プロフェッショナルと組織

この論文をさがす

著者

    • 太田, 肇 オオタ, ハジメ

書誌事項

タイトル

プロフェッショナルと組織

著者名

太田, 肇

著者別名

オオタ, ハジメ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

乙第9134号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p5 (0006.jp2)
  3. はしがき / p1 (0004.jp2)
  4. 序章 / p3 (0010.jp2)
  5. 1.はじめに / p3 (0010.jp2)
  6. 2.研究の背景 / p4 (0011.jp2)
  7. 3.研究の方法 / p7 (0012.jp2)
  8. 4.本書の構成 / p9 (0013.jp2)
  9. 第1章 非専門職組織におけるプロフェッショナル / p15 (0016.jp2)
  10. 1.はじめに / p15 (0016.jp2)
  11. 2.プロフェッション,プロフェッショナルの定義 / p15 (0016.jp2)
  12. 3.「非専門職組織」とプロフェッショナル / p22 (0020.jp2)
  13. 4.既存の主な研究 / p25 (0021.jp2)
  14. 第2章 プロフェッショナルの価値観・目的 / p29 (0023.jp2)
  15. 1.はじめに / p29 (0023.jp2)
  16. 2.研究者,技術者を対象とした主要な調査・研究の結果 / p30 (0024.jp2)
  17. 3.実証研究の結果 / p37 (0027.jp2)
  18. 4.プロフェッショナルの価値観・目的 / p42 (0030.jp2)
  19. 5.むすび / p48 (0033.jp2)
  20. 第3章 プロフェッショナルと組織の関係-交換関係的分析- / p51 (0034.jp2)
  21. 1.はじめに / p51 (0034.jp2)
  22. 2.プロフェッショナルの組織への関わり方 / p51 (0034.jp2)
  23. 3.プロフェッショナルと組織の交換関係 / p53 (0035.jp2)
  24. 4.組織への「取り込み」とその限界 / p57 (0037.jp2)
  25. 5.むすび / p62 (0040.jp2)
  26. 第4章 プロフェッショナルと官僚制-官僚制の立憲的側面を中心にして- / p65 (0041.jp2)
  27. 1.研究の目的 / p65 (0041.jp2)
  28. 2.プロフェッショナルと官僚制 / p66 (0042.jp2)
  29. 3.研究の方法 / p69 (0043.jp2)
  30. 4.結果 / p73 (0045.jp2)
  31. 5.考察 / p79 (0048.jp2)
  32. 第5章 プロフェッショナルのキャリア志向 / p81 (0049.jp2)
  33. 1.はじめに / p81 (0049.jp2)
  34. 2.プロフェッショナルのキャリア志向 / p82 (0050.jp2)
  35. 3.プロフェッショナルと学生の意識調査 / p86 (0052.jp2)
  36. 4.分析結果 / p88 (0053.jp2)
  37. 5.考察 / p94 (0056.jp2)
  38. 第6章 プロフェッショナルと昇進 / p97 (0057.jp2)
  39. 1.はじめに / p97 (0057.jp2)
  40. 2.昇進の目的 / p98 (0058.jp2)
  41. 3.研究の方法 / p103 (0060.jp2)
  42. 4.分析結果 / p104 (0061.jp2)
  43. 5.考察 / p108 (0063.jp2)
  44. 6.むすび / p111 (0064.jp2)
  45. 第7章 プロフェッショナルと人事管理制度-専門職・資格制度を中心にして- / p115 (0066.jp2)
  46. 1.はじめに / p115 (0066.jp2)
  47. 2.専門職・資格制度とプロフェッショナル / p116 (0067.jp2)
  48. 3.専門職・資格制度に対する意識-個人調査の結果- / p119 (0068.jp2)
  49. 4.制度導入の方法とその効果-企業調査の結果- / p122 (0070.jp2)
  50. 5.むすび / p125 (0071.jp2)
  51. 第8章 プロフェッショナルのQWL / p127 (0072.jp2)
  52. 1.はじめに / p127 (0072.jp2)
  53. 2.ホワイトカラーのQWL / p128 (0073.jp2)
  54. 3.プロフェッショナルとQWL / p135 (0076.jp2)
  55. 4.むすび / p140 (0079.jp2)
  56. 第9章 組織と個人の「間接的統合」 / p145 (0081.jp2)
  57. 1.はじめに / p145 (0081.jp2)
  58. 2.「直接的統合」の限界 / p146 (0082.jp2)
  59. 3.「間接的統合」のパラダイム / p149 (0083.jp2)
  60. 4.コンフリクトの管理 / p155 (0086.jp2)
  61. 5.むすび / p159 (0088.jp2)
  62. 第10章 組織と個人の統合についての実証分析 / p163 (0090.jp2)
  63. 1.研究の目的 / p163 (0090.jp2)
  64. 2.研究の方法 / p164 (0091.jp2)
  65. 3.結果 / p166 (0092.jp2)
  66. 4.考察 / p173 (0095.jp2)
  67. 第11章「間接的統合」によるマネジメント / p177 (0097.jp2)
  68. 1.はじめに / p177 (0097.jp2)
  69. 2.「間接的統合」によるマネジメント / p178 (0098.jp2)
  70. 3.企業におけるマネジメントの実態 / p180 (0099.jp2)
  71. 4.問題の所在 / p188 (0103.jp2)
  72. 5.変革のための条件 / p189 (0103.jp2)
  73. 6.むすび / p194 (0106.jp2)
  74. 結章 / p197 (0107.jp2)
  75. 1.本書の要約 / p197 (0107.jp2)
  76. 2.組織と個人の「間接的統合」にむけて / p201 (0109.jp2)
  77. 参考文献 / p205 (0111.jp2)
  78. 事項索引 / p215 (0116.jp2)
  79. 人名索引 / p219 (0118.jp2)
33アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131216
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965901
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295530
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ