「天文学史」とアダム・スミスの道徳哲学

この論文をさがす

著者

    • 只腰, 親和 タダコシ, チカカズ

書誌事項

タイトル

「天文学史」とアダム・スミスの道徳哲学

著者名

只腰, 親和

著者別名

タダコシ, チカカズ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

乙第9135号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p3 (0004.jp2)
  3. 凡例 / p9 (0007.jp2)
  4. 第1章 問題への導入 / p3 (0009.jp2)
  5. 第1節 社会科学史上の「天文学史」 / p3 (0009.jp2)
  6. 第2節 背景としてのスコットランドの知的土壌 / p8 (0012.jp2)
  7. (1)学会learned societyの役割 / p9 (0012.jp2)
  8. (2)大学の制度改革 / p12 (0014.jp2)
  9. (3)学問の総合性 / p16 (0016.jp2)
  10. (4)スコットランドでのニュートン受容 / p17 (0016.jp2)
  11. (5)ロック哲学の重要性 / p19 (0017.jp2)
  12. 第3節「天文学史」の問いかけるものと本書の課題 / p21 (0018.jp2)
  13. (1)スミスとニュートン / p22 (0019.jp2)
  14. (2)スミス知識論の闡明 / p23 (0019.jp2)
  15. (3)スミス科学論と『道徳感情論』,『国富論』との関連 / p25 (0020.jp2)
  16. 第2章 道徳哲学におけるニュートン受容の諸形態 / p33 (0024.jp2)
  17. 第1節 本章の課題 / p33 (0024.jp2)
  18. 第2節 ニュートン受容の諸類型 / p35 (0025.jp2)
  19. (1)単純性原理の受容 / p35 (0025.jp2)
  20. (2)実験的方法の受容 / p37 (0026.jp2)
  21. (3)機械論の受容 / p38 (0027.jp2)
  22. 第3節 リードの見るニュートン的方法 / p39 (0027.jp2)
  23. (1)リードのニュートン観の特質 / p40 (0028.jp2)
  24. (2)スコットランドとリード / p42 (0029.jp2)
  25. (3)リードとスミスの比較 / p44 (0030.jp2)
  26. 第4節 ハートリーと連合原理 / p48 (0032.jp2)
  27. (1)ハートリーと『人間についての観察』 / p48 (0032.jp2)
  28. (2)ハートリーの連合論 / p49 (0032.jp2)
  29. (3)スミスの機械論への対応 / p50 (0033.jp2)
  30. 第5節 いわゆるニュートン的方法について / p54 (0035.jp2)
  31. (1)いわゆるニュートン的方法とスミス / p54 (0035.jp2)
  32. (2)スミスにおけるデカルトとニュートン / p56 (0036.jp2)
  33. (3)節約原理について / p57 (0036.jp2)
  34. 第3章 イギリス経験論の基本的特質 / p65 (0040.jp2)
  35. 第1節 イギリス経験論の特徴 / p65 (0040.jp2)
  36. (1)精神の自然史の伝統 / p66 (0041.jp2)
  37. (2)経験論哲学の実践的性格 / p68 (0042.jp2)
  38. 第2節 ロック知識論の基本的特質 / p70 (0043.jp2)
  39. 第3節 ロックの観念連合論 / p76 (0046.jp2)
  40. (1)ロック観念連合論の概要 / p76 (0046.jp2)
  41. (2)ロック観念連合論の思想基盤 / p77 (0046.jp2)
  42. 第4節 ヒュームの認識論と知識論 / p79 (0047.jp2)
  43. (1)ヒューム認識論の基礎的諸概念 / p79 (0047.jp2)
  44. (2)ヒューム哲学における想像力の重要性 / p81 (0048.jp2)
  45. (3)ヒューム知識論の基本構造 / p82 (0049.jp2)
  46. (4)哲学的関係と自然的関係 / p84 (0050.jp2)
  47. (5)論理構造の特徴 / p87 (0051.jp2)
  48. (6)本章の総括 / p89 (0052.jp2)
  49. 第4章 スミス認識論・知識論の基本構成 / p93 (0054.jp2)
  50. 第1節 スミスの実在観,真理観 / p93 (0054.jp2)
  51. (1)実在観 / p94 (0055.jp2)
  52. (2)真理観 / p95 (0055.jp2)
  53. 第2節 認識にかかわる精神の諸機能 / p97 (0056.jp2)
  54. (1)感覚(sense) / p97 (0056.jp2)
  55. (2)感覚内容(sensation) / p97 (0056.jp2)
  56. (3)感情(sentiment) / p98 (0057.jp2)
  57. (4)想像力 / p99 (0057.jp2)
  58. (5)理性 / p101 (0058.jp2)
  59. 第3節 スミス知識論の基本構造 / p105 (0060.jp2)
  60. (1)「天文学史」知識論の立脚点 / p105 (0060.jp2)
  61. (2)知識論の構造 / p107 (0061.jp2)
  62. (3)知識論の特徴 / p111 (0063.jp2)
  63. 第5章「模倣芸術論」,「外部感覚論」とスミス知識論 / p119 (0067.jp2)
  64. 第1節「模倣芸術論」と知識論との関連性 / p120 (0068.jp2)
  65. (1)スミス芸術論と知識論との基盤的関連 / p120 (0068.jp2)
  66. (2)美的認識と科学的認識との類同性 / p123 (0069.jp2)
  67. 第2節「外部感覚論」と遠近法 / p124 (0070.jp2)
  68. (1)「外部感覚論」とバークリー / p124 (0070.jp2)
  69. (2)「外部感覚論」と『視覚新論』 / p126 (0071.jp2)
  70. (3)「外部感覚論」と遠近法 / p128 (0072.jp2)
  71. 第3節 遠近法と知識論との関連 / p131 (0073.jp2)
  72. 第4節 スミスにおける天体現象の両面的把握 / p134 (0075.jp2)
  73. (1)「外部感覚論」での天体現象への論及 / p134 (0075.jp2)
  74. (2)スミス天文学観の特徴 / p136 (0076.jp2)
  75. 第5節 天文学と道徳哲学の二面的関連 / p140 (0078.jp2)
  76. (1)親近性と偏見 / p140 (0078.jp2)
  77. (2)体系的把握 / p142 (0079.jp2)
  78. 第6章『道徳感情論』の正義論と知識論の関連 / p149 (0082.jp2)
  79. 第1節 反省的知覚としての共通性 / p149 (0082.jp2)
  80. 第2節 正義論の思想史的脈絡 / p154 (0085.jp2)
  81. (1)近代自然法と幾何学的方法 / p154 (0085.jp2)
  82. (2)作用因,目的因の科学史的意味 / p158 (0087.jp2)
  83. 第3節 スミス正義論の考察 / p161 (0088.jp2)
  84. (1)正義論の基本課題 / p161 (0088.jp2)
  85. (2)想像力の偏見 / p163 (0089.jp2)
  86. (3)諸感情の種差 / p166 (0091.jp2)
  87. (4)神学との関連 / p168 (0092.jp2)
  88. 第7章 スミスにおける科学社会学 その(一)-『道徳感情論』における科学社会学- / p175 (0095.jp2)
  89. 第1節 科学社会学についての序論 / p175 (0095.jp2)
  90. 第2節『道徳感情論』の科学社会学 / p179 (0097.jp2)
  91. (1)観察者理論 / p179 (0097.jp2)
  92. (2)学問の動機論の発展 / p183 (0099.jp2)
  93. (3)スミスにおける科学のエトス / p184 (0100.jp2)
  94. (4)『法学講義』への展開 / p188 (0102.jp2)
  95. 第8章 スミスにおける科学社会学 その(二)-分業論と科学社会学- / p193 (0104.jp2)
  96. 第1節 科学の経済的被規定性 / p193 (0104.jp2)
  97. (1)科学社会学における「天文学史」と『国富論』の関連性 / p193 (0104.jp2)
  98. (2)分業論と科学論 / p197 (0106.jp2)
  99. 第2節 科学と技術との関連把握 / p199 (0107.jp2)
  100. 第3節 マンデヴィルの哲学者観 / p203 (0109.jp2)
  101. 第4節 スミスにおける思索家としての哲学者 / p206 (0111.jp2)
  102. (1)『道徳感情論』における思索家 / p206 (0111.jp2)
  103. (2)思索家と『国富論』の世界の関連性 / p209 (0112.jp2)
  104. 第9章 スミスにおける天文学と経済学の関連性 / p215 (0115.jp2)
  105. 第1節 数学的方法と『国富論』 / p215 (0115.jp2)
  106. (1)スコットランドにおける幾何学愛好の内実 / p216 (0116.jp2)
  107. (2)政治算術とスミス / p218 (0117.jp2)
  108. 第2節 機械との類比を通じた経済学と天文学の関連 / p221 (0118.jp2)
  109. (1)社会,宇宙と機械との類比 / p221 (0118.jp2)
  110. (2)抽象的で哲学的な見方について / p224 (0120.jp2)
  111. (3)分業社会の考察 / p228 (0122.jp2)
  112. 第3節 重力原理把握のスミス的特質 / p230 (0123.jp2)
  113. 終章 アダム・スミスにおける自然科学と社会科学,そしてニュートン / p237 (0126.jp2)
  114. 第1節 スミスにおけるニュートン / p237 (0126.jp2)
  115. 第2節 自然科学と社会科学 / p238 (0127.jp2)
  116. (1)社会科学の自然科学性 / p239 (0127.jp2)
  117. (2)科学の社会科学的考察 / p241 (0128.jp2)
  118. 第3節 分業論と科学論 / p242 (0129.jp2)
  119. (1)市場による検証 / p243 (0129.jp2)
  120. (2)哲学者とは / p244 (0130.jp2)
  121. 文献目録 / p249 (0132.jp2)
  122. あとがき / p259 (0137.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131217
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965902
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295531
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ