CD9/DRAP27と会合する分子に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中村, 邦明 ナカムラ, クニアキ

書誌事項

タイトル

CD9/DRAP27と会合する分子に関する研究

著者名

中村, 邦明

著者別名

ナカムラ, クニアキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第6309号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p2 (0004.jp2)
  3. 略語表 / p4 (0006.jp2)
  4. I.本研究の目的と結果の要旨 / p6 (0008.jp2)
  5. II.序論 / p8 (0010.jp2)
  6. II-1 ジフテリア毒素とその受容体 / p9 (0011.jp2)
  7. 11-2 膜結合型細胞増殖因子によるシグナル伝達 / p12 (0014.jp2)
  8. 11-3 CD9/DRAP27 / p17 (0019.jp2)
  9. III.材料と方法 / p26 (0028.jp2)
  10. III-1 使用した溶液の組成 / p27 (0029.jp2)
  11. III-2 細胞の培養 / p28 (0030.jp2)
  12. III-3 使用した蛋白質と抗体 / p29 (0031.jp2)
  13. III-4 細胞表面の化学修飾 / p30 (0032.jp2)
  14. III-5 免疫沈降とSDS-PAGE / p31 (0033.jp2)
  15. III-6 ウエスタンブロッティング / p32 (0034.jp2)
  16. III-7 間接蛍光抗体法 / p33 (0035.jp2)
  17. III-8 蛍光顕微鏡 / p35 (0037.jp2)
  18. IV.結果 / p36 (0038.jp2)
  19. IV-1 CD9/DRAP27とインテグリンα3β1の共沈降 / p37 (0039.jp2)
  20. IV-2 化学的架橋剤によるCD9/DRAP27とα3β1の会合の確認 / p46 (0048.jp2)
  21. IV-3 CD9/DRAP27とインテグリンα3β1の会合の一般性 / p48 (0050.jp2)
  22. IV-4 CD9/DRAP27とインテグリンα3β1の局在の一致 / p51 (0053.jp2)
  23. IV-5 CD9/DRAP27とビンキュリン、カテニンの局在の比較 / p60 (0062.jp2)
  24. IV-6 A431、130細胞におけるCD9/DRAP27、インテグリンα3β1の局在 / p63 (0065.jp2)
  25. IV-7 HB-EGFとインテグリンα3β1の共沈降 / p65 (0067.jp2)
  26. IV-8 VeroH細胞におけるHB-EGFとインテグリンの局在の一致 / p70 (0072.jp2)
  27. IV-9 EGF受容体の局在 / p74 (0076.jp2)
  28. V.考察 / p75 (0077.jp2)
  29. V-1 CD9/DRAP27を介したインテグリンα3β1とHB-EGFの会合 / p76 (0078.jp2)
  30. V-2 CD9/DRAP27、インテグリンα3β1、HB-EGFの局在 / p78 (0080.jp2)
  31. V-3 CD9/DRAP27とインテグリンα3β1の会合の意味 / p80 (0082.jp2)
  32. V-4 HB-EGF、CD9/DRAP27、インテグリンa3β1の複合体の意味 / p82 (0084.jp2)
  33. V-5 今後の課題 / p84 (0086.jp2)
  34. VI.謝辞 / p86 (0088.jp2)
  35. VII.参考文献 / p88 (0090.jp2)
  36. CD9を介したインテグリンと膜結合型細胞増殖因子のアソシエーション / p28 (0117.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131033
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000954759
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295347
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ