顎関節内障の診断における下顎切歯前点運動軌跡の科学的評価

この論文をさがす

著者

    • 寺田, 昌平 テラダ, ショウヘイ

書誌事項

タイトル

顎関節内障の診断における下顎切歯前点運動軌跡の科学的評価

著者名

寺田, 昌平

著者別名

テラダ, ショウヘイ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

甲第1446号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. I.緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. II.対象ならびに方法 / p2 (0005.jp2)
  4. 1.デザイニング / p2 (0005.jp2)
  5. 2.披検者 / p3 (0006.jp2)
  6. 3.Gold Standard / p4 (0007.jp2)
  7. 4.切歯前点における顎運動検査 / p6 (0009.jp2)
  8. III.データの解析と統計方法 / p7 (0010.jp2)
  9. 1.定量的パラメータの再現性 / p7 (0010.jp2)
  10. 2.切歯前点における開口量測定の信頼性 / p7 (0010.jp2)
  11. 3.切歯前点運動軌跡の各パラメータにおける正常群と転位群の平均値の差の検定 / p7 (0010.jp2)
  12. 4.診断精度の検定 / p8 (0011.jp2)
  13. IV.結果 / p9 (0012.jp2)
  14. 1.再現性 / p9 (0012.jp2)
  15. 2.切歯前点において測定された開口量の信頼性 / p9 (0012.jp2)
  16. 3.切歯前点運動軌跡の各パラメータにおける正常群と転位群の平均値の差の検定 / p10 (0013.jp2)
  17. V.考察 / p12 (0015.jp2)
  18. 1.デザイニングについて / p13 (0016.jp2)
  19. 2.再現性reliabilityについて / p13 (0016.jp2)
  20. 3.信頼性validityについて / p14 (0017.jp2)
  21. 4.切歯前点運動軌跡の各パラメータにおける正常群と転位群の平均値について / p15 (0018.jp2)
  22. 5.診断精度について / p16 (0019.jp2)
  23. VI.結論 / p18 (0021.jp2)
  24. VII.謝辞 / p19 (0022.jp2)
  25. VIII.文献 / p19 (0022.jp2)
  26. IX.表および図 / p25 (0028.jp2)
  27. X.付図 / p41 (0044.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130719
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954463
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000295033
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ