, 武志 アライ, タケシ

書誌事項

タイトル

Increased plasma cholesteryl ester transfer protein in obese subjects : a possible mechanism for the reduction of serum HDL cholesterol levels in obesity

タイトル別名

肥満における低HDLコレステロール血症発症の成因についての検討 : コレステリルエステル転送蛋白(CETP)の増加と体脂肪量との関連

著者名

新井, 武志

著者別名

アライ, タケシ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第6908号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

12571

博士(医学)

1996-03-25

大阪大学

14401乙第06908号

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130669
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954416
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000294983
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ