酸性降下物による日本の森林土壌酸性化の機構と予測に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 岸野, 宏 キシノ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

酸性降下物による日本の森林土壌酸性化の機構と予測に関する基礎的研究

著者名

岸野, 宏

著者別名

キシノ, ヒロシ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第6390号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-1 はじめに / p1 (0006.jp2)
  5. 1-2 本研究の目的および構成 / p2 (0007.jp2)
  6. 第2章 森林土壌の酸性化に関する従来の研究 / p6 (0009.jp2)
  7. 2-1 概説 / p6 (0009.jp2)
  8. 2-2 酸性雨による森林土壌の酸性化 / p6 (0009.jp2)
  9. 2-3 土壌溶液中でのアルミニウムの形態と植物への毒性 / p13 (0012.jp2)
  10. 2-4 酸性雨による森林土壌酸性化の評価モデル / p15 (0013.jp2)
  11. 2-5 まとめ / p16 (0014.jp2)
  12. 第3章 模擬酸性雨を用いた森林土壌の酸性化に関する実験的検討 / p19 (0015.jp2)
  13. 3-1 概説 / p19 (0015.jp2)
  14. 3-2 土壌の酸性化と土壌溶液中でのアルミニウムの存在形態に関する実験的検討 / p19 (0015.jp2)
  15. 3-3 酸性雨の組成が森林土壌の酸性化に及ぼす影響に関する実験的検討 / p47 (0029.jp2)
  16. 3-4 まとめ / p68 (0040.jp2)
  17. 第4章 ポストカラム誘導化法を用いたアルミニウムの形態分析 / p73 (0042.jp2)
  18. 4-1 概説 / p73 (0042.jp2)
  19. 4-2 分析に関わる操作因子と分析方法の確立 / p75 (0043.jp2)
  20. 4-3 ポストカラム誘導化法によるアルミニウムの形態分析 / p80 (0046.jp2)
  21. 4-4 まとめ / p99 (0055.jp2)
  22. 第5章 数学モデルによる森林土壌酸性化に関する検討 / p102 (0057.jp2)
  23. 5-1 概説 / p102 (0057.jp2)
  24. 5-2 モデルの構造 / p103 (0057.jp2)
  25. 5-3 カラム実験によるモデルの検証 / p110 (0061.jp2)
  26. 5-4 日本における土壌酸性化の将来予測 / p129 (0070.jp2)
  27. 5-5 まとめ / p138 (0075.jp2)
  28. 第6章 結論 / p143 (0077.jp2)
  29. 6-1 本研究の総括 / p143 (0077.jp2)
  30. 6-2 今後の研究課題 / p147 (0079.jp2)
  31. Appendix:修正SMARTモデルの数学的解法 / p149 (0080.jp2)
  32. 記号表 / p152 (0082.jp2)
  33. 参考文献 / p154 (0083.jp2)
  34. 謝辞 / p160 (0086.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131114
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965809
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295428
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ