パラコート及びその関連化合物の還元成績体のガスクロマトグラフィー/質量分析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 管野, 進 カンノ, ススム

書誌事項

タイトル

パラコート及びその関連化合物の還元成績体のガスクロマトグラフィー/質量分析に関する研究

著者名

管野, 進

著者別名

カンノ, ススム

学位授与大学

岐阜薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第212号

学位授与年月日

1996-03-05

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0033.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0039.jp2)
  3. 第1章 パラコート及びジクワットの遷移金属(Ni²⁺)存在下における水素化ホウ素ナトリウムによる還元的環開裂反応について / p3 (0041.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p3 (0041.jp2)
  5. 第2節 実験 / p3 (0041.jp2)
  6. 2-1 材料 / p5 (0043.jp2)
  7. 2-2 試薬 / p5 (0043.jp2)
  8. 2-3 装置及び測定条件 / p5 (0043.jp2)
  9. 2-4 GCとGC-MSに供されるIとIIの還元生成物とそれらの重水素化同族体の調製 / p6 (0044.jp2)
  10. 2-5 I及びIIの副生成物のTFA誘導体の調製 / p6 (0044.jp2)
  11. 2-6 I及びIIのNaBH₄-NiCl₂系還元法における副生成物の単離精製 / p7 (0045.jp2)
  12. 2-7 分取薄層クロマトグラフィー(分取TLC)による副生成物V及びVIの精製 / p7 (0045.jp2)
  13. 2-8 ¹H-,¹³C-NMR測定試料の調製 / p8 (0046.jp2)
  14. 第3節 結果及び考察 / p9 (0047.jp2)
  15. 3-1 I,II由来の完全還元生成物(III,IV),副生成物(V,VI)並びにV,VIのトリフルオロアセチル(TFA)誘導体のGC及びGC-MS / p9 (0047.jp2)
  16. 3-2 I及びIIのNaBH₄-NiCl₂系還元によって得られた副生成物V及びVIの¹H-及び¹³C-NMR / p19 (0057.jp2)
  17. 第4節 小括 / p21 (0059.jp2)
  18. 第2章 パラコート関連化合物のNaBH₄-NiCl₂系還元法による還元的環開裂について / p22 (0060.jp2)
  19. 第1節 緒言 / p22 (0060.jp2)
  20. 第2節 実験 / p24 (0062.jp2)
  21. 2-1 材料 / p24 (0062.jp2)
  22. 2-2 試薬 / p24 (0062.jp2)
  23. 2-3 装置及び測定条件 / p25 (0063.jp2)
  24. 2-4 ピリジニウム塩類におけるピリジン環のC-N結合の開裂反応についての検討 / p25 (0063.jp2)
  25. 2-5 GC-MSに供される還元生成物とそれらの重水素同族体化合物の調製 / p27 (0065.jp2)
  26. 2-6 NaBH₄単独還元による二重結合残存生成物の調製 / p28 (0066.jp2)
  27. 2-7 NaBH₄単独還元による二重結合残存生成物の¹H-, ¹³C-NMR測定試料の調製 / p29 (0067.jp2)
  28. 2-8 NaBH₄-NiCl₂還元による完全還元生成物の調製 / p29 (0067.jp2)
  29. 2-9 パラコートおよびジクワット由来の完全還元成績体(1,1'-dimethyl-4,4'-dipiperidine, trans-perhydro-8a,10a-diazaphenanthrene)及びdienes(1,1'-dimethyl-1,1',2,2',3,3',6,6'-octahydro-4,4'-dipyridyl,trans-1,4,4a,4b,5,8,9,1O-octahydro-8a,1Oa-diazaphenanthrene)からの副生成物生成の試み / p29 (0067.jp2)
  30. 2-10 0XIII,XV,XVIの完全還元生成物及び二重結合残存生成物からのNiCl₂-NaBH₄系還元法による副生成物の生成の試み / p30 (0068.jp2)
  31. 第3節 結果及び考察 / p31 (0069.jp2)
  32. 3-1 N-アルキルピリジニウム化合物XIII,XIV,XV及びXVIにおけるピリジン環のC-N結合の開裂反応についての検討結果 / p31 (0069.jp2)
  33. 第4節 小括 / p46 (0084.jp2)
  34. 第3章 パラコート及びその関連化合物の還元的開裂反応における水素化ホウ素ナトリウム及び塩化ニッケルの相関関係について / p49 (0087.jp2)
  35. 第1節 緒言 / p49 (0087.jp2)
  36. 第2節 実験 / p49 (0087.jp2)
  37. 2-1 材料 / p49 (0087.jp2)
  38. 2-2 試薬 / p50 (0088.jp2)
  39. 2-3 装置及び測定条件 / p50 (0088.jp2)
  40. 2-4 一定量の水の中におけるXIII,XV,XVIの副生成物の生成量と水素化ホウ素ナトリウム及び塩化ニッケルの濃度の相関関係 / p50 (0088.jp2)
  41. 2-5 一定量の水の中におけるIの副生成物の生成量と水素化ホウ素ナトリウムおよび塩化ニッケルの濃度の相関関係 / p51 (0089.jp2)
  42. 第3節 結果及び考察 / p51 (0089.jp2)
  43. 第4節 小括 / p55 (0093.jp2)
  44. 第4章 パラコート及びその関連化合物のNaBH₄-NiCl₂系還元法による還元的開裂反応の抑制並びにその開裂機構について / p56 (0094.jp2)
  45. 第1節 緒言 / p56 (0094.jp2)
  46. 第2節 実験 / p58 (0096.jp2)
  47. 2-1 材料 / p58 (0096.jp2)
  48. 2-2 試薬 / p58 (0096.jp2)
  49. 2-3 装置及び測定条件 / p59 (0097.jp2)
  50. 2-4 Amberlite-Ni形還元触媒の調製 / p59 (0097.jp2)
  51. 2-5 I,II,XIII,XV及びXVIの二重結合残存生成物に対しAmberlite-Ni₂B又はAmberlite-Ni触媒を用いた場合のNaBH₄前処理の有無が開裂体の生成量に及ぼす影響の検討 / p60 (0098.jp2)
  52. 2-6 NaBH₄単独還元による1-n-propyl1-1,2,3,6-tetra-hydropyridine(XVII-I)及び1-n-butyl-1,2,3.6-tetrahydropyridine(XVIII-I)の合成と¹H-,¹³C-NMR測定試料の調製 / p62 (0100.jp2)
  53. 2-7 1-Dodecyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine(XV-I)からのborane-amine complex(XV-II)の合成 / p63 (0101.jp2)
  54. 2-8 Borane-amine complexの合成の試みと¹H-,¹³C-NMR測定試料の調製 / p64 (0102.jp2)
  55. 2-9 Borane-amine complexからの開裂体の生成の試み / p64 (0102.jp2)
  56. 第3節 結果及び考察 / p65 (0103.jp2)
  57. 3-1 I,II,XIII,XV及びXVIの二重結合残存生成物に対しAmberlite-Ni₂B又はAmberlite-Ni触媒を用いた場合のNaBH₄前処理の有無が開裂体の生成量に及ぼす影響の検討 / p66 (0104.jp2)
  58. 3-2 Borane-amine complexの合成の試み / p69 (0107.jp2)
  59. 3-3 Borane-amine complexの質量分析 / p71 (0109.jp2)
  60. 3-4 Borane-amine complexの¹H-,¹³C-NMRによる構造解析 / p71 (0109.jp2)
  61. 3-5 Borane-amine complexからの開裂体の生成の試み / p73 (0111.jp2)
  62. 3-6 開裂体生成機構の考察 / p74 (0112.jp2)
  63. 第4節 小括 / p77 (0115.jp2)
  64. 総括及び結論 / p78 (0116.jp2)
  65. 謝辞 / p80 (0118.jp2)
  66. 参考文献 / p81 (0119.jp2)
  67. GAS-LIQUID CHROMATOGRAPHIC DETERMINATION OF BENZ-ETHONIUM CHLORIDE / p273 (0127.jp2)
  68. DETERMINATION OF THE HERBICIDES PARAQUAT AND DIQUAT IN BLOOD AND URINE BY GAS CHROMATOGRAPHY / p231 (0133.jp2)
  69. REDUCTION OF THE HERBICIDE DIQUAT WITH SODIUM BOROHYDRIDE-NICKEL(II)CHLORIDE:STRUCTURE OF THE TWO ISOMERIC PERHYDRO-8a,10a-DIAZAPHENANTHRENES / p803 (0140.jp2)
  70. コンウェイセルを用いたピリジン・ピラゾロン法による血中シアン濃度測定法の再検討 / p285 (0145.jp2)
  71. フェノキシ系除草剤2,4-Dichlorophenoxy acetateのガスクロマトグラフィーによる裁判化学的研究 / p276 (0150.jp2)
  72. 綿繊維の酸触媒熱分解ガスクロマトグラフィ-による裁判化学的研究 / p230 (0155.jp2)
  73. 酸触媒熱分解ガスクロマトグラフィーのデータの多変量解析による綿/ポリエステル混紡繊維の混用率の決定 / p55 (0160.jp2)
  74. シンナー関連有機溶剤のキャピラリーガスクロマトグラフィーによる迅速分析 / p227 (0166.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130941
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954673
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295255
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ