Are anionic sites involved changes in cell layer susceptibility to exfoliative toxin during epidermal development? 表皮分化に伴う黄色ブドウ球菌表皮剥脱素感受性部位変化に陰性荷電部位が関与しているのではないか?

この論文をさがす

著者

    • 牧野, 英一 マキノ, エイイチ

書誌事項

タイトル

Are anionic sites involved changes in cell layer susceptibility to exfoliative toxin during epidermal development?

タイトル別名

表皮分化に伴う黄色ブドウ球菌表皮剥脱素感受性部位変化に陰性荷電部位が関与しているのではないか?

著者名

牧野, 英一

著者別名

マキノ, エイイチ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1430号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130703
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954449
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000295017
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ