生物活性炭・生物ゼオライト結合型反応器による窒素除去に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 西村, 文武 ニシムラ, フミタケ

書誌事項

タイトル

生物活性炭・生物ゼオライト結合型反応器による窒素除去に関する研究

著者名

西村, 文武

著者別名

ニシムラ, フミタケ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第6413号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第6413号

工博第1510号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 第1節 概説 / p1 (0005.jp2)
  5. 第2節 生物学的窒素除去法と硝化阻害 / p2 (0006.jp2)
  6. 1-2-1 生物学的硝化脱窒 / p2 (0006.jp2)
  7. 1-2-2 付着生物型反応器 / p4 (0007.jp2)
  8. 1-2-3 硝化阻害 / p5 (0007.jp2)
  9. 第3節 本論文の目的と構成 / p10 (0010.jp2)
  10. 引用・参考文献 / p12 (0011.jp2)
  11. 第2章 生物ゼオライト反応器での高濃度アンモニア性窒素の処理特性に関する研究 / p15 (0012.jp2)
  12. 第1節 概説 / p15 (0012.jp2)
  13. 第2節 ゼオライトによるアンモニア性窒素のイオン交換・吸着特性と生物学的再生機構に関する検討 / p18 (0014.jp2)
  14. 2-2-1 概論 / p18 (0014.jp2)
  15. 2-2-2 研究方法 / p18 (0014.jp2)
  16. 2-2-3 結果および考察 / p20 (0015.jp2)
  17. 第3節 生物ゼオライト反応器でのアンモニア性窒素除去特性と操作因子 / p23 (0016.jp2)
  18. 2-3-1 概論 / p23 (0016.jp2)
  19. 2-3-2 研究方法 / p23 (0016.jp2)
  20. 2-3-3 結果および考察 / p26 (0018.jp2)
  21. 第4節 結語 / p31 (0020.jp2)
  22. 引用・参考文献 / p33 (0021.jp2)
  23. 第3章 生物活性炭反応器での硝化阻害有機物質含有廃水からのアンモニア性窒素の除去特性に関する研究 / p35 (0022.jp2)
  24. 第1節 概説 / p35 (0022.jp2)
  25. 第2節 汚泥乾燥工程廃水の水質および生物学的処理特性 / p35 (0022.jp2)
  26. 3-2-1 概論 / p35 (0022.jp2)
  27. 3-2-2 研究方法 / p37 (0023.jp2)
  28. 3-2-3 結果および考察 / p40 (0025.jp2)
  29. 第3節 硝化阻害物質の活性炭吸着性及び生物分解性 / p44 (0027.jp2)
  30. 3-3-1 概論 / p44 (0027.jp2)
  31. 3-3-2 研究方法 / p44 (0027.jp2)
  32. 3-3-3 結果および考察 / p46 (0028.jp2)
  33. 第4節 パイロットプラントによる処理特性と操作因子の検討 / p48 (0029.jp2)
  34. 3-4-1 概論 / p48 (0029.jp2)
  35. 3-4-2 研究方法 / p48 (0029.jp2)
  36. 3-4-3 結果および考察 / p50 (0030.jp2)
  37. 第5節 結語 / p54 (0032.jp2)
  38. 引用・参考文献 / p56 (0033.jp2)
  39. 第4章 生物活性炭・生物ゼオライト結合型反応器による汚泥乾燥工程廃水の処理特性に関する研究 / p57 (0033.jp2)
  40. 第1節 概説 / p57 (0033.jp2)
  41. 第2節 研究方法 / p57 (0033.jp2)
  42. 4-2-1 概論 / p57 (0033.jp2)
  43. 4-2-2 連続通水処理実験 / p58 (0034.jp2)
  44. 4-2-3 連続通水処理実験での有機物除去活性、硝化活性および脱窒活性の測定 / p61 (0035.jp2)
  45. 4-2-4 付着微生物量の把握 / p61 (0035.jp2)
  46. 第3節 結果および考察 / p63 (0036.jp2)
  47. 4-3-1 連続通水処理実験での処理特性と操作因子 / p63 (0036.jp2)
  48. 4-3-2 生物量と活性 / p76 (0043.jp2)
  49. 4-3-3 濃度負荷変動実験 / p81 (0045.jp2)
  50. 第4節 結語 / p82 (0046.jp2)
  51. 引用・参考文献 / p84 (0047.jp2)
  52. 第5章 反応機構のモデル化と設計・操作因子に関する研究 / p85 (0047.jp2)
  53. 第1節 概論 / p85 (0047.jp2)
  54. 第2節 数理モデル / p85 (0047.jp2)
  55. 第3節 モデルの検証 / p97 (0053.jp2)
  56. 第4節 最適設計因子と操作条件に関する検討 / p100 (0055.jp2)
  57. 第5節 結語 / p102 (0056.jp2)
  58. 引用・参考文献 / p103 (0056.jp2)
  59. 第6章 結論 / p104 (0057.jp2)
  60. 謝辞 / p109 (0059.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131137
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965830
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000295451
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ