bcc個体[3]Heの核秩序相U2D2相のスピン動力学の研究

この論文をさがす

著者

    • 松下, 琢 マツシタ, タク

書誌事項

タイトル

bcc個体[3]Heの核秩序相U2D2相のスピン動力学の研究

著者名

松下, 琢

著者別名

マツシタ, タク

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第6260号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0007.jp2)
  3. I.序論 / p1 (0009.jp2)
  4. (1)固体ヘリウム3、U2D2相 / p1 (0009.jp2)
  5. (2)過去に成されたU2D2相のスピン運動に関する研究 / p3 (0011.jp2)
  6. (3)この研究 / p6 (0014.jp2)
  7. 参考文献 / p7 (0015.jp2)
  8. II.実験方法、装置 / p8 (0016.jp2)
  9. (1)高磁場で単磁区試料を用いる理由 / p8 (0016.jp2)
  10. (2)試料室周辺の概略 / p10 (0018.jp2)
  11. (3)冷却、温度測定 / p11 (0019.jp2)
  12. (4)圧力制御 / p12 (0020.jp2)
  13. (5)単磁区試料の作成 / p14 (0022.jp2)
  14. (6)NMR装置 / p20 (0028.jp2)
  15. 参考文献 / p24 (0032.jp2)
  16. III.実験結果と解析 / p25 (0033.jp2)
  17. (1)典型的な自由誘導減衰(FID)信号 / p25 (0033.jp2)
  18. (2)減衰係数Γ / p31 (0039.jp2)
  19. (3)共鳴周波数のディップ角依存性 / p37 (0045.jp2)
  20. (4)比較的減衰が緩やかな領域 / p40 (0048.jp2)
  21. (5)激しい減衰が見られる領域 / p41 (0049.jp2)
  22. 参考文献 / p47 (0055.jp2)
  23. IV.議論 / p48 (0056.jp2)
  24. (1)核磁化の一様運動の不安定性に関する既存の理論との比較 / p48 (0056.jp2)
  25. (2)自己誘導放出による一様運動の不安定性 / p50 (0058.jp2)
  26. (3)前節の不安定性のモデルと実験結果の比較 / p55 (0063.jp2)
  27. (4)多重スピンエコー / p59 (0067.jp2)
  28. 参考文献 / p66 (0074.jp2)
  29. V.まとめ / p67 (0075.jp2)
  30. VI.謝辞 / p68 (0076.jp2)
  31. Nuclear-spin-relaxation mechanisms of nuclear-ordered bcc solid ³He in the low-field phase / p7362 (0113.jp2)
  32. Non-Linear Spin Dynamics in U2D2 Phase of Nuclear Ordered Solid ³He / p929 (0121.jp2)
  33. Crystal Growth of U2D2 Solid³He / p378 (0124.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130984
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954713
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295298
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ