亜鉛フィンガー蛋白質を標的とした人工配位子の分子設計に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 藤田, 美歌子 フジタ, ミカコ

書誌事項

タイトル

亜鉛フィンガー蛋白質を標的とした人工配位子の分子設計に関する研究

著者名

藤田, 美歌子

著者別名

フジタ, ミカコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第6381号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第6381号

薬博第371号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0005.jp2)
  4. 第一章 イミダゾール配位子によるHIV-EP1のDNA結合の阻害 / p6 (0008.jp2)
  5. 第一節 序論 / p6 (0008.jp2)
  6. 第二節 分子設計 / p9 (0009.jp2)
  7. 第三節 配位子の合成 / p13 (0011.jp2)
  8. 第四節 合成化合物の亜鉛配位能力 / p17 (0013.jp2)
  9. 第五節 HIV-EP1のDNA結合に対する阻害活性 / p21 (0015.jp2)
  10. 第六節 考察 / p25 (0017.jp2)
  11. 第二章 メルカプト配位子による効率的な阻害 / p28 (0019.jp2)
  12. 第一節 序論および分子設計 / p28 (0019.jp2)
  13. 第二節 配位子の合成 / p29 (0019.jp2)
  14. 第三節 HIV-EP1のDNA結合に対する阻害活性および考察 / p32 (0021.jp2)
  15. 第三章 転写因子阻害における選択性 / p37 (0023.jp2)
  16. 第一節 序論 / p37 (0023.jp2)
  17. 第二節 HIV-EP1とNF-kBの間における選択的な阻害 / p38 (0024.jp2)
  18. 第三節 HIV-EP1とE1Aの間における選択的な阻害 / p48 (0029.jp2)
  19. 第四節 考察 / p55 (0032.jp2)
  20. 第四章 総括 / p58 (0034.jp2)
  21. 実験の部 / p61 (0035.jp2)
  22. 第一章に関する実験 / p62 (0036.jp2)
  23. 第二章に関する実験 / p69 (0039.jp2)
  24. 第三章に関する実験 / p76 (0043.jp2)
  25. 参考文献 / p79 (0044.jp2)
  26. 謝辞 / p84 (0047.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131105
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965800
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000295419
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ