光学活性ホスホネート反応剤を利用する不斉反応に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 太田, 義久 オオタ, ヨシヒサ

書誌事項

タイトル

光学活性ホスホネート反応剤を利用する不斉反応に関する研究

著者名

太田, 義久

著者別名

オオタ, ヨシヒサ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第6379号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 理論の部 / (0005.jp2)
  4. 第一章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  5. 第二章 従来の研究概要と著者の研究方針 / p4 (0008.jp2)
  6. 第三章 光学活性ホスホネート反応剤の設計、合成とその構造 / p10 (0011.jp2)
  7. 第四章 光学活性ホスホノアセテート反応剤を用いる不斉Horner-Wadsworth-Emmons(HWE)反応 / p14 (0013.jp2)
  8. 第一節 光学活性環状ホスホノアセテート反応剤を用いるσ-対称ジケトンのエナンチオ選択的反応 / p14 (0013.jp2)
  9. 第二節 3-Oxa-9-(O)-methanoprostacyclin I₂(3-oxacarbacyclin)のキラル合成素子の構築への応用 / p23 (0017.jp2)
  10. 第三節 光学活性ビナフチルカルボン酸エステル型鎖状ホスホノアセテート反応剤を用いるσ-対称ジケトンのジアステレオ選択的反応 / p26 (0019.jp2)
  11. 第五章 光学活性アリル型環状ホスホネート反応剤を用いる不斉Michael付加反応 / p32 (0022.jp2)
  12. 第一節 光学活性アリル環状ホスホネート反応剤を用いる不斉Michael付加反応 / p33 (0022.jp2)
  13. 第一項 α,β-環状不飽和カルボニル化合物を基質とする不斉Michael付加反応 / p33 (0022.jp2)
  14. 第二項 Tandem Michael付加-アルキル化反応への応用 / p37 (0024.jp2)
  15. 第二節 光学活性クロチル環状ホスホネート反応剤を用いる不斉Michael付加反応 / p41 (0026.jp2)
  16. 第六章 結語および要約 / p44 (0028.jp2)
  17. 謝辞 / p47 (0029.jp2)
  18. 実験の部 / (0030.jp2)
  19. 第三章に関する実験 / p49 (0031.jp2)
  20. 第四章第一節に関する実験 / p53 (0033.jp2)
  21. 第四章第二節に関する実験 / p61 (0037.jp2)
  22. 第四章第三節に関する実験 / p66 (0040.jp2)
  23. 第五章に関する実験 / p69 (0041.jp2)
  24. 引用文献 / p76 (0045.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131103
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965798
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295417
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ