新規キノロンカルボン酸系抗菌薬の合成、抗菌活性及び体内動態に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宇野, 敏夫 ウノ, トシオ

書誌事項

タイトル

新規キノロンカルボン酸系抗菌薬の合成、抗菌活性及び体内動態に関する研究

著者名

宇野, 敏夫

著者別名

ウノ, トシオ

学位授与大学

岐阜薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第203号

学位授与年月日

1995-06-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 1)ピリドンカルボン酸系抗菌薬の研究開発の歴史 / p1 (0005.jp2)
  4. 2)研究方針 / p6 (0010.jp2)
  5. 第2章 7位にアゾール基を有するキノロンカルボン酸類の合成と抗菌活性 / p19 (0023.jp2)
  6. 1)序 / p19 (0023.jp2)
  7. 2)合成 / p21 (0025.jp2)
  8. 3)抗菌活性及び急性毒性 / p28 (0032.jp2)
  9. 4)経口吸収性 / p36 (0040.jp2)
  10. 5)中枢神経系に対する作用 / p38 (0042.jp2)
  11. 6)要約 / p41 (0045.jp2)
  12. 第3章 7位に3-ヒドロキシピロリジニル基を有するキノロンカルボン酸類の光学異性体の合成と抗菌活性 / p43 (0047.jp2)
  13. 1)序 / p43 (0047.jp2)
  14. 2)合成 / p44 (0048.jp2)
  15. 3)抗菌活性 / p48 (0052.jp2)
  16. 4)要約 / p51 (0055.jp2)
  17. 第4章 7位に4-ヒドロキシピペラジニル基を有するキノロンカルボン酸類の合成、抗菌活性及び体内動態 / p53 (0057.jp2)
  18. 1)序 / p53 (0057.jp2)
  19. 2)合成 / p62 (0066.jp2)
  20. 3)抗菌活性 / p75 (0079.jp2)
  21. 4)体内動態 / p84 (0088.jp2)
  22. 5)要約 / p92 (0096.jp2)
  23. 第5章 結論 / p95 (0099.jp2)
  24. 謝辞 / p97 (0101.jp2)
  25. 実験の部 / p98 (0102.jp2)
  26. 引用文献及び追記 / p126 (0130.jp2)
  27. Synthesis and Reaction of Furazanobenzothiadiazole and Related Compounds / p3896 (0167.jp2)
  28. Synthesis of Bisfurazanobenzo-2,1,3-thiadiazole and Related Compounds / p1909 (0171.jp2)
  29. Organic Phosphorus Compounds.1.4-(Benzothiazol-2-yl)benzylphosphonate as Potent Calcium Antagonistic Vasodilator / p820 (0174.jp2)
  30. Studies on Prodrugs.11.Synthesis and Antimicrobial Activity of N-〔(4-Methyl-5-methylene-2-oxo-l,3-dioxolan-4-yl)oxy〕norfloxacin / (0179.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130932
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954664
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295246
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ